UR賃貸団地で光回線の工事はできないと言われた!インターネットを使用するにはどうする?

2021年3月1日

UR賃貸団地で光回線の工事はできないと言われたは理由は?開通工事がダメでもインターネットを使用する方法をご紹介!

UR賃貸団地で光回線の工事はできないと言われた!どうする?

UR賃貸団地では築年数が古いUR賃貸団地はリフォームだけでなく建て替えも計画的に行っていますが、数年以内に建て替えを予定しているような団地は新たに光回線の工事をするのは無意味なので申し込んでも断れらるのが普通です。

UR賃貸団地で光回線の工事ができない主な理由

UR賃貸団地で光回線の工事ができない理由には下記のようなものがあります。

光回線の工事ができない主な理由
  1. 建て替えが数年後に迫っている
  2. 建物が古すぎて光回線対応の配管やケーブルがない
  3. 光回線サービスエリア外

例えば、UR賃貸団地では千葉に「豊四季台」という団地がありますが、ここは光回線は全滅でケーブル回線大手のJCOMも利用不可能です。無線回線が現実的な選択肢になってきます。

このようなインターネット回線の利用に大幅に制限を受ける団地は少ないですが、それでもフレッツ光回線やKDDI回線など全ての回線に対応している団地は今のところ極わずかです。

特定の光回線が利用できないだけの事もありますのでその辺も含めて対応策を次項でご説明致します。

UR賃貸団地で光回線工事ができない場合の対応策

他の光回線を検討する

どの光回線の工事もできないと言われたのであれば光回線は諦めるしかありませんが、一つの光回線に申し込んで工事ができないと言われただけであれば他の光回線が利用できるかまずは検討しましょう。

NTTのフレッツ光回線は利用できないが、KDDI回線なら利用できるというケースもいっぱいあるからです。その逆も然り。

当サイトではお住まいのUR賃貸団地名を入力するだけで利用可能な光回線を検索できるサービスをご提供しています。他の光回線も含めて利用できるかどうか一発で調べることができますのでご利用下さい。

無線回線(工事不要)

やはりどの光回線の工事もできない場合はまずは無線回線を検討しましょう。工事が必要なく(もちろん工事費用もなし)、電波さえ受信できればすぐにインターネットを利用できるからです。

無線回線ならいつ建て替えで立ち退きがあっても、転勤や家庭の事情で引っ越しが急に決まっても機器を転居先に持っていくだけでいいので気楽です。解約したり、契約し直す必要は全くありません。

ゲームや動画をたっぷり利用するようなヘビーユーザーの方には無線回線は環境によって不安定な時もあるのでおすすめできませんが、そうでなければ手軽に申し込めるのでおすすめです。

無線回線と言っても実質無制限のプランもありますし、WiMAX 2+であれば下り最大440bpsという光回線顔負けの速度が出るものもあります。

おすすめは通信速度の速いWiMAX 2+です。どこの代理店で申し込むのがお得になるかは「ポケットWi-Fi」か「置くだけWi-Fi」かで異なりますので下の記事をご覧下さい。

ポケットWi-Fi

一人暮らしならポケットWi-Fiがおすすめ。家でも外でも小型のWi-Fiルーターを持っていればWi-Fi接続でインターネットができます。特に外出時にスマホと一緒に持ち歩けばいつでもWi-Fi接続できますので格安SIMのスマホに加入することで月額料金を節約できます。中には契約期間の制限なしでしかも解約料も無料のものもありますので、仕事に支障があるので一旦無線回線でもいいので申し込みたい方におすすめです。

ポケットWi-Fiをお得に申し込むことができる代理店(プロバイダ)は下の記事をご覧下さい。

ポケットWi-Fiのおすすめ

置くだけWi-Fi

置くだけWi-FiはポケットWi-Fiのように外に持ち歩くことはできませんが(コンセントが必要なので)、ポケットWi-Fiに比べて機器のスペックが高いので電波を受信しやすくなっています(同時接続台数もポケットWi-Fiよりも多い)。

一人暮らし以外であれば置くだけWi-Fiの方を絶対におすすめします。

置くだけWi-Fiをお得に申し込むことができる代理店(プロバイダ)は下の記事をご覧下さい。

置くだけWi-Fiおすすめ

ケーブル回線

UR賃貸団地においては、光回線がダメでもケーブル回線なら利用可能というケースも少なからずあります。

JCOM(ジェイコム)

ケーブル回線最大手がJCOMです。特に都市部に強く、インターネットだけでなく動画や有料テレビ、ガス、電気、電話などジェイコムでまとめて契約することができます。

光回線に比べて速度が遅いという口コミもありますが、有線なので無線回線よりは安定しています。

オンラインゲームや大容量動画を頻繁に見たい方は無線回線よりもJCOMのようなケーブル回線がおすすめですが、すでに光回線の工事ができないということで時間が相当経過している場合は無線回線の方が圧倒的に早くインターネットに繋げることができますし、月額料金もケーブル回線より安くて済みます。

JCOMのおすすめプランとお得な代理店を下の記事でご紹介していますのでご覧下さい。

JCOM