UR賃貸団地で光電話を利用したい!申し込み方法と注意点は?

2021年10月14日

UR賃貸団地で光電話を利用して電話代を節約したい方向けに、光電話のメリットデメリット・加入電話との通話料の違い・申し込み方法と注意点などについてわかりやすく解説しています。

UR賃貸団地で光電話を利用したい!申し込み方法と注意点は?

電話加入権の価値が急落していることからすると「まずは電話加入権を取得して・・」という時代は終わりました。

今は光回線に加入して光電話を固定回線として使う時代になっています。安くて便利な光電話なので是非利用しましょう。

光電話とは

光電話とはインターネット回線(光ファイバー)を利用して固定電話のように使えるIP電話サービスです。アナログ電話に代わるサービスとして定着しつつあります。

アナログ電話とは仕組みが多少異なりますが、電話自体の使い勝手は変わりません。

光電話専用の特別な電話機が必要になるわけではありません。通常の電話機であれば使用できます。

光電話のメリットとデメリット

まずは光電話のメリットとデメリットを表で簡単に確認しておきましょう。

光電話のメリット・デメリット
メリットデメリット
電話代節約
スマホで光電話
(NTTひかり電話)
光回線割引対象
光回線契約が必要
停電・通信障害で使用不可
使用不可番号有り

光電話のメリット

加入電話より圧倒的に安く電話を利用できる

光電話を利用したい方のほとんどの目的が電話代節約だと思います。どれだけ安いのかフレッツ光の「ひかり電話」を例に見てみましょう。

まずは毎月の基本料金です。

「加入電話」と「ひかり電話」の基本料金
加入電話ひかり電話
月額1,870円月額550円

基本料金からしてひかり電話は加入電話の1/3以下となっています。

次に通話料の比較です。

「加入電話」と「ひかり電話」の通話料
電話先加入電話の
通話料
ひかり電話の
通話料
加入電話
INSネット
光電話
市内9.35円/3分全国一律
8.8円/3分
県内市外22~44円/3分
県外22~88円/3分
ケータイドコモ22円/60秒17.6円/60秒
au33円/60秒19.25円/60秒
ソフトバンク44円/60秒

月額利用料550円程かかりますが、
固定電話なら全国一律8.8円/3分!

マジで安い!

外出先でもスマホで光電話を利用できる(NTTひかり電話のみ)

NTTのひかり電話のみの対応となりますが、「スマホdeひかり電話」というアプリを使うことによってスマホを光電話の子機として利用できます。iPhoneでもアンドロイドでもOKです。

無料で利用できますが広告が表示されます。邪魔でしたら月額220円で消すこともできます。

なお、電話機には通常子機が付属していますが、スマホを子機にすると次のようなメリットがあります。

スマホを子機にするメリット
  1. 外出先でもスマホで光電話を利用できる(通話料はスマホではなく光電話になる)
  2. 子機をもう一台買わなくても済む

非常にメリットがあるのでNTTのひかり電話を利用したら是非スマホを子機として設定してみて下さい。

光電話のデメリット

光回線を契約していないと使えない

インターネット回線を利用した電話なので光回線を契約しないと利用できません。光回線の契約時にオプションとして光電話を付けます。

光電話の毎月の利用料自体は550円ぐらいですので加入電話に比べれば負担にはなりません。

停電や通信障害があると使えない

電話機をWiFiルーターに接続する必要があるので、停電や通信障害などがあると利用できなくなります。

地球温暖化により夏場は落雷が多くなってきました。電子機器を守るために雷がゴロゴロきたら予めコンセントから抜くケースも増えてます。そうなると一時的に使えなくなるわけです。

通電していないと使えない!

スマホがあればリスクヘッジできますが、持っていない方は注意が必要です。格安スマホぐらいは持っておいた方がいいでしょう。

かけられない電話番号がある

伝言ダイヤル「0170」やお話し中調べ「114」などかけられない電話番号があります。

ただし、こうした番号を普段はあまり使わない人には影響はありません。

光電話の申し込み方法

光回線を契約する

前述の通り、光電話はインターネット回線を利用した電話なので光回線の契約が必要となります。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホをお使いならそれに合わせた光回線にするとスマホ割やキャッシュバック増額などの特典があるのでおすすめです。

大手キャリア以外のスマホやスマホをお持ちでない方はスマホ割はないので通常の光回線(So-net光プラスなど)を選べば良いです。

使用スマホサービス回線月額
ドコモドコモ光
人気!v6プラス
(解説はこちら
NTT4,400円
auauひかり
人気!v6プラス
(解説はこちら
KDDI4,180円
So-net光プラス
v6プラス
(解説はこちら
NTT4,048円
ビッグローブ光
v6プラス
(解説はこちら
NTT4,378円
ソフトバンクソフトバンク光
人気!v6プラス
(解説はこちら
NTT4,180円

光回線はどこでも光電話をオプションで申し込むことができます(月額550円程度)。

利用できる回線がわからなければ

なお、UR賃貸団地のような集合住宅の場合は敷設されている光回線用の設備によって契約できるプロバイダが限られてきますので、「UR賃貸団地おすすめ光回線検索システム」で利用可能なサービスをお探し下さい。利用できるプロバイダをピンポイントでお探しできますので申し込みにおける空振りがありません。団地名を入力するだけで簡単にわかります。

光電話におけるよくある疑問

光電話を契約すると電話機はもらえるの?

残念ながらもらえませんし、レンタルもできません(^^♪。

電話機は自分で用意する必要がありますが、よほど古い電話機(黒電話など)でなければ利用できます。

設置イメージとしては、光電話対応WiFiルーターにケーブルで接続します。

ルーターは光回線を契約する時のキャンペーンでもらえたり、無料レンタルできることもありますし、キャッシュバックキャンペーンでもらったお金で買ってもいいです。

光電話の音声はクリア?

通信速度やノイズなどの影響で途中で音声が聞き取りずらいなどの事象が発生することがあります。

ただし、会話が困難になるほどのものはそうそうありません。安いので多少の事は我慢できる人がほとんどではないでしょうか。

電話加入権は必要?

光電話では電話加入権は不要です。

電話加入権が必要なのはNTTが従来から提供している加入電話を契約する場合です。