UR賃貸団地への引っ越し時の注意点

Pocket

UR賃貸団地に住んでいた私が実体験した引っ越し時の注意点(引っ越し作業依頼から当日の注意点、不用品処分業者、バイクの駐車)についてご紹介いたします。

◆UR賃貸団地への引っ越し時に注意したいこと

UR賃貸団地に限らず初めて一人暮らしする時などは知らないことばかり。

ここでは引っ越し業者から引っ越し当日までの注意点やUR賃貸団地における引っ越し挨拶やバイク駐輪など注意点についてもご紹介致します。

◆素人の引っ越し作業は避ける

引っ越し代を少しでも安くしようと友人や部下などを使って引っ越し作業する人もいます。実は私もお手伝いさせられたことがあるのですが、レンタカーで借りたトラックで運搬中に荷物が中で倒れてしまい、テレビのブラウン管が割れてしまって使いものにならなくなってしまった苦い経験があります。

大型テレビだったので数十万円したものと思われます。引っ越し代をケチってしまったあまりそのような損失が出てしまったのです。

やっぱり素人で大掛かりな引っ越しは無理なんだなと思ってしまいました。

その日の夜はお礼としてご馳走を振る舞ってもらったのですが、気まずい思いでいっぱいで味なんかわかったもんじゃなかったです。

このように引っ越しを素人にやらせると大失敗して大損することもあるので注意が必要です。

やっぱり引っ越しに関しては素人に頼むよりも専門知識のある引っ越し業者に頼んだ方がいいです。後で聞いた話ですが、テレビを新しく買いなおすことになったしまったらしいです。

[PR]最短1分で引っ越し業者の料金比較!

◆おすすめの引っ越し業者

引っ越しする時に1社だけ見積もりとって決めたらダメですよ。この業界では見積もり合わせが常識なんだそうです。

実は私が初めて引っ越しした際に引っ越し業者に電話したら、「他社の見積もり額はおいくらでしたか?」って聞かれたんです。それで私は「他社では見積もりお願いしていません」って言ったら、親切にも「この業界では見積もり合わせは基本ですよ」ってコッソリ教えてくれたんです。今考えても良心的な方でした。普通はそんな事言いませんよね。

で、他社にも見積もりとったら全然違ったりするんです。スーパーみたいに数十円とか数百円程度の違いではなかったです。

面倒臭いから1社だけで即決!なんてしてしまうと規模にもよりますが数万円の違いも出てくるので大きいです。

特に近年では引っ越し業界のおける人手不足はかなり深刻そうなので業者によってはとんでもない見積もり額を提示してくることもあるようです。

引っ越しの見積もり合わせは最低でも3社からとった方がいいですね。ネットなら1分で複数の業者から見積もりが取れます。

それと、見積もりの時に色々と持っていくものを聞かれますが、後で追加とかないようにしっかりとカウントしてください。私は後で追加しようとしたら見積もり額が大幅に上がってしまったことがあったので。

◆使わない楽器があれば買取業者へ

よくいるのですが、賃貸でピアノとかを遠慮なくガンガン弾く人。トラブル非常に高しです。

それから実際にいた話ですが、夜中にギター弾きながら歌いだすなんて輩もおりました。

階下や階上、隣人がストレスをため込んで爆発し殺人事件に至る最悪のケースも。

ピアノ演奏による騒音トラブルは集合住宅で一番多いトラブルなので警戒されることを強くおすすめします。

やるなら昼間の時間に1時間程度。夜しか弾けないという方はかなり厳しくなるので業者に買取依頼することも視野に入ります。

なお、エレベーターない団地ではピアノの搬入はかなり難しいです。クレーンを使ったり分解すればできないこともないですが作業代が跳ね上がります。

◆おすすめの不用品処分業者

私が過去に何回もお世話になったのがパソコンファーム。パソコンだけでなく、家電品なども無料で引き取ってくれます。いらないパソコンとかあればそれを同梱することで着払いが可能になります。

会社は埼玉県の三郷市にあるのですが、私は東京に住んでいたのでレンタカーの荷台に山ほど積んで持って行って全部引き取ってもらったことがあります。

ただし、最近は引き取り条件が少し厳しくなった感はありますが、それでも胡散臭い業者が多い業界の中、テレビCMも流していたぐらいですので非常に信頼ができる会社です。

エリア限定で出張買取もやっているのでお近くの方はホントにチャンスですよ。

なお、会社のホームページに引き取れるものの一覧が掲載されていますので、それを確認して、不明なものは電話かメールで問い合わせたほうがいいでしょう。

くれぐれも、街中を走って回っている無料引き取り業者に頼んではダメですよ。あれこれ難癖つけて有料で引き取るというトラブルが多数発生しているようです。

◆UR賃貸団地引っ越し時のトラックについて

最大積載量について

まずUR賃貸団地に引っ越す際のトラックですが、最大積載量が4トン以下の車両を使うことが条件とされています(団地によってはさらに制限されることもあり)。

一人暮らしであればまず大丈夫です。

引っ越しの曜日について

それと、できるだけ土日を避けた方がいいでしょう。特に新しい物件で土日に引っ越し作業をやるとエレベーターの取り合いになって、ちょっとしたトラブルになることもあるようです(実際に私も目にしたことがあります)。

トラックの駐車場所に関する注意事項

UR賃貸に引っ越す際にあらかじめ管理事務所に鍵をもらいに行くのですが、そこで注意されることが引っ越し業者のトラックには必ず引っ越し作業中である旨の紙をフロントガラスの見えるところに置いておいて欲しいとのことでした。

car_wercker_rekka_pinkなんでも引っ越し業者のトラックであろうとなかろうと、老人がすぐに警察に通報をしてしまうのだそうです。引っ越し業者のトラックは一目瞭然なのですが、それでも通報するそうです。

こういった方はどこにでもいるのです。実は私が引っ越ししてきた時も、どっかの方が引っ越し業者に色々言っているのを見てしまいました。

本当にいるんだ~と思いました。

こうした方は、仕事はもちろんしていなくて、一日やることもないため、団地周辺を監視しているのだそうです。もちろん不審者とかが出没すればこうした人の存在は意味があるのでしょうが、普通に暮らしている人にとっては辛い存在です。

その後、UR賃貸に入居後、苦しめられることがこれほど多いものかと思い知りました。

引っ越し時のゴミ

それと引っ越し時のゴミは前の居住地で処分してください。引っ越し先の団地のゴミ捨て場に大量にゴミを捨てるのはエチケット違反になります。

引っ越し屋さんからもらったダンボールはその引っ越し屋さんが回収することが多いので、引っ越し先のゴミ捨て場に大量に捨てることのないようにしましょう。

◆UR賃貸団地のバイクの駐車について

norimono_bikeバイク乗りにとって集合住宅でのバイク置き場には悩まされるところですね。きちんとしたバイク置き場を設置しているところは非常に少ないのが現実です。

特に大都市部ではスペースも小さいです。決まった置き場所もなく他のライダーとトラブルになるケースも。

あと、ビッグスクーターってありますよね。全長がすごく長いやつ。あれ嫌われます。ものすごく場所取るので。原付サイズのスクーターとかカブとかじゃないとダメです(それでもかまわず置いている人いるけど)。

管理事務所ではバイクの駐輪については黙認しているといった感じです。

◆UR賃貸団地引っ越し時の挨拶

UR賃貸に引っ越し後はまずは挨拶が必要です。初めて賃貸を借りる方はどうしていいのかわかないことも多いかと思います。

挨拶や手土産など私の経験からUR賃貸引っ越し時の挨拶についてご紹介致します。

◆UR賃貸団地の鍵の管理は厳重に!

UR賃貸においては管理事務所に各戸の合鍵を保管しているわけではありません。

つまり鍵を無くしたら自分で鍵屋さんに手配しないといけないわけです。なので、鍵の管理は厳重にしておくことと、外出中に絶対に無くさないようにする必要があります。

できることなら合鍵は近くにいる親族などに預けておくことが理想です。

◆UR賃貸団地の電気・ガス・水道・電話の申し込み

UR賃貸団地では電気・ガス・水道・電話の契約は各自やることになっています。

電気の自由化が開始されてUR賃貸団地でも電気会社を選べるようになりました。夏のエアコン代などを考えると少しでも安い電気会社を選ぶべきです。

ちなみに楽天でんきだと基本料金は0円で、電気を使った分だけの支払いとなるうえ、申し込み時点で楽天ポイントが2000ptプレゼント中です。

これまでと同じ送配電線網が使われるため、電気の品質・安定供給はこれまでと変わらないので安心して電気を使うことができます。

◆インターネットと引っ越しのセットはNG

引っ越しの手続きでトラブルになるケースとして、インターネット回線(プロバイダ)と引っ越しのセット契約です。

これは引っ越し依頼をする際にインターネット回線契約を同時にすれば引っ越し料金が大幅に割り引き(例:9割引き)になるというものですが、後日インターネット契約についてはキャンセルしようとしても応じないというトラブルである。

安易に申し込むカスタマー側にも課題はあります。極端な割引率に惑わされることのないようにしてください。

◆その他

あと、UR賃貸団地に限ったことではないのですが、部屋探しをする上で一般的に注意しておきたい事項を列挙しましたのでそちらも是非ご覧ください。

こちらの記事も読まれています
Pocket

カテゴリー

Top