UR賃貸団地おすすめインターネット回線の比較から申し込みまで

UR賃貸団地で利用できるインターネット回線の比較や選び方から申し込みまでをご紹介しています。

インターネット回線サービスは様々なものがありますが、多すぎると迷ってしまい決めるのが大変です。また、URのような集合住宅の場合、利用できるインターネット回線は戸建てと比べると限りがあります。

闇雲に申し込んでも非対応ということで断られてしまいます。

そこで当サイトでは、UR賃貸団地の多くで利用できるコスパが良い回線をズバリ厳選しています。

コロナウイルスによりテレワークやオンライン授業のウェイトが高まる中、速度が速く安定しつつ月額料金も高くない回線選びがポイントとなっています。

このページの目次

UR賃貸団地おすすめインターネット回線の比較から申し込み

UR賃貸団地でインターネット回線を選ぶ際は次の事を参考にするとわかりやすいです。

UR賃貸でネット回線を探す手順

1団地ごとのネット回線利用可能方式を確認
┗当サイトの検索システムを使えば簡単に確認可能

2スマホ代割引のある光回線を選ぶ(大手キャリアのみ)
ドコモ▶ドコモ光
au▶auひかり、So-net光プラス、ビッグローブ光
ソフトバンク▶ソフトバンク光

3格安SIM使用又はスマホなしの場合は通常の光回線を選ぶ

4光回線未対応の場合はケーブルテレビかモバイル回線
ケーブルテレビ▶JCOM
モバイル回線▶携帯型(一人暮らし)か据え置き型

(1)UR賃貸団地インターネット回線利用可能方式を確認

UR賃貸団地の光回線検索システム

各団地のインターネット回線の対応状況はUR公式サイトで確認することができますが、当サイトでは団地名を入力するだけで利用可能方式とおすすめのインターネット回線をわかる検索システムを構築しておりますのでお急ぎの方は是非ご利用下さい。

ただし、一部の棟のみしか対応していない回線につきましてはUR賃貸公式サイトで確認して頂く必要があります。

UR賃貸「高島平」団地のインターネット回線の場合

都内にあるマンモス団地である高島平団地を例にとってご説明致します。

結論から言いますと、NTTとKDDIの光回線のVDSL方式に対応していますが、光回線で最も速い光配線方式(FTTH)はフレッツ光回線なら一部の棟のみで利用可能となっています。

光回線 CATV
FTTH(光配線) VDSL
NTT KDDINURO NTT KDDI JCOM
×

また、独自回線のNURO光も一部の棟のみです。あとはケーブルテレビのJCOMは利用可能です。

一部の棟のみの場合は団地別利用可能方式で確認することができます。

このような感じで団地ごとにインターネット回線の対応状況を簡単に調べることができます。

(2)スマホ代割引のある光回線を選ぶ(大手キャリアのみ)

ではここからUR賃貸団地でのインターネット回線選びの本題に入りたいと思います。

もし、キャリア大手(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホ(携帯)をお使いの場合、そのキャリアで提供するインターネット回線契約をすると毎月のスマホ代が割引になるなどの特典があるのでお得です。

通常、インターネットに接続する場合は、「回線業者」と「プロバイダ」の2つの契約が必要です。

これを1本化したのが「光コラボ」と呼ばれ、1つの契約で済みます。そして、こちらも公式サイトから申し込むよりも代理店(GMOなど)経由で申し込みすることで工事費が実質無料になりますのでおすすめです。

ドコモ光

ドコモ光(GMOとくとくBB)
月額1年目: 4,000円2年目: 4,000円3年目: 4,000円
2年間の平均月額: 4,000円 3年間の平均月額: 4,000円
※ドコモ光タイプA(2年定期契約あり)の場合
※契約期間2年のため、それ以下だと解約手数料 8,000円かかります。
利用回線最大速度(下り)
1Gbps(光配線)
100Mbps(VDSL)
利用回線: NTT(フレッツ光)回線
接続方式: NTT(光配線) NTT(VDSL)
プロバイダ GMOとくとくBB
特長 ドコモのスマホが月々500円~3200円割引になる光回線!顧客満足度96.8%を達成!通信速度も全国平均:下り速度330.05Mbps・上り速度296.17Mbps(20/7/22時点)と速いので今までの回線で不満がある方にもおすすめ。v6プラス対応 高性能 Wi-Fiルーターをレンタル提供(2年定期契約でプロバイダーはGMOとくとくBB)!新規なら基本工事料が無料!安心のセキュリティサービスがなんと1年間無料!モバイルWiFiルーターからのお乗り換えを検討されいてる方に超オススメ!しかも、dカード GOLDユ
備考 2020年9月1日(火)~新規工事料無料特典再開!
加入お申込みドコモ光(GMOとくとくBB)
ドコモ光のポイント

・ドコモのスマホ(携帯)の場合はドコモ光なら割引きが受けられますが、フレッツ光、auひかり、ソフトバンク光、OCN光、So-net光、NURO光、ケーブルテレビでは割引されません。

GMOとくとくBBでドコモ光の契約をすると新規工事料金が無料になる上、高性能Wi-Fiルーター( 2020年4月7日よりBUFFALO製 WSR-2533DHP3にバージョンアップ!)も無料レンタルになるなのでドコモ光公式サイトで契約するよりも大変お得です。もちろん、スマホの月額料金も割引されます。割引額もGMOとくとくBBのページですぐにわかります。

さらに 次世代技術v6プラス採用で、100Mbpsを下回ったら100ポイント還元です!

auひかり

auひかり(GMOとくとくBB)
月額1年目: 2,600円2年目: 2,600円3年目: 4,300円
2年間の平均月額: 2,600円 3年間の平均月額: 3,166円
※V16/G16/都市機構DX/都市機構Gの場合
※契約期間2年のため、それ以下だと解約手数料 7,000円~9,500円かかります。
利用回線最大速度(下り)
1Gbps(光配線)
100Mbps(VDSL)
利用回線: KDDI回線
接続方式: KDDI(光配線) KDDI(VDSL)
プロバイダ GMOとくとくBB
特長 auスマホを使っていれば月々のスマホ料金が500円~2000円割引!家族みんなでau使ってるほどお得!顧客満足度92%を達成!他社圧倒の高額キャッシュバック最大61,000円還元中!GMOとくとくBB限定の高性能Wi-Fiルーターをプレゼント!プロバイダー料込みでお得な月額料金!
備考
加入お申込みauひかり(GMOとくとくBB)
auひかりのポイント

・auの携帯電話をお使いの方はauひかり(GMOとくとくBB)が断然お得。2年契約の場合は月額2600円の上、auひかり電話の基本料金も無料。

・なお、NTT回線は利用者が非常に多いのでauひかり(KDDI回線)の方が速いのもメリットです。

・電話サポートの満足度も高いのが特長で、ネット関係に自信がない方でも安心してお申し込みできます。

ソフトバンク光

ソフトバンク光
月額1年目: 3,800円2年目: 3,800円3年目: 3,800円
2年間の平均月額: 3,800円 3年間の平均月額: 3,800円
※契約期間2年のため、それ以下だと解約手数料 10,000円+工事費残額かかります。
利用回線最大速度(下り)
1Gbps(光配線)
100Mbps(VDSL)
利用回線: NTT(フレッツ光)回線
接続方式: NTT(光配線) NTT(VDSL)
プロバイダ YahooBB!
特長 ソフトバンクのスマホとセットにすると、携帯電話のご利用料金が毎月500円~1000円割引されます(ただし、実質500円のオプション加入が必要)。また、「新規」でお申し込みの方は、【33,000円キャッシュバック】または【28,000円キャッシュバック+ハイグレードWi-Fiルーター】を進呈!開通するまでAirターミナルなどの接続機器を無料でレンタル!
備考
加入お申込みソフトバンク光
ソフトバンク光のポイント

・ソフトバンクの携帯電話をお使いの場合はソフトバンク光がおすすめ。回線はNTT回線を利用。工事費は実質無料で、さらに高額キャッシュバックキャンペーンあり。プロバイダは1つのみ(Yahoo!BB)。

そして、ソフトバンクのスマホとセットにすると、携帯電話のご利用料金が毎月最大1000円割引されます(おうち割光セット)。ただし、「光BBユニットレンタル」「Wi-Fiマルチパック」「ホワイト光電話/BBフォン/光電話(N)+BBフォン」のお申し込みが必要です。これは通常1924円ですが、500円の負担で利用できます。

さらに開通するまでAirターミナルもしくはPocket WiFiの無線回線が無料レンタルできるので開通まで待たされても問題なし。実はレンタル時に自分の環境での無線回線の速度はどれぐらいなのかチェックできるわけなので、次回のインターネット回線選びの参考になるんです。意外と無線回線って快適なんだと思うかもしれませんよ。

(3)格安SIM使用又はスマホなしの場合は通常の光回線を選ぶ

前項では大手キャリアお使いの方におすすめの光回線をご紹介しましたが、こちらでは 基本的にスマホ割りはない光回線をご紹介します(ただし、So-net光プラスだけはauスマートバリューの対象です)。

(ア)NTT回線対応団地におすすめ光回線

NTTのフレッツ光回線を利用したインターネット回線をご紹介します。

So-net光プラス(フレッツ光)

当サイトが UR賃貸団地の光回線で最もおすすめなのがSo-net光プラスです。月額料金が安く、快適な通信で定評あるv6プラス対応、しかもWi-Fiルーターも無料レンタルとなっているのですから人気がないわけがありあせん。コスパ最強との呼び声もあるほどです。しかも、NTTのフレッツ光回線を利用するので信頼性・安定性もあり。

So-net光プラス
月額1年目: 2,080円2年目: 2,080円3年目: 4,480円
2年間の平均月額: 2,080円 3年間の平均月額: 2,880円
※契約期間3年のため、それ以下だと解約手数料 20,000円かかります。
利用回線最大速度(下り)
1Gbps(光配線)
200Mbps(光配線)
100Mbps(VDSL)
利用回線: NTT(フレッツ光)回線
接続方式: NTT(光配線) NTT(VDSL)
プロバイダ So-net
特長 プロバイダー料込みで2年間ずっと月額2080円!3年間使っても月額換算2880円と安さ爆発!auスマホをご利用中なら更に月額料金が割引!高速Wi-fiルーターも無料レンタル!V6プラス対応なので速度も速め!回線はNTTのフレッツ光を利用するので安心!
備考
加入お申込みSo-net光プラス
So-net光プラスのポイント

・3年間(契約期間満了)でもプロバイダ込みで月額平均 2,880円という安さでありながら、V6プラス対応なので速度も速めです。

・そして特筆すべきは高速Wi-fiルーターも無料レンタルということとauスマホがセット割で1000円割引!

・3年未満で解約して違約金を支払ってもまだ安いので急な転勤や引っ越しでも安心してお申し込みできます。

・速さ、安さ、安定さなどバランスの取れたサービスでUR賃貸団地とも大変親和性が高く当サイトでもイチオシの光回線です。

フレッツ光公式(東日本)

本家本元重視ならフレッツ光公式サイト!すでに利用できる団地なら工事費はかかりません。ただし、ドコモのスマホをお持ちでもフレッツ光公式サイトで申し込んでも割引はありません。

【フレッツ光(東日本)対応エリア】
北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/山梨県/長野県


まずは光回線の中でも最も速い光配線(FTTH)対応のフレッツ光(東日本)ギガマンションスマートタイプです。

フレッツ光(東日本)ギガマンションスマートタイプ
月額1年目: 4,300円2年目: 4,300円3年目: 4,300円
2年間の平均月額: 4,300円 3年間の平均月額: 4,300円
※Yahoo!BB光フレッツコース(950円)の場合
※契約期間2年のため、それ以下だと解約手数料 工事費残額かかります。
利用回線最大速度(下り)
1Gbps
利用回線: NTT(フレッツ光)回線
接続方式: NTT(光配線)
プロバイダ Yahoo!BB光フレッツコース(950円)ビッグローブ(900円)OCN(900円)楽天ブロードバンド(900円)
特長 本家本元重視ならフレッツ光公式。ただし、プロバイダー契約が別途必要となり、ルーター無料レンタルや工事費無料特典がありません。
備考
加入お申込みフレッツ光(東日本)ギガマンションスマートタイプ

続いてVDSL方式(普及タイプ)のフレッツ光(東日本)マンションタイプです。

フレッツ光(東日本)マンションタイプ
月額1年目: 3,450円2年目: 3,450円3年目: 3,450円
2年間の平均月額: 3,450円 3年間の平均月額: 3,450円
※Yahoo!BB光フレッツコース(950円)の場合
※契約期間2年のため、それ以下だと解約手数料 工事費残額かかります。
利用回線最大速度(下り)
200Mbps
利用回線: NTT(フレッツ光)回線
接続方式: NTT(VDSL)
プロバイダ Yahoo!BB光フレッツコース(950円)ビッグローブ(900円)OCN(900円)楽天ブロードバンド(900円)
特長 本家本元重視ならフレッツ光公式。ただし、プロバイダー契約が別途必要となり、ルーター無料レンタルや工事費無料特典がありません。
備考
加入お申込みフレッツ光(東日本)マンションタイプ
フレッツ光公式(東日本)のポイント

・光配線方式とVDSL方式の両方が対応の団地の場合は光配線方式での契約となるようです(こちらで選べない)。

・プロバイダが4つの中から選べるのがポイント。

フレッツ光公式(西日本)

本家本元重視ならフレッツ光公式サイト!すでに利用できる団地なら工事費はかかりません。ただし、ドコモのスマホをお持ちでもフレッツ光公式サイトで申し込んでも割引はありません。

【フレッツ光(西日本)対応エリア】
富山県/石川県/福井県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県


フレッツ光(西日本)マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼
月額1年目: 3,800円2年目: 3,800円3年目: 3,800円
2年間の平均月額: 3,800円 3年間の平均月額: 3,800円
※Yahoo!BB光フレッツコース(950円)の場合
※契約期間2年のため、それ以下だと解約手数料 工事費残額かかります。
利用回線最大速度(下り)
1Gbps
利用回線: NTT(フレッツ光)回線
接続方式: NTT(光配線)
プロバイダ Yahoo!BB光フレッツコース(950円)ビッグローブ(900円)OCN(900円)楽天ブロードバンド(900円)
特長 本家本元重視ならフレッツ光公式。ただし、プロバイダー契約が別途必要となり、ルーター無料レンタルや工事費無料特典がありません。
備考
加入お申込みフレッツ光(西日本)
フレッツ光公式(西日本)のポイント

・光配線方式のみとなりVDSL方式はありません。

・プロバイダが4つの中から選べるのがポイント。

NTT回線は災害時の復旧速度が早い

ちなみに NTTは地震などの大規模災害時の復旧速度が早いです。災害に強い通信ネットワーク、設備作りに努めています。

最近は大規模な地震や台風(暴風)などが頻繁に起こるようになりました。長期間インターネットやスマホができないという事も考えると少しでも復旧速度が早いNTT回線を選びたいものです。

ただし、自宅の固定回線とスマホは別の通信会社の方がリスクヘッジになるのではないのでしょうか。例えば自宅の固定回線はNTT回線の場合は、スマホはKDDI回線かソフトバンク回線といった感じです。

両方とも同じ通信会社だと地震や台風などの災害時にパンクした際に最悪両方使えなくなる恐れがあります。

(イ)KDDI回線対応団地におすすめ光回線

auひかりのマンション用の回線サービスは光配線方式(FTTH)導入団地なら「タイプF」。VDSL方式なら「タイプV」や「都市機構」となるようです。

auひかりマンションタイプ

まずは光配線方式(タイプF)

auひかりマンション(タイプF)
月額1年目: 4,850円2年目: 4,850円3年目: 4,850円
2年間の平均月額: 4,850円 3年間の平均月額: 4,850円
※契約期間2年のため、それ以下だと解約手数料 9,500円かかります。
利用回線最大速度(下り)
100Mbps
利用回線: KDDI回線
接続方式: KDDI(光配線)
プロバイダ So-net/ビッグローブ/ニフティ/au one netほか
特長 マンションタイプなら新規加入で20000円のキャッシュバックかハイグレード高速Wi-Fiルーター + 15000円!現金振り込みも最短一ヶ月と早い!
備考
加入お申込みauひかりマンション(タイプF)

次にVDSL方式(普及型)のタイプV・都市機構

auひかりマンション(タイプV・都市機構)
月額1年目: 4,750円2年目: 4,750円3年目: 4,750円
2年間の平均月額: 4,750円 3年間の平均月額: 4,750円
※契約期間2年のため、それ以下だと解約手数料 9,500円かかります。
利用回線最大速度(下り)
100Mbps
利用回線: KDDI回線
接続方式: KDDI(VDSL)
プロバイダ So-net/ビッグローブ/ニフティ/au one netほか
特長 マンションタイプなら新規加入で20000円のキャッシュバックかハイグレード高速Wi-Fiルーター + 15000円!現金振り込みも最短一ヶ月と早い!
備考
加入お申込みauひかりマンション(タイプV・都市機構)
auひかりマンションのポイント

光配線(タイプF)・VDSL方式(タイプV・都市機構)ともに最大速度が100Mbpsです。棟内設置の通信機器の関係で光配線方式でも最大100Mbpsが苦しいところ。他に選択肢がなければおすすめ。

(4)光回線未対応のUR賃貸団地におすすめのインターネット回線

UR賃貸団地のような集合住宅の場合、全ての団地で光回線が利用できるわけではありません。徐々に整備を進めているとのことですが光回線が全く使えない団地もありました。

なので、集合住宅の場合は光回線が利用できない団地ではケーブル回線やモバイル回線(無線)も検討する必要があります。

特にモバイル回線の場合は工事が全く必要がなく、電波が安定して受信できれば機器が到着次第すぐにインターネット接続ができ、しかも光回線並みの高速無線回線も登場してきましたので、いつ引っ越しがあるかわからない方や工事に立ち会うのが面倒な方にもオススメできます。

(ア)JCOM

UR賃貸団地の公式サイトでインターネット対応状況を調べると、ほとんどの物件に「CATV」と記載されています。これはケーブルテレビに対応している団地ということです。

ケーブルテレビで一番の大手はJ:COM(ジェイコム)です。ちなみにJCOM光という光回線もありますが、これは戸建て向けのサービスなのでUR賃貸では申し込めません。

インターネットと38ch以上の専門チャンネルがドーンとセットになって人気の320Mコースで月額5,980円ほど(割引キャンペーンあり)。さらに最大数万円分のクオカードのプレゼントキャンペーンも随時実施していてお買い得感があります。

UR賃貸団地の場合、インターネット回線の選択肢はまだまだ少ないので、光回線で最も速い光配線方式が非対応の団地であればケーブルテレビも選択肢に入るのではないのでしょうか。東京や大阪、福岡などの大都市のUR賃貸団地はJCOMが強いです。実際にURの場合、「NTTのフレッツ光かJCOMのどっちかしか利用できなかった」というケースも少なくありません。

まずはインターネット回線と専門チャンネル(テレビで視聴可能)がセットになったスマートお得セレクトです。

J:COM(スマートお得セレクト NET320M)
月額1年目: 4,259円2年目: 5,937円3年目: 5,937円
2年間の平均月額: 5,097円 3年間の平均月額: 5,377円
※WEB限定スタート割の適用
※契約期間1年のため、それ以下だと解約手数料 4,800円~9,000円かかります。
利用回線最大速度(下り)
320Mbps
利用回線: CATV回線
接続方式: FTTN
プロバイダ J:COM
特長 専門チャンネルをジャンルで選べて、インターネットもできる!セキュリティは無料!ケーブルテレビとインターネットにまとめてご加入いただくと豪華特典あり!
備考
加入お申込みJ:COM

次にインターネット回線と動画見放題(10000本)のNETパック120Mコース メガパックです。

J:COM(NETパック120Mコース メガパック)
月額1年目: 4,680円2年目: 4,680円3年目: 4,680円
2年間の平均月額: 4,680円 3年間の平均月額: 4,680円
※契約期間1年のため、それ以下だと解約手数料 4,800円~9,000円かかります。
利用回線最大速度(下り)
120Mbps
利用回線: CATV回線
接続方式: FTTN
プロバイダ J:COM
特長 動画10000本見放題とインターネットがセットになった人気プラン。動画はスマホなどのモバイル機器に持ち出し可能!
備考
加入お申込みJ:COM
JCOMのポイント

・UR賃貸団地ではNTT回線と並ぶほど利用可能が多いのがJCOM

・ネットと専門チャンネルがセットになったプランが人気(豪華特典あり)

・セキュリティが無料!

・固定電話サービスもあるのであれこれ別々に手続きするのが面倒な方向き

関連UR賃貸団地でJCOMのインターネットおすすめプランとお申し込み

(イ)モバイル回線(無線)

モバイル回線とは?

モバイル回線は無線回線とも呼ばれ、ルーターと呼ばれる機器で電波を拾って、Wi-Fiルーターとして機能し、パソコンやスマホ、タブレットなどがワイヤレスでインターネット接続ができるものです。

団地内の回線設備などに関係なく、しかも面倒で煩わしいケーブル配線も一切不要ということで置き場所などに困ることもありません。

屋外や店舗でWi-Fi接続されたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、あれと似たようなことが自宅でもできるということです。

結論から先に言ってしまえば、モバイル回線なら高速なWiMax2+をGMOとくとくBBから申し込むのが安定性・特典の面からお得となります。

モバイル回線のメリットとデメリット

【メリット】

・工事不要、電波受信できればOKですぐにネット接続可能

・部屋に他人(男性)を入れたくない一人暮らしの女性に人気(工事不要なので)

・テレワークやオンライン授業などすぐにネット環境を得たい時に特にオススメ

・引っ越しが多くても、その都度インターネット回線を考える必要なし

【デメリット】

・光回線などの固定回線よりはどうしても不安定、容量制限があるところも

光回線未開通エリアではモバイル回線も選択肢に

例えば千葉県にあるUR賃貸「豊四季台」など一部の団地では残念ながら未だ光回線が開通していない団地もあります。ケーブル回線大手のJCOMも未開通です。

ちなみに下の表が「豊四季台」団地のインターネット回線対応状況となっています(2020年7月現在)。

光回線 CATV
FTTH(光配線) VDSL
NTT KDDINURO NTT KDDI JCOM
××××××

豊四季台団地は歴史のあるマンモス団地なのですが、そのような歴史のある団地は高齢化が非常に進んでいるようです。光回線の需要が見込めないのでこのような現状になっているのかもしれません。

ただ、建て替えも徐々に進んでいるようなので近々に劇的にネット回線が整備される可能性もあります。

で、現状ではこうした光回線未開通の団地では受信さえできればインターネットがすぐにできるモバイル回線(無線)がメインの選択肢となってきます。

以前はモバイル回線は光回線に比べれば全く見劣りするほど速度が遅いものでしたが、通信技術の発達と共に光回線と肩を並べるほどの高速無線回線も登場しています。

エリアやその土地の地形なども大きく受信状態に関係してきますが、電波を安定してキャッチできるならモバイル回線はおすすめです。

なお、モバイル回線の場合、持ち運び型(モバイルルーター)と据え置き型(ホームルーター)があります。

いずれも電波を受信できればすぐにネット接続できます。工事も不要なのです。次項でそれぞれをご説明致します。

持ち運び型(モバイルルーター)は一人暮らしにおすすめ!

持ち運び型は据え置き型に比べて電波が弱いため、端末から離れたところ(部屋)で受信しにくいというデメリットがありますが、手の平サイズなのでどこにでも持ち運べる(バッテリーが内蔵されている)というメリットがあります。

常にWi-Fi通信ができるので外出先でWi-Fiスポットを探す必要もありません。自分専用のWi-Fiスポットを持ち歩くようなものです。特に車やバイクでスマホをカーナビ代わりにしている人なんかはWi-Fi通信でないとすごい勢いで通信料が増大していきますからね。

一人暮らしの方は会社や外出先にもモバイルルーターを持ち出せるのでメリットは大きいです。

モバイルルーターはUQコミュニケーションズのUQ Wimax が無線の高速インターネットとして有名です。

据え置き型(ホームルーター)は家族持ちにおすすめ

据え置き型の場合は、電源コンセントに差し込むので(バッテリーが内蔵されていない)室内専用のルーターです。電波もモバイルルーターより強いので受信・送信することも強いです。例えば機器を置いた部屋から離れても(隣の部屋など)スマホやタブレットに電波を届けることができますし、電波を拾いやすいです。

また、モバイルルーターと同様に工事も不要ですので、受信エリア内であれば高速インターネットを無線で楽しむことができます。

ホームルーターはSoftBank AirやUQコミュニケーションズのUQ Wimax が定番となっています。

公式サイトよりプロバイダから申し込む方がお得!

初心者の方(特に中高齢以降の方)がインターネット回線選びをする際、信頼性を重要視するせいか公式サイトから申し込む場合も多いようですが、実はプロバイダから申し込んだ方がお得に契約できるんです。

どいういうことなのか下の記事でご説明致します。

GMOとくとくBBとは?信頼できるのか?

このページでも「GMOとくとくBB」という名前がよくでてきますが、聞きなれないという方もいらっしゃるかと思います。

「GMOとくとくBB」はプロバイダです。インターネットをするには回線だけではダメでプロバイダと呼ばれる接続業者が必要です。

鉄道で言えば回線は線路で、プロバイダは電車の車両とでも言いましょうか。どちらかが一つでもインターネットはできません。

で、「GMOとくとくBB」は1997年11月にサーバー事業を開始したので 今年2020年で24周年になります。しかも2019年オリコン顧客満足度ランキングプロバイダ広域企業において、『 お客さま満足度No.1』を獲得しました。調査対象企業158社、実際の利用者23,907人を対象に満足度について調査を行っているため、 公平性と信頼性の高い情報です。

で、インターネット回線に申し込む場合、プロバイダがある場合は公式サイトから申し込むよりもプロバイダから申し込んだ方が月額料金も安く、無料でWi-Fiルーターも提供してくれるのがほとんどなのでお得感が段違いなのです。

一つ例を見てみましょう。

例:NTTフレッツ光の場合

UR賃貸団地ではNTTのフレッツ光回線に対応している物件が一番多いのですが、フレッツ光回線ならば当サイトでもイチオシの「So-net光プラス」の方が断然お得です。下の表をご覧下さい。

So-net光プラスフレッツ光(東日本)マンションタイプ
月額(3年平均)2880円3450円
無料WI-Fiルーター×
回線フレッツ光フレッツ光
プロバイダSo-netのみYahoo!BB光フレッツコース
ビッグローブ
OCN
楽天ブロードバンド

2つとも同じNTTのフレッツ光回線を使うのにSo-net光プラスは月額料金がNTT公式サイトよりも600円近く安くなるだけでなく、無料Wi-Fiルーターの特典もあります。

Wi-Fiルーターがあると、自宅内でスマホやタブレットがWi-Fi接続することができ、パケット代を大幅に節約できるのです。自宅に光回線があるならスマホはWi-Fi接続するのが鉄則です。

So-net光プラスはソニーのグループ会社なのでプロバイダがSo-netだけにはなりますが、それほど大きな問題ではありません。

なお、最大速度や品質はフレッツ光回線を使うので同じです。

ということで、光回線を選ぶ際、プロバイダに「GMOとくとくBB」があれば、そこから申し込むのが一番お得ということになります。

ちなみ「GMOとくとくBB」はフレッツ光だけでなく、KDDI回線にも対応した「auひかり」やモバイル回線であるWiMax2+などのプロバイダにもなっていてどれもお得な価格設定・サービスとなっています。

公式サイトの方が安心感があるように感じられるのですが、同じ商品を高いお店で買うようなものなので、お得なプロバイダから申し込むようにしましょう。

UR賃貸団地におすすめの光回線比較表

UR賃貸団地と比較的相性の良い光回線を比較表にしました。光配線方式だけでなくVDSL方式にも対応した光回線ですので、非対応で申し込みを断られる可能性は低くなります。

また、どれも次世代技術v6プラス対応で速度・安定度も定評のある光回線となります。

So-net光プラスドコモ光(GMOとくとくBB)auひかり(GMOとくとくBB)ソフトバンク光
回線種別光回線光回線光回線光回線
契約期間 3年 2年 2年 2年
月額(一年目) 2,080円 4,000円 2,600円 3,800円
月額(二年目) 2,080円 4,000円 2,600円 3,800円
月額(三年目) 4,480円 4,000円 4,300円 3,800円
使用回線NTT(フレッツ光)NTT(フレッツ光)KDDINTT(フレッツ光)
FTTH
VDSL
プロバイダSo-netGMOとくとくBBGMOとくとくBBYahooBB!
v6プラス対応
無料Wi-Fiルーター
最大速度(下り)1Gbps(光配線)
200Mbps(光配線)
100Mbps(VDSL)
1Gbps(光配線)
100Mbps(VDSL)
1Gbps(光配線)
100Mbps(VDSL)
1Gbps(光配線)
100Mbps(VDSL)

各インターネット回線の種類

インターネット回線の種類について理解されていない方のために固定回線について説明をします。

(1)光回線(3種類)

ここでは集合住宅の光回線の仕組みについてご説明します。

光回線と言ってもそれは建物までで、建物内は3種類の方式(光配線方式(FTTH)、LAN方式、VDSL方式)があります。この方式によって速さが違うのです。なので光回線と聞いただけで一番速いネット回線だと考えるのは早合点です。

これを誤解している人が多いのです。光回線にしたのに思っていたほど速くないなんて感じることがあったりするわけです。ちなみに戸建ては光配線方式のみになります。

UR賃貸団地のような集合住宅の場合はこの3つの種別のどれに対応しているかが速度や安定において重要になるわけです。

光配線(FTTH)LANVDSL
速度 ★★★ ★★
配線の仕組み局舎

光ファイバー

住棟

光ファイバー

部屋
局舎

光ファイバー

住棟

LANケーブル

部屋
局舎

光ファイバー

住棟

電話回線

部屋
UR賃貸での対応 ★★ ★★★

(2)独自回線

(ア)CATV(ケーブルテレビ)

住宅内のテレビ端子にケーブルモデムなどの装置を設置することにより、インターネットサービスが利用できます。

CATVはUR賃貸団地ではほとんどの物件で対応が可能となっています。光回線などの超高速インターネットにはかないませんが、未対応ならCATVも選択肢に入るかと思われます。

インターネット回線だけでなく専門チャンネルも視聴できるお得なプランも用意されているのがCATVの強みです。地上波では放送されないスポーツやシネマ、ドキュメンタリー、懐かしのドラマ、アニメなどを思う存分楽しむことができます。

(イ)NURO光

ソニーコミュニケーションズが運営する最大速度2Gbpsの超高速インターネット回線がNURO光です。

UR賃貸団地でも対応可能が物件がありますがまだまだ少ないですし、工事に2回立ち会うのもネックです。

もしも、対応物件であれば是非超高速インターネットを体験してみてはいかがでしょうか。

なお、上述しましたが、UR賃貸団地のインターネット回線対応状況は当サイトの「UR賃貸団地の光回線検索システム」で団地名を入れることで簡単に調べることができます。どうぞご利用下さい。

(3)ADSL(新規受付終了)

電話局から住宅まで配線されている 電話線を利用。局舎から離れるほど遅くなります。

電話局から住棟までの電話線が光ケーブルの場合は、ADSLの利用不可。

なお、ADSLはすでに終焉期に入っており、Yahoo! BB ADSLは2019年2月28日で受付終了、2020年3月より順次終了していき2024年3月末で提供終了とされています。

既存の電話回線を利用するので利用料も比較的安く速度もそこそこ出たので長寿命でしたが、アナログ電話回線の廃止や通信設備の老朽化などによるのが終了理由のようです。

インターネット選ぶ際の基準

インターネット回線の種類がだいたいわかったとして、どういった数値等に着目したらいいのでしょうか。

だいたい以下の数値などに着目される方が多いです。

ネット回線を選ぶ視点

・月額料金

・通信速度

・IPv6対応

・会社の信頼度

・初期費用(工事費など)の安さ

月額料金の安さ

コロナウイルスにより、収入がダウンされた方はインターネット回線も見直す必要に迫られている方もいらしゃるかと思います。多少パフォーマンスを落としても月額料金が安いサービスを求めるのはある意味当然でしょう。

前出のSo-net光プラスは2年間ずっと月額2080円で、速度も最大1Gbpsです。実際にはそこまで出ないものの、この料金でのパフォーマンスとしてはかなり優秀です。

通信速度

速度は上り(アップロード)と下り(ダウンロード)の速度がありますが、 下り(ダウンロード)の速度を見ればOKです。

そして、通信速度は「kbps」「Mbps」「Gbps」で主に表され、bpsの数値が大きいほど速度が速くなります。数値によって単位が変わり、「Gbps」の表記が一番速いです。

ちなみに換算すると、
1000bps=1kbps
1000kbps=1Mbps
1000Mbps=1Gbps
ということになります。

ゲームや動画をメインなら固定回線で速度が速いほど快適です。例えばNURO光は最大速度が2Gbpsという速さですが、UR賃貸団地では対応物件が都市部の一部に限られますし、工事が2回入るので立ち合いも面倒です。また、NTTフレッツ光回線の利用者があまりにも多いので、やはり集合住宅の場合、VDSL方式だと遅くなることもあります。KDDI回線方がNTTよりは速いことが多いようです。

IPv6対応のプロバイダであること

速い光回線を選ぶ際のポイントはIPv6対応のプロバイダを選ぶことが今ではほぼ常識となっています。IPv6は「v6プラス」とも呼ばれています。以前まで楽天ブロードバンドサービスはなんとIPv6未対応であったのですが、2020年4月1日よりようやく対応となりました。

問題は、IPv6対応のプロバイダでもそれに対応したWi-Fiルーターでないと回線が思ったよりも遅いなんてことになりかねないのです。

今は光回線に申し込むと無料でWi-Fiルーターが提供(レンタル)されますが、実はこのWi-Fiルーターにも速い遅いがあるわけです。

v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを提供してくれるのが「GMOとくとくBB」です。月額料金が安いだけでなく、こうした周辺機器の提供にも力を入れているプロバイダです。

数種類あるWi-Fiルーターからお好みのものを選べるのですが、「バッファロー WSR-2533DHP3h」は転送速度最大1773Mbpsで、安定した電波の飛びで人気です。また、夜Wi-Fiルーターのランプが眩しくて気になるという方は「エレコム WRC-2533GST2(最大転送速度1773Mbps)」がおすすめです。

プロバイダによってはこうしたWi-Fiルーターをケチっているところもあるので、プロバイダが「GMOとくとくBB」の光回線やモバイル回線がおすすめです。

信頼度が高い企業であること

初心者の方ほど知名度の高い公式サイトからの申し込みが多そうですが、実はプロバイダから申し込んだ方が月額料金も安いですし、Wi-Fiルーターも無料提供されるのでお得です。

NTTの場合、同じフレッツ光回線を使うので速度も安定度も変わりません。

とくにGMOとくとくBB(プロバイダ)は料金と速度、特典の点から公式サイトよりもメリットが多いですし、利用者アンケートでも顧客満足度第一位になった実績がありますので安心して申し込みできます。

初期費用(工事費など)の安さ

こちらも前項と同様にNTTフレッツ光の場合、公式サイトから申し込んでも工事無料の特典がありませんが、プロバイダ(GMOとくとくBB)から申し込めば工事費が実質無料のキャンペーンを随時実施しているのでお得です。

なお、工事が必要なのは固定回線で、モバイル回線につきましては工事不要で、ルーター到着後に電源コンセントに入れてすぐにインターネット接続ができるほど手軽です。


Top