【部屋探し】これが優良賃貸物件の条件-後悔しない条件とは?

Pocket

◆方角

compass東南、南向きがおすすめ。西向きは午後強烈な日差しが入り夏は灼熱地獄となる。

東向きは家賃も高くなることもあるようですが、後々の事を考えると多少の差額なら東や南向きの方がおすすめです。

◆周辺

daigaku_toudai大学周辺は避けたい。学生が深夜に麻雀やテレビゲームなどで大騒ぎする事も多い。東京で言えば八王子の一角には大学が集中している。

それと、高速道路や鉄道などの高架下付近は犯罪が多発するのでこれも十分気を付けたい(特に女性の場合は)。

私が昔住んでいたとこの近くに鉄道の高架下があったのですが、女性が襲われて殺害された事件がありました( ゚Д゚)・・・

女性の場合、駅から徒歩で長時間歩く物件は絶対にダメです。

スポンサーリンク

◆集合ポスト

post_chirashiなるべく大き目がベスト。浅いと盗難の被害に遭いやすい。私は定形外(縦長の郵便物)を一回やられたことがありました。

面倒でも鍵は絶対に必要です

古い団地に住んでいた時は鍵をしていない人がほとんどでビックリしたことがあります。鍵もした上で、こまめにポストの中はチェックすることが必要です。

それと、新聞を定期購読されている方が長期で不在にするときは必ず新聞販売店に連絡して止めてもらうようにしましょう。ポストに新聞がたくさん刺さっていると空き巣のターゲットになるからです。

◆下駄箱周辺

靴が収納できる棚や傘立てなどが置けるスペースがあることが最低条件。民間のアパートだったら下駄箱はあるとこが多いですが、私が住んでいた古いUR賃貸にはなかった。この場合は玄関に収納ボックスを置くしかありません。

◆ドアチェーン・インターホン

よほど古くない限りドアチェーンはある。しかし、インターホンがないと厳しい。いちいち玄関まで行って対応となる。できることならモニター付きがベスト(特に女性は)。それどドアチェーンは習慣が必要です。帰宅後は施錠とドアチェーンを忘れずに。

◆バス・トイレ

一体型はやっぱりキツイ。別々になっていること。お風呂は追い焚き機能がないと後々後悔することが多いです(冬のシャワーはキツイ)。なお、ユニットバスにお湯をはって入ることもできますし、実際私はやっていましたが真冬は結構な早さで冷めていきます。専用の追い炊き機があれば話は別。

またユニットバスは壁面がフラットなので掃除がしやすいですが、タイル貼りはカビが付着しやすいです。

後は小窓があれば換気しやすくカビの発生を抑えやすい。 トイレは音が気になるので、隣と背中合わせになっていない間取りを必ず選ぶこと。ウォシュレット設置のための電源コンセントがついていること。ない場合は他から電源コードを引っ張ってくるしかありませんが、ドアも閉まらなくなるのでみっともないです。

スポンサーリンク

◆キッチン

nagashidai_sink自炊派ならコンロが1つではダメ。炒飯程度の料理ならOK。シンク(流し台)は広ければ広いほど使いやすい(ファミリータイプは広いものが多く、逆にワンルームは狭いものが多い)。

食洗器を付ける人は内見時に必ず採寸しないと大変なことになる。

後、古い物件のキッチン台は異常に低く、腰痛の原因になりやすい。自炊する人は高さは妥協しない方がいい。

◆和室

窓を開けて換気できるかチェック。幹線道路沿いだとこれが出来ずに閉めっきりとなり畳がカビます。この場合除湿器は必要となります。

私は一回だけ和室の畳をカビさせたことがあり、掃除が大変でした。

◆収納

押し入れなど収納スペースは絶対に妥協しない方がいい。

多ければ多いほど後々助かることもあり。少ないと部屋に積むしかなくなる。とにかく収納スペースは重要です。できたら隣室との境が押入れになっているといい。

◆エアコン

setsuden_airconditioner付いている物件を選びたい。後付にすると転居の時に取り外して持っていかないといけなくなる。処分する時もお金がかかります。

かと言ってエアコンを我慢するのは熱中症の危険があるので注意です(近年の暑さは異常)。時間の問題で買うハメになるので買うなら早めに買っておいた方がいいです。

三菱重工(ビーバー)、三菱電機(霧ヶ峰)がブランドトップですが、安さなら東芝やパナソニック。十分冷えますので問題はありません。ただし、室外機の音(デシベル)はある程度こだわったほうがいいです。

室外機の音は騒音トラブルの一つになりやすいので(よほど古くなければ大丈夫でしょうが)。

◆ロフト付き物件

room_loftロフトとは部屋内にハシゴで上がれる空間のことです。

よほど断熱性の優れた物件でない限りやめた方がいい。夏は地獄のように暑くなります。物置きとして利用するならいい。ロフトをベッド代わりに使おうと入居して後悔する人が大勢います。真夏にロフトを下見後、納得してから入居するならいい。

◆壁

隣人との境の壁は押し入れなどで背中合わせになっている物件を選びたい。壁一枚だと鉄骨鉄筋であろうと音は筒抜けとなります。ここは絶対に妥協したくない。私が過去に住んでいた理想的な間取りの部屋もご覧ください。とにかく引越理由の多くが騒音なので、間取りがこだわった方がいいです。

◆角部屋

騒音問題が若干軽減されるが、夏は暑く、冬は寒くなりがち。カーテンも多目に必要となるので意外とお金がかかる。ワンルームだとそれほどでもないですが、2K以上のファミリータイプは注意です。

1階角部屋だと空き巣の被害にも遭いやすい。

こちらの記事も読まれています
Pocket




ダニ退治に効果的な方法とは

防ダニシート比較レビュー
どんな家にもいると言われるダニ。夏場に増殖したら徹底的に駆除しよう。

カテゴリー

Top