UR賃貸団地おすすめインターネット回線の比較

Pocket

UR賃貸団地で利用できるインターネット回線の比較や選び方、おすすめプロバイダーなどをご紹介しています。

【ドコモ光】比較して納得!えらべる25種類のプロバイダー!

◆UR賃貸団地でも利用できるネット回線

UR賃貸では光配線方式、住棟内LAN方式又はVDSL方式による超高速インターネット対応を、また、ADSL、CATV方式により、高速インターネット対応を進めています。

長年私が使っていたYahoo BB ADSLは2019年2月末日をもって新規受付を終了しましたのでネット回線の超高速化に向けた時代の流れを感じます。

ところでUR賃貸に引っ越しされる方でまだインターネット回線のお手続きがお済みでない方は早めに手続きをしておきましょう。

引っ越し日が決まり次第、ネット回線の申し込みをしていかないと入居してから自宅でネットが全然できないなんてことになります。

もちろん、スマホなら別契約なので使えるのですが、パソコンでお仕事をしているような方にとってはかなりロスになるので気を付けてください。

◆UR賃貸団地でのネット回線の手続き

UR賃貸におけるネット回線の手続きは入居者各自でやることになります。管理事務所に行って手続きするというのではありません。

しかし、高齢化社会の中、極めて複雑なネット回線を理解できている高齢者の方は少ないです。ITに弱い一人暮らしの方だとはっきり言ってワケがわからなくなります。そこで当サイトではなるべく簡略化してご説明します。

◆UR公式サイトでネット回線の方式を調べる

UR公式サイトで各物件の回線を確認する

まずはUR公式サイトでこれから入居する(あるいはすでに入居している)物件の回線可能状況を確認します。

UR公式サイト物件を探すのページで物件を選んで頂いたら、物件情報≫詳細を見るに進んでいきます(間取り図がある行の横あたり)。

そうすると、設備欄の項目があり、エレベーターやエアコンなどの設備のほかに利用できるネット回線の種類の記載があります。

光配線、住棟内LAN、BS110CS、VDSL、ADSL、CATVなどの表記があるかと思います。それがその物件で使えるネット回線ということになります。

以下で各回線の説明をします。

光回線(FTTH)

電話局から住宅内までの全て光配線。速さならダントツ。

例:フレッツ光ドコモ光au光ソフトバンク光など。

住棟内LAN

電話局等から住棟まで光回線を配線し、住棟内はLANケーブルで繋がります。

例:フレッツ光ネクストマンションタイプ(LAN配線方式)

VDSL

電話局から住棟まで光回線を配線し、そこから各住宅までは既設の電話線を利用します。

例:フレッツ光ネクストマンションタイプ(VDSL方式)

ADSL

電話局から住宅まで配線されている電話線を利用

電話局から住棟までの電話線が光ケーブルの場合は、ADSLの利用不可。

例:Yahoo BB(新規受付終了)

CATV(ケーブルテレビ)

住宅内のテレビ端子にケーブルモデムなどの装置を設置することにより、インターネットサービスが利用できます。

例:JCOMなど

◆ネット回線速さ順

だいたいのイメージだと下のような感じです。

光回線(全部光) > 住棟内LAN(一部光) = VDSL(一部光) > ADSL(電話回線) ≧ CATV

一番速い回線は全て光ケーブルを使う光回線です。

CATVは遅いとの評判も多いので、バランスを取るなら住棟内LANかVDSLあたりということになります。

◆UR賃貸団地でおすすめのネット回線

もう迷ったらキリがない!!誤解を恐れずズバリ言うなら

速さで選ぶなら

光配線済の物件で、速さ重視なら:フレッツ光(FTTH[オール光回線])

結局、電話局から自室まで全て光ケーブルの回線が一番に決まっています。

※フレッツ光にはVDSLタイプもありますのでご注意(これはオール光ではありません)。

安さで選ぶなら

安さならNTT-ME(住棟内LAN)※BB-EASTが運営しています。

月額が1750円という安さ。

ただし、マンションタイプなのでヘビーユーザーが多いと回線速度が遅くなる欠点はあります。こうした激安プロバイダーのよくある特徴は朝は回線が速いのに夜21時過ぎあたりぐらいからかなり遅くなることです

みんな仕事から帰ってきた夜からyoutubeとか見たいですからね。

過去に失敗した方はこうした激安プロバイダーは避けた方が無難でしょう。動画とか見ないならそれほど心配する必要ありません。

バランスで選ぶなら

その辺が不安ならフレッツ光マンションタイプ(VDSL)あたりが速度と価格のバランスがいいかと思います。

ちなみにNTTは地震などの災害時の復旧速度が早いです。安定性や災害時に優れたNTTです。

最近は大規模な地震や台風などが頻繁に起こるようになりました。少しでも安定を取るならやはりNTTがいいです。

◆インターネット回線スマホ会社と揃えると安い

なお、プロバイダーは自分が使っているスマホ会社に合わせると割引が大きくなります。

ドコモ光au光ソフトバンク光という具合にです。

ドコモユーザーならドコモ光セット割という割引きを受けることができ、月額が最大で3200円ほど安くなりますのでお得です。

プロバイダーが使用できるかどうかは各プロバイダーで住所などを入力することで判定できますのでそれが一番手っ取り早いですね。

【ドコモ光】比較して納得!えらべる25種類のプロバイダー!

こちらの記事も読まれています
Pocket




ダニ退治に効果的な方法とは

防ダニシート比較レビュー
どんな家にもいると言われるダニ。夏場に増殖したら徹底的に駆除しよう。

カテゴリー

Top