一人暮らし節約のコツでお金を貯める!

Pocket

一人暮らしの方が生活費を節約するためのコツや便利な計算ツールをご紹介しております。

スポンサーリンク

◆一人暮らし引っ越し費用節約

複数の業者から見積もりを取るのが必須の引っ越し業界。面倒がって1社だけで済ませると数万円も損することも珍しくありません。

引っ越しを少しでも安く済ませるコツをご紹介します。

◆一人暮らし光熱水費代節約

電気ポットや炊飯ジャー、温水便座は一日中つけっぱなしになることが多いので電気代がかかります。できることなら電源は使うときだけにしておいた方がいいです。

余ったご飯は冷凍にして、電子レンジで温め、温水便座は使う時に電源を入れる。また電気ポットの使用はやめて、電気ケトルで使う分だけ沸かした方が電気代がかなり節約できます。

エアコンは夏用としてだけ使い、冬は電気ストーブや電気ゴタツを使った方が電気代を節約できます。また、エアコンを冬に使うと室外機の音が大きくなるものが多く、近所迷惑にもなります。

ピンポイント温めることができる電気ストーブや電気ゴタツの方がリーズナブルです。

スポンサーリンク

◆一人暮らし食費節約計算

特に単身者の男性におすすめの食費節約計算ツールをご紹介します。

まずは一人暮らしの食費(生活費)の目安を把握しておきましょう。

次に食費節約に役立つ計算ツールをご紹介します。

餃子を大量に作って冷凍しておけばいつでも簡単に食べれますし、水割りの濃度を低くするだけで酒代を浮かせるだけでなく、肝臓への負担も和らげることができます。

◆その他の一人暮らし節約術

私が賃貸物件を渡り歩いた経験から様々な節約術をご紹介したいと思います。

駅から遠い物件を選ぶ

都心部にお勤めでなければ郊外物件がやっぱりお得。しかもバス路線の物件がさらに安いです。不便な分は電動自転車やバイクなどでカバーすればOKです。

駅から離れるほど不便になればなるほど、家賃は安くなりますし、間取りも良くなります。

1階と最上階、角部屋には済まない

特に古い物件の場合、断熱材が入っていないと悲惨です。真冬の1階は寒く、真夏の最上階は非常に暑くなり、エアコンなどの電気代は非常にかかります。

また、角部屋は人気がありますが、カーテンが多めに必要になるだけでなく、これもまた断熱剤が入っていない古い物件だと冬は寒く、夏は暑くなります。

片側は他人がいないので気楽なメリットもある半面、そういったデメリットもあることを頭に入れておきましょう。

定期清掃のススメ

まずは入居したら退去するときのことを先に考えて、換気扇にはフィルターを付けておくといいです。これを定期的に交換しておかないと、退去するときに手間がかかり、敷金からかなり差っ引かれますし、退去時の掃除がものすごく大変です。

換気扇のみならずお風呂や流しなどの水回りは汚れが蓄積しやすいので定期清掃が後々節約につながるのです。

なんでもカード払い

今はクレジットカードやポイントカードの時代。外食する際もカードが使えてお値打ちなファミレス系の店を使うのが鉄則。個人経営の飲食店だとカードは結構使いにくいものがあるからです。

楽天カードはマクドナルドとタイアップしているので通販をカード払いで支払えば、貯まったポイントでマクドナルドで使えるようになりました。

なお、Tカード加盟店も増えてまいりましたので、クレジットカードと一緒に出す機会も増えてきました。すかいらーく系は両方のカードを使えるのでホントに便利です。

スポンサーリンク

散髪は自宅で電動バリカン

バリカンというと丸坊主というイメージがある人もいますが、自宅で散髪する人が増えています。

なぜなら散髪代が高いから。パナソニックの電動バリカンが秀逸です。懸案だった耳周りのアタッチメントも改良されて旧製品と比べて格段の進歩となりました。

一人でもコツさえつかめばなんとかできます。襟足は電動バリカンなど切り過ぎてしまう恐れがあるのでそこだけはプロ用のはさみで手で切った方がいいです。

鏡を複数上手く使えば襟足のカットもうまくできるでしょう。

とにかく通常の散髪代は3000円前後はするので1年で4万円近く節約できるわけですね。

もちろん、1000円の激安店があればそこでもOKですが、電動バリカンを使ってたまに髪を梳けば利用回数を減らすこともできます。

車はカーシェア

車は超金喰い虫です。経済評論家全ての人が節約法としておすすめするのがカーシェアです。駐車場代、税金、車検、定期点検、保険、ガソリンなどこれら全てのお金がかからないのがカーシェアの特徴です。

今はレンタルの時代。使う時だけ借りるのがリーズナブル。用途に応じて軽自動車やワゴンなど様々なタイプの車が借りられます。

ですので、引っ越し先にカーシェアのステーションが複数あるのを確認してから引っ越し先を決めることをおすすめします。

バイクならスーパーカブ

バイクは女性にはちょっとオススメはできませんが、男性なら是非持っておいて損しないコミューターです。

税金が安く、車の流れにも乗れる原付二種がおすすめ。中でもホンダのスーパーカブは1リッターで50km前後の燃費なのでガソリン代が節約できるだけでなく、リアボックスや前カゴを付ければ積載性が大幅アップして買い出しに非常に頼りになります。

また、整備もしやすいのでわざわざバイク屋さんに持ち込むことなく、自分でオイル交換、タイヤ交換、チェーン交換もできます。燃費がいいので震災時には大活躍したカブです。一家に一台あって絶対に損のないコミューターです。

こちらの記事も読まれています
Pocket




ダニ退治に効果的な方法とは

防ダニシート比較レビュー
どんな家にもいると言われるダニ。夏場に増殖したら徹底的に駆除しよう。

カテゴリー

Top