【2021年10月版】UR賃貸団地おすすめ光回線検索システム-利用可能かすぐ確認!

2021年10月14日
ガイド

UR賃貸住宅の団地名(全1452件)で光回線やモバイル回線、ケーブル回線のおすすめを検索!一番お得な窓口(代理店)に申し込みができます!

【2021年10月版】UR賃貸団地おすすめ光回線検索システム

都道府県
団地名
使用スマホ

回線種別
※3キャリアの新プラン(ahamo、povo、LINEMO)をご利用の方は使用スマホは「指定しない(格安SIM)」をお選び下さい。

検索結果はこちらに表示されます

UR賃貸団地の光回線検索システムの使い方

全国のUR賃貸団地1452件から一発検索!

UR賃貸団地のような集合住宅で光回線などのネット回線を選ぶのはかなり面倒です。

まず、自分の住んでいる団地でそもそも光回線が利用できる設備が整っているのか、設備があるとしても、次にどのようなサービスを選んだらよいかなど、ネット初心者の方はほぼお手上げ状態です。

闇雲に申し込んでは非対応で断られることも多く、時間を浪費するだけなのでダメです。

各団地で利用可能な光回線(工事済み)に合わせるという形になりますので、戸建てのように光回線用の配線工事を申し込むということができません。

当サイトでは団地名を入力して検索ボタンをクリックすると候補が表示され、をクリックすると画面が遷移し、利用可能方式とそれに対応した光回線・ケーブル回線・モバイル回線がおすすめ順に表示されます。

利用可能方式(導入済回線)

導入済の光回線(光配線・VDSL・NURO光)とケーブル回線をわかりやすい表で表示。調べたい団地のインターネット回線の利用可能方式が一目でわかります。

とある団地の利用可能方式(導入済回線)の例

光回線 CATV
FTTH(光配線) VDSL
NTT KDDINURO NTT KDDI JCOM
×××

UR賃貸団地では物件によってインターネットの利用可能方式(NTT回線やKDDI回線など)が異なります。

お住まいの団地がKDDI方式であれば、auひかりは申し込めますが、ドコモ光やソフトバンク光などNTT回線を利用するサービスには申し込めません。

闇雲に申し込むよりは利用可能な方式のサービスにピンポイントで申し込んだ方が効率が上がります。

特に全棟導入済(〇が表示)の回線は、契約に至る可能性が高くなります。

ただし、NTT回線やKDDI回線などが全く導入されていない団地も未だあります。そのような場合は、JCOMのようなケーブル回線やモバイル回線(無線)をご案内致します。

UR賃貸団地に対応した光回線などをおすすめ順に表示

上記で表示されたインターネット回線方式を元に当サイトのデータベースから対応可能なサービスをおすすめ順に表示します。

下記は当サイトでもイチオシの光回線「So-net光プラス」の表示例です。

So-net光プラス
人気! au割引v6プラス高特典 無料
オプションなしでも新規なら60,000円の超高額キャッシュバック!
V6プラス対応WiFiルーター永年無料中!
新規工事料無料中!
詳しくはSo-net光プラス
【月額料金(税込み)】
1年目2,728円2年目2,728円3年目4,928円
3年間の平均月額:3,461円5年間の平均月額:4,048円
【契約期間】3年【解約違約金】20,000円
【おすすめポイント】
プロバイダ契約者数国内第5位!プロバイダー料込みで2年間ずっと月額2728円!5年間使っても月額換算4048円!au携帯ユーザーならSo-net光電話と同時加入でスマホ代が最大1000円割引!格安スマホ派にもおすすめ!工事費も無料!高速Wifiルーターも無料レンタル!V6プラス対応なので速度も速め!回線はNTTのフレッツ光を利用するので安心!T:T。セキュリティソフト「S-SAFE」も最大7台まで無料で使えます。
【下り実測値平均】 288.03Mbps
【利用回線】 NTT 【配線方式】 光配線VDSL
【プロバイダ】So-net【容量制限】無制限
【契約手数料】3,300円
【新規工事料】0円(48ヶ月以内の解約は工事費(1ヶ月550円)残金の支払いが必要)
【備考】 光電話550円/月(基本料)
主なアイコン凡例 光配線
光回線最速。局舎から部屋まで光ケーブル
VDSL
建物まで光ケーブルで部屋までは電話回線
ポケットWiFi
携帯型無線回線。屋内外でWiFi接続可能
置くだけWiFi
据置型無線回線。家専用でスペックが高い
v6プラス
光回線の通信が快適になる次世代接続方式で「IPv4」「IPv6」両方に対応
高特典
オプション加入なしでも高額キャッシュバック
光電話なし
光電話が利用できない
無料
セキュリティソフトが永年か一定期間無料
下り実測値平均はみんなのネット回線速度を参照(2021年7月時点)

並べ替え機能

並べ替え機能
  1. おすすめ順(速度、料金、特典の3点を考慮して当サイトが順位付け)
  2. 速度順(下り最大実測値)
    みんなのネット回線速度参照
  3. 月額料金順(3年間の平均月額)
  4. 大手キャリアユーザー(ドコモ、au、ソフトバンク)用

基本的に光回線を選ぶ際は自分が使っている携帯電話に合わせることがほぼ定石となっています。揃えることで料金がガクっと落ちるからです。

大手キャリアではなく格安SIMをお使いの方は節約派の方が多いかと思いますので価格順を選択すれば宜しいかと思います。

利用可能方式によっては光回線、ケーブル回線、モバイル回線が混在しますが、アイコンで区別ができます。

UR賃貸団地のような集合住宅の場合、戸建てと異なりインターネット回線が未対応の物件も少なくないので、工事不要のモバイル回線も選択肢に入るかと思います。

電波さえ受信できれば面倒な工事立ち合いやケーブル配線も不要ですぐにインターネットができます。

月額料金が少し高くても、高額キャッシュバックキャンペーンで実質支払い料金が一気に下がるケースもあるので、「月額料金」「実測値」「特典」の3つに着目しながら選ぶのがコツです。

コロナ禍によるネット回線選びの変化

コロナ禍による在宅ワークの急増で光回線の加入者が増加傾向にあるとのことですが、利用者増によることで回線に負担がかかり、速度が落ちたという現象も散見されます。

これまでネット選びにおいては通信速度が一番重要で、月額料金にもこだわるような選び方が主流でしたが、安いだけの光回線にとびつく傾向から、回線の質を重視する傾向に変化してきています。

某大手プロバイダも利用者増加による質の低下を防ぐために月額料金を大幅に値上げしたほどです。

安かろう遅かろうでは意味がない!質を重視するべきだった!

いくら安くても速度が遅かったらストレスが溜まる一方です。特にゲームや高画質動画などをよく利用するヘビーユーザーはネット回線の質を重視するようにしたいですね。

当サイトではお住まいに対応した光回線サービスでも品質の高いものだけを厳選してご紹介しております。

下のリンク先で、すぐにお住まいの団地に最適な光回線を探すことができますのでご利用下さい。