ダニ退治に最も効果的な防ダニシートを畳に敷いてダニを駆除しよう

ダニの被害にあった私が防ダニシートなどおすすめのダニ対策をご紹介しております。

◆おすすめのダニ対策グッズ

では、私が実際に使ったダニ対策グッズをご紹介します。

防ダニシート

ズバリ一番オススメなのは防ダニシートとダニアースと併用してを使うことです。この際、重要なのは防ダニシートを入れる場所です。防ダニシートについては使う場所によってコツがあるので場合分けしてみます。

畳や絨毯の場合

うちみたいに畳が敷いてある和室や絨毯が敷いてある洋室に机やテレビ、家具など色々置いてあると畳上げや絨毯取るのが超面倒。

いちいち家具を全部別の部屋に移動させて、部屋に何もない状態にしてから畳上げとかしたのでものすごく疲れる。しかも専用の道具がないと畳も上げられない。なのでそういうところに防ダニシートを入れる場合は持続期間ができるだけ長い商品を選ぶこと。

そういう場合はこちらの防ダニシートがおすすめ。持続期間が3年なので当分の間畳上げとかしなくて済みます。サイズは90cm×180cm(畳一畳サイズ)が2枚入ってます。

一日でピシャリとダニがいなくなるわけではないですが、徐々に減ってきていることを明らかに体感しています

ちょっと暗い画像で申し訳ないんですが、下のがこの防ダニシート。不織布みたいな感じで、ある程度のコシがあります。

うちではカーペットの下にこの防ダニシートを敷いてます(カーペットをめくって撮影しています)。

シートはだいたい畳一畳分の大きさのものが2枚入ってます。薄いのでカットして使うこともできますので便利です。私の部屋は4畳半なので2つ買いました。
3年も効果があるそうなのでコスパもいいですね。ヤフーカレンダーに入力して3年後にお知らせメールが来るようにしています。

フローリングやソファの場合

畳や絨毯がないフローリングやソファなどでは、防ダニシートをそのまま敷くわけにもいきません。ま、敷いちゃいけないわけではありませんが、そのまま敷いているのを見たことはありませんし、滑って転んで大けがするだけです。

そういう場合は小さいカーペットや敷物でも買ってその下にアース製薬のダニバリアを入れるといいです。持続期間が6か月とちょっと短めですが面積が小さければ交換も簡単にできます。

シートはこんな感じ。90cm×90cmのが2枚入ってます。

それまでは、キンチョールとかダニクリンとかを使っていたのですが、効果があるのかないのかイマイチ。長期的にダニを避けるのなら防ダニシートとダニアースの併用ですね。

ただし、掃除とか換気、夏場であれば除湿は絶対に必要です。ちなみにバルサンのダニ用も一週間おきに2回やりましたけど全く効果なし。

この防ダニシートを置いたら、手とか腕とかふくはらぎに「チクッ」ときていたのが激減しました。

数か月置けばダニは全滅するでしょう。

私はこれを毎年買って4月から10月まで敷いています。

それ以外の場合

それ以外の場合、例えばベッドマットの下や押入れ、机の足元など比較的狭い面積に置くならこれもアース製薬のダニバリアがおすすめ。机の足元の場合はやはり半間サイズぐらいのカーペットなどを買ってその下に入れます。

ちなみにダニバリアは持続期間は6か月なのですが、4月頃に置けば10月頃までもつ計算になります。ダニの増殖時期はだいたいこのあたりなのでちょうどいいです。価格もお手頃です。サイズは一枚が90cm×90cm(半間サイズ)

ベッドだったら2枚必要ですね。

自宅の机でネットとかやっていると足の裏とかがチクっときたらそれはダニです。足元にダニバリアを敷くだけでもこのチクっていうのが激減します。ただし、私の場合はそれでもたまにチクっとくるのでアースのダニアースも併用しています。

最強ダニ対策のダニ捕りロボ

あとダニ製品で売り上げ1位となったことで話題となったのが【ダニ捕りロボ】。有効期間は私が使ったダニシートと比べて短くて三か月なのですが、ダニを一網打尽にできるのがセールスポイントです。もちろん人体には無害であることは言うまでもありません。ダニ製品を色々ためして最終的に行きつくのがダニロボという話もききます。

◆注意事項

◆ダニアースはケチってはダメ

それで、色んな殺虫剤とか防虫剤とか使ったんですが、ダニアースが一番まともかな。

ただし、ダニアースはケチって使うと効果は半減します(体験済み)。3~4本まとめて買ってきて、1本は一日で一気に使うぐらいのことしないとダメでした。

使う部屋の広さにもよるんですが、私は四畳半にひと夏で3本は使いました。

◆ダニの現状

最後にダニの現状についてご説明します。

ダニは賢い

ダニはかなりしぶといです。布団を天日干ししても裏側に逃げてしまうし、逆向きにしてもまた裏側に逃げてしまう。掃除機で吸ってもカギ張りのような手足が布団の繊維に引っ付いて吸われないように踏ん張っているんです。

なんと生命力の高い生き物なのでしょう。

ちなみに布団の叩ぎ過ぎはNGなのだそうです。ダニの死骸や糞が粉砕されて室内に舞ってしまい、アレルギーの原因になるようです。布団だったら布団用のコインランドリーで高温で乾燥してダニを殺した後に洗って死骸を流し、また乾燥させればOKです。これを最初に洗ってしまってから乾燥にかけると死んだダニの死骸が布団から落ちないので意味がありません。ダニは洗濯では死なないからです。

ダニは他の部屋にも増殖していく

私の部屋(2階)にダニが繁殖してしまった時は、それ以外の部屋ではダニの被害はありませんでした。しかし、翌年に隣の部屋がその翌年にはそのまた隣の部屋もダニが発生していまったのです。

1階までは大丈夫であったのですが、やはり人に足の裏とかに引っ付いたダニが他の部屋にも用意に移動してしまったのかもしれません。なので、ダニは初期段階で徹底的に退治することが重要なのです。でないとダニに家を占領されてしまいますよ。

和室はダニが発生しやすい

mushi_dani和室は湿気が帯びやすく定期的に換気とかしておかないとカビが発生するほか、ダニの温床にもなります。

そんな部屋で寝てたりすると、夏場はダニに刺されて非常に痒みが止まらくなります。蚊とかでしたらウナコーワとかキンカンを塗ればすぐに痒みはなくなりますが、ダニの場合は2週間ぐらいの間、非常に痒くなります。私も経験があるのですが、この痒さは異常なほど痒く、皮膚がボロボロになるぐらいに掻いてしまったことがあります。中には痕になってしまう人もいるぐらいです。

ダニが発生しないようにする

後は除湿器などで湿度が上がらないように注意すればいいでしょう。除湿器はできたら持っておきたい家電の一つです。
ちなみにダニが発生しやすい条件は

・温度が25度から30度
・湿度が70%から85%
・部屋内にホコリや食べ物のカス、フケなどがあること
・ダニがもぐりこみやすい場所があること

以上だそうです。

本当はタタミの上には何も置かない方がいいのですが、素人が畳を上げて、防ダニシートを入れるのは非常に困難ですので、そういった場合は私のようにカーペットなど買って畳との間に防ダニシートを入れるしかありません。

なんと真冬もダニがご健在!!

ダニというと春先から夏の終わりまでというイメージですが、暖房器具が発達してきたことで真冬も足裏がチクリとダニに刺されるケースが!!

かと言って、寒い冬に暖房しないわけにもいかず・・・

本当に生命力が強い連中であります。ダニによるアレルギー発症で、そのまま花粉症にでもなったら年中たまったものではありません。

まつ毛にダニが繁殖したなんて話も聞きました。アイメークを落とした後に不潔な状態にしたままにするとダニが繁殖するとか・・ヒェ~~!!!

とにかくダニは不潔が大好きなんで掃除・換気は欠かせませんね。

Pocket

こちらの記事も読まれています



ダニ退治に効果的な方法とは

ダニ退治
どんな家にもいると言われるダニ。夏場に増殖したら徹底的に駆除しよう。

カテゴリー