UR賃貸団地 おすすめの引っ越し業者と安くするコツをご紹介!

Pocket

UR賃貸団地の入居が決まったら次は引っ越し手続きをしましょう。おすすめの引っ越し業者や引っ越し代を安くするコツをご紹介致します。

◆引っ越しは見積もりで料金比較が常識

引っ越し業界は見積もり合わせで料金を比較した上で一番安いところに頼むのが常識となっています。

面倒だからといって、1社だけ見積もってお願いしていては数万円もの損になることもあります。

節約したお金で不用品のリサイクル費用に充てることもできます。

引っ越し業者比較サイトは以下のような大手引っ越し会社を含む240社から最大10社まで無料で見積もりすることが可能です。

サカイ引越センター
アート引越センター
アリさんマークの引越社
天草引越センター
ケーエー引越センター
なかむらトランスポート引越センター

一番安いところに引っ越しをお願いすればOKです

◆引っ越し費用をさらに安くするコツ

引っ越し費用を安くするには見積もり合わせだけでは甘い!

不用品を徹底的に処分して荷物を少なくするのがポイントなのです

特にUR賃貸団地でエレベーターなしの4階、5階で荷物が多いと引越し代も跳ね上がります。必要のないものは引っ越し前に処分しておく必要があります。

では私の経験をタップリと交えてご紹介致します。

まずは不用品を処分する方法を使用できる場合と使用できない場合に分けてご説明いたします。

◆不用品が使用できる場合

まだ使用できる場合はヤフオクやメルカリなどで売ってしまって現金化した方がいいです。

自分にとって不用品でも他人のとってお宝であることは多いです。

ヤフオクで売る(使えれば)

家電品

中古の家電品などはいつ壊れるかわからないので、あまり欲をかかずに手放した方がいいです。

よく確認もせずに故障した家電を売ってしまうと後でクレームをつけられて悪い評価をつけられる恐れがあります。自信がなければジャンク品として出品した方がいいでしょう。

家電製品はエアコンやテレビ、DVDプレーヤーなどのリモコンが穴場です。故障してしまったヤフオクで探している人は結構多いですし、私自身も昔、ヤフオクでエアコンのリモコンを買ったことがあります(リモコンって新品で買うと結構高いんです)。

本体が故障してしまってもリモコンが作動すればリモコンは捨てずに売った方がいいです。

リモコンの作動状況はデジカメを通してリモコンのスイッチの送信部を確認します。どのボタンでもいいのでリモコンのボタンを押して発光が確認できれば機能はするものと思われます。

残念ながらスマホのカメラでは発光を確認できません。

また、レーザーディスクプレーヤー(LD)も生産中止になってしまったので売り手市場です。ソフトは安く買い叩かれていますが、プレーヤーは値が付くんです。

ヤフオクではレーザーディスクのソフトがかなり安く売られているのでプレーヤーさえ入手できればソフトをたっぷりと楽しめると思っている人が多いからでしょう。もちろん、自分が買ったプレーヤーが故障してしまってソフトが見られないという方の需要もあるかと思います。

本、CD、ゲーム、コミックなど

本やCD、DVD、ゲームソフト、コミックは買い取り商品の定番中の定番ですが、供給が多いと値下げ競争になってしまいます。

有名アーティストのCDやDVDなどは売れてるだけにヤフオクでも多く出回っていて、限定品などを除いて意外と値をつけません。

逆にあんまり売れなかったレアなアイドルのCDやレコード、写真集とかに値がつくことが少なくありません。

それと穴場はMD(ミニディスク)ソフト。MDソフトは販売時期も短く販売数も少ないため市場での供給量が少なく値が付きます。私自身もクラシックのMDソフトを売ったことがありましたが、激しい競争になって思っていたよりもはるかにいい値で買ってもらったことがあります。

なお、本ではパソコン関係(プログラミング)が供給が割と少ないので高値をつけることが結構あります。

やはり本もベストセラーのような供給過剰なものは値がつかないことが多いです。

買取業者に売る(ものによる)

ヤフオクやメルカリは面倒という方はもったいない本舗にまとめて売る方法をオススメします。

やはりこちらも定番中の定番は本、CD、DVD、TVゲームソフト、コミックあたり。

箱に詰めて送れば査定後にお金を振り込んでもらえます。ヤフオクよりは値が付かないかもしれませんが、高収入の方で一気に処分したいという方は買い取り業者にまとめて売るのも手です。

その他にも楽器(ピアノなど)や着物なんかも売れます。こちらの楽器買取専門店だと最短30分で無料出張買取しれもらえるのでお急ぎの方は特に便利。

団地やマンション、アパートなどの集合住宅では楽器は近所迷惑にもなるので当分使わないなら一旦現金化しておきましょう。

◆不用品が使用できない場合

自治体のリサイクルに出す(有料)

リサイクル会社に出す(有料)

パソコンファームに引き取ってもらう(無料、送料必要、他条件あり)

壊れた家電は自治体のリサイクルに出す

壊れた家電などはお住まいの地方自治体のリサイクルに出してスッキリましょう。リサイクル費用は思っていたよりも高くはありません。

実は私がそうだったのですが、プリンターや魚焼き器、日焼けマシーン、空気清浄器など壊れた家電を捨てずに一緒に引っ越しをしていました。

理由は忙しかったので自治体のリサイクルの手続きを見るのが面倒だったからです。

しかし、身軽になれば引っ越し費用も安くなります。量にもよりますがリサイクル費用分は賄えるかもしれません。

私のように各自治体の公式サイトを見る手間を惜しんではいけません。

自治体のリサイクルのやり方 

通常は地元商店などでリサイクル券(シール)を買って、必要な点数分をリサイクルするものに貼り付けて指定されたところに置けばいいだけです。

一戸建ての場合は玄関の前とかで、集合住宅の場合は1F付近です(自治体に聞いて下さい)。

なお、自治体の場合は上の階までは取りに来てくれるところはあまり聞いたことがありません。

また、戸建ての場合も家の敷地内(家の中)に入らないのがほとんどなので、来る日の朝に玄関前か道路に出しておく必要があります。

ただし、前日の夜とかには出さない方がいいです(盗難や放火の危険性があるので)。

ものによっては少し離れたところに持っていかなければならないかもしれません。私は日焼けマシーンの長い蛍光管はアパートから200mぐらい離れたゴミ捨て場を指定されました。

繰り返しますが、自治体のリサイクル費用はそれほどお金がかかるわけではありませんので利用されることをおすすめします。

売れないもの使えないものを持っていても部屋が手狭になるだけでなく、引っ越し費用も上がるので何も良いことがありません。

リサイクル会社(有料)

有料のリサイクル会社なら取りに来てくれます(家の中も可能)。私は冷蔵庫だけはお願いしました。一人用の冷蔵庫とはいえ、3階から自分で降ろすのは無理だと思ったからです。

団地などの集合住宅にお住まいの方で足が悪い方や高齢の方は冷蔵庫やタンスなどを下まで持って行くことはまずできないので、協力してくれる人がいない場合は有料リサイクル業者にお願いするか、何でも屋さんにお願いして下まで運んでもらうことになるかと思います。

ただし、有料リサイクル業者には悪質なところがあり、無料で引き取ると言いながら訪問した際に難癖をつけて高い手数料を提示してきたりします。

私が冷蔵庫をリサイクルに出した時は「ダストマン回収センター」というところにお願いしました。

ちょっと費用が掛かってしまいましたが、ちゃんとした対応ですし、悪徳のリサイクル業者にお願いして嫌な思いをすることもなかったので良かったなと思ってます。

ただ、ダストマンは東京(全域)・神奈川(全域)と、千葉・埼玉・愛知の一部が対象エリアになります。

無料不用品回収会社「パソコンファーム」

私が不用品処分で一番お世話になったのが埼玉県三郷市にあるパソコンファームです(現在は大阪にも支店があります)。

だいぶ前になりますが、レンタカーでワゴンを借りて一人で荷台にいっぱい詰め込んで持っていき、全て無料で引き取ってもらったことがあります。

この時、三郷市の作業場に到着すると、5~6人の作業員の方は駆け寄ってきて、次から次へとワゴンの荷台から不用品を持っていってくれました。

この光景は今でも忘れられないことです。ゴミみたいな家電を全部無料で引き取ってくれた上、最後に缶コーヒーまでくれました(今はないかもしれないけど)。

現在は当時に比べて多少条件が厳しくはなってしまいましたが、それでもかなり引き取ってくれます。

なお、パソコンファームで指定されたものを同梱すれば送料着払いで送ることができます。

また、随時送料無料キャンペーンを実施しています。

詳しくはパソコンファームのサイトを確認してください。

首都圏(埼玉)や近畿圏(大阪)にお住まいで車を運転できる方なら是非持ち込みで利用したい不用品無料回収会社です。今は車やバイクも無料で引き取ってくれるようです。

◆不用品処分のまとめ

結局は不用品を処分する場合は下のような優先順位になるかと思います。

売れるなら売る(ヤフオク、買取業者)

売れないならパソコンファーム(無料)

ダメなら自治体(有料)

最後はリサイクル会社(有料)

※ヤフオクなどで売るのが面倒な方で一気に不用品を処分されたい方はパソコンファームから検討されると良いです。

こちらの記事も読まれています
Pocket

カテゴリー

Top