UR賃貸団地でインターネットが遅いのはVDSLのせい?速い光回線は?

2021年4月23日

UR賃貸団地でインターネットが遅いのはVDSL方式のせい?おすすめのWiFiルーターやその置き場所、フレッツ光回線とKDDI回線でおすすめの光回線、転用のやり方などもご説明しています。

UR賃貸団地でインターネットが遅いのはVDSL方式のせい?

インターネットが遅い原因はVDSLだからでしょうか?もちろん、局舎から部屋まですべて光ファイバーを使う光配線(FTTH)方式に比べれば、VDSL方式の理論的には遅いですが、ちょっとしたコツで改善できる場合もあります。

そこで、光回線を少しでも速くするコツと、乗り換える場合、どの回線やプロバイダが速いのかなどを含めてご説明いたします。

遅いネット回線を速くする対策
  1. WiFiルーターを確認してみる
    ┣置き場所を変えてみる
    ┣主流の規格か確認してみる
    ┗有線(LANケーブル)にしてみる
  2. 光回線のプロバイダを替えてみる
  3. 高速モバイル回線「WiMAX2+」を試してみる

WiFiルーターの置き場所を替えてみる

もし、室内で無線LANの環境であればWiFiルーターの置き場所を変えることで速度が上がることもあります。これは置き場所次第でそのWiFiルーターの性能が最大に引き出せるからです。

WiFiルーターを置いてはいけない場所

床、棚の下段は障害物(家具など)が多いので、そういう下に位置にWiFiルーターを置いてしまうと電波が弱まってしまいます。

・また、窓際や部屋の隅もNG!WiFiルーターの電波の一部が外に飛び出してしまうからです。

・さらにパソコンの横など熱くなりやすいところもNG!精密機器は熱に弱いのでできるだけ熱がこもりにくい位置に置くよう心がけましょう。

・後は電子レンジなどの電子機器のそばも電波が干渉してしまうのでWiFiルーターのパフォーマンスが落ちると言われています。

WiFiルーターを置きたい場所

できることなら部屋の中央。しかも床からある程度離れている位置がベストです。電波の流れが良くなり、速度にも貢献します。

間取りによっては部屋の中央に置くのは難しいかもしれません。色々置き場所を変えてみてパフォーマンスがアップするか地道に試してみましょう。

一度無線LAN環境に慣れてしまうとLANケーブルに戻すのは煩わしい配線の関係から難しい。ムラなく電波を届けるには中継器を導入するという手もあります。

WiFiルーターが主流の規格か確認する

WiFiルーターは規格が「11ac」を選ぶこと

v6プラス対応のWiFiルーターを無料でレンタルしているユーザーの方は多いかと思いますが、ご加入の光回線サービスによってはWiFiルーターをケチっていることもあります。

また、レンタルはしていなくてもご自分で買われたWiFiルーターをお使いの方もいるかと思います。

このWiFiルーターを高スペックのものに取り替えることで速くなるケースも少なくありません。

光回線が速くても使っているWiFiルーターのスペックが低いと光回線本来の速度が出ません

なお、WiFiルーターが様々な規格があるのですが、規格が現在主流の「11ac」か「11ax」の製品を選ぶことが重要です。

ただ現在は「11ax」は最新の規格ですが、まだ価格が高く対応機器も少ないため、「11ac」がおすすめ。これならほとんどの機器が繋がります。

「11ac」より前の規格は「11a」「11b」「11g」「11n」がありますが、これらをお使いの方は「11ac」のWiFiルーターに替えることで速度改善が期待できます。

また「11ac」は通信速度だけでなく安定性も飛躍的に向上しています。WiFiは規格のバージョンアップを繰り返し行っていますが、「11ac」は「11n」の10倍以上の速度となっています。

購入された方の中には「爆速になった」という声もあります。

LANケーブルで接続してみる

いくらWiFi技術が進歩しても有線の方が安定して速度も速いに決まっています(今のところは・・)。

WiFi接続ではなくLANケーブルによる接続にしてみてはいかがでしょうか。デスクトップやノートパソコンならもちろん、iphoneやアンドロイドでもLANアダプタがありますので、LANケーブルで接続することができます。

スマホだと有線LAN接続できないと思っている方も多いようですが、実はできるんですよね。ただし、アンドロイドはすべての機種で対応しているわけではありません。

光回線(プロバイダ)を変更する

すでにルーターの置き場所などを確認したけど、それでも遅い場合はプロバイダを変更してみてはいかがでしょうか。

主な光回線の実測値

お使いのスマホを基準に、速度だけでなくお得度、企業の信頼性、UR賃貸団地の対応なども加味した実測値上位の光回線(光配線方式)が下表の通りです。

光回線実測値(2021年5月版)
サービス利用
回線
下り実測値
(Mbps)
月額料金
(3年平均)
キャッシュ
バック
ドコモ派ドコモ光
v6プラス違約金負担
NTT279.684,400円最大20,000円
au派auひかり
v6プラス
KDDI458.124,180円最大51,000円
So-net光プラス
人気!v6プラス
NTT271.813,461円0円
ビッグローブ光
v6プラス
NTT226.314,378円26,000円
ソフト
バンク派
ソフトバンク光
v6プラス違約金負担
NTT264.154,180円36,000円
その他
(格安SIM)
OCN光
人気!v6プラス
NTT235.323,960円32,000円
So-net光プラス
v6プラス
NTT271.813,461円0円
※実測値は光配線方式(参照:みんなのネット回線速度)
※「その他」は大手キャリア以外かスマホ無しの方向け
v6プラスは光回線の通信が快適になる次世代接続方式
ポイント
  1. ドコモ光やソフトバンク光は違約金負担キャンペーンを実施しているので、それぞれのスマホユーザーであれば現在のプロバイダを途中解約しても乗り換えやすいです(ただし、ドコモ光はキャッシュバック特典との併用不可)。
  2. auひかりはKDDI回線を独占するのでフレッツ光回線よりも速いですが、KDDI回線対応の団地しか契約できません(お住まいの団地で使用できるかはこちら)。その場合はOCN光やSo-net光プラスなどフレッツ光回線を利用するプロバイダがおすすめです。
  3. IPv6(光回線の速度低下を防ぎ快適な通信を可能にするサービス)非対応の光回線(エキサイト光など)は避けた方が無難です(大手で非対応はあまりありませんが)。

転用・事業者変更なら工事不要で乗り換え可能

現在お住まいのUR賃貸団地でフレッツ光回線を利用したサービスを利用しているのでしたら、光コラボであれば転用か事業者変更という形で基本的に工事不要で乗り換えできます。

工事不要だと当然工事料もかからないわけですから、キャッシュバック特典があるところだと実質月額料金を低くすることができます。

OCN光の場合、代理店「ラプター」から申し込むと新規・転用・事業者変更いずれでも32,000円満額キャッシュバックを受け取れますのでおすすめです。

オプションに加入する必要もありませんのでかなりお得です。

転用・事業者変更の場合、また同じフレッツ光回線を利用することになりますが、プロバイダを変更することによって通信速度が上がるケースもありますので試してみる価値が十分あります。

なお、新規、転用、事業者変更についてわからない方は下の説明をご覧下さい。

新規・転用・事業者変更とは?
  1. 【新規】
    NTT東日本/NTT西日本が提供する「フレッツ光」や「光コラボ」などの光回線以外のインターネット環境から光コラボに申し込む場合、「新規」という扱いになります。開通工事が必要です。ADSLから光回線にする場合などは新規になります。
  2. 【転用】
    NTT東日本/NTT西日本が提供する「フレッツ光」から光コラボに乗り換えること。原則工事が不要です。
    例:フレッツ光 ドコモ光、フレッツ光 ソフトバンク光
  3. 【事業者変更】
    現在使用中の光コラボから別の光コラボへ乗り換えること。原則工事が不要です。
    例:OCN光 So-net光プラス、ビッグローブ光 ドコモ光

転用や事業者変更だとキャッシュバック特典が新規よりも減らされることが多いですが、「OCN光」のように新規・転用・事業者変更問わずキャッシュバックが満額もらえるところもあります。

ドコモ光

ドコモ光キャンペーン情報

1.新規工事料無料!
2.他社からの乗り換えで解約違約金20,000円還元!
3.最大現金20,000円キャッシュバック!
4.工事完了までモバイルWiFi最大3か月無料レンタル!
詳しくはドコモ光(GMOとくとくBB)

ドコモユーザーなら「GMOとくとくBBドコモ光」がおすすめ!
  1. ドコモ光はドコモ携帯が割引される唯一の光回線
  2. 「GMOとくとくBBドコモ光」なら最大現金20,000円キャッシュバックやv6WiFiルーター無料レンタルなど特典多数!
  3. 次世代v6プラスで、下り最大速度317.17Mbps!
  4. 新規工事無料中!
  5. ドコモポイント2000ptがもらえる!
  6. 2020年オリコン顧客満足度No.1(GMOとくとくBB)
  7. 他社解約違約金20,000円還元!(GMOとくとくBB)
  8. NTTフレッツ光回線を利用するのでUR賃貸団地でも契約しやすい!

ドコモの携帯をお使いの方は「ドコモ光」がおすすめです。ドコモのスマホが安くなる唯一の光回線です。フレッツ光回線利用者が多いことからするとフレッツ光回線を利用するドコモ光は遅いと思うかもしれませんが、ドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」で申し込むと、v6プラス対応の高速WiFiルーターが無料でレンタルできる上、公式数値では下り最大速度334.87Mbpsをマーク。口コミを見ても「速さを自慢するだけはある」との評価が多いです。

また、ドコモ光のプロバイダでもある「GMOとくとくBB」では他社解約違約金20,000円還元キャンペーンを実施中です。ただしこれはキャッシュバック特典との併用が残念ながらできません。

しかし、オプションを一切付けないとキャッシュバック額が5,500円になりますが、それならば他社解約違約金20,000円を選んだ方がお得になります

なお、ドコモ光の申し込み窓口は公式サイトを始めいくつかありますが、プロバイダの一つであるGMOとくとくBBから申し込むのがキャッシュバックなどの特典も含めて定石とされています。

お住まいのUR賃貸団地がフレッツ光回線対応団地であって、ドコモのスマホをお使いであれば「ドコモ光」をGMOとくとくBBからお申込みになるのが最もお得です。

詳細・お申込みはこちら!

auひかり

auひかりキャンペーン情報

1.最大現金51,000円キャッシュバック中!
2.他社から乗り換えで最大現金30,000円キャッシュバック中!
3.WiFiルーター無料プレゼント!
詳しくはauひかり(GMOとくとくBB)

auユーザーなら「GMOとくとくBB auひかり」がおすすめ!
  1. auひかりとauひかり電話のお申込みで永年スマホ割引(1台あたり最大月額1,000円)
  2. KDDI回線を独占できるので通信速度が速い!動画サクサク!
  3. UR賃貸団地なら最大現金51,000円キャッシュバック!
  4. 2年契約で工事費が無料!
  5. v6プラス対応 高性能 WiFiルーターが永久無料
  6. 2020年オリコン顧客満足度ランキング『2年連続お客さま満足度No.1』(GMOとくとくBB)

KDDI回線はフレッツ光回線の利用者よりもずっと少ないので速度が速いと言われています。実測値最大465Mbpsはフレッツ回線を大きく凌駕!

しかし、UR賃貸団地ではフレッツ光対応団地と比べて圧倒的に少ないです。

お住まいのUR賃貸団地がKDDI回線対応物件であって、auのスマホをご利用であれば「auひかり」を迷わずおすすめします。

なお、「auひかり」は公式サイトでもお申込みできますが、プロバイダの一つである「GMOとくとくBB」から申し込むのがオススメ。v6対応WiFiルーターの無料レンタルや、最大50000円のキャッシュバック特典などがあり、公式サイトや他の代理店と比べて圧倒的にお得です。

詳細・お申込みはこちら!

So-net光プラス

So-net光プラスキャンペーン情報

1.V6プラス対応WiFiルーター永年無料中!
2.新規工事料無料中!
詳しくはSo-net光プラス

UR賃貸団地で安い光回線なら「So-net光プラス」がおすすめ!
  1. 2年間ずっと2,728円の格安光回線!
  2. auユーザーならひかり電話同時加入でスマホ割!
  3. V6プラス対応WiFiルーター永年無料中!
  4. 新規工事が無料!
  5. 無料訪問設定サポート1回分無料!
  6. セキュリティソフト「S-SAFE」も最大7台まで無料!
  7. NTTフレッツ光回線を利用するのでUR賃貸団地でも契約しやすい!

auのスマホをお使いでフレッツ光回線対応団地なら「So-net光プラス」がオススメ。

V6プラス対応であることはもちろん、下り最大速度が1Gbps(理論上)、そして月額も2年間は毎月2,728円という安さ。しかもWiFiルーターも無料でレンタル可能です。

プロバイダはSo-net一つだけになりますが、安さと質のバランスの取れます。

So-net光プラスはauスマートバリューの対象ですので、auユーザーならもちろん、格安SIMをご利用の方にもオススメのプロバイダとなります。

ただし、3年目から月額料金が上がるので節約派なら3年で見直すのがおすすめです。

詳細・お申込みはこちら!

ソフトバンク光

ソフトバンク光キャンペーン情報

1.新規ならオプションなしでも現金36,000円か現金31,000円+Wi-Fiルータープレゼント中!
詳しくはソフトバンク光(エヌズカンパニー)

ソフバンユーザーならソフトバンク光(エヌズカンパニー)がおすすめ!
  1. ソフトバンク携帯ユーザーならスマホ割あり!
  2. オプション加入なしで現金36,000円か現金31,000円+Wi-Fiルータープレゼント!(特典進呈率100%)しかも申込み時の電話で手続き完了で最短2ヶ月で振込!
  3. 開通するまでWiFi機器無料レンタル!
  4. 他社違約金、撤去費用などを最大10万円までキャッシュバック!
  5. NTTフレッツ光回線を利用するのでUR賃貸団地でも契約しやすい!

ソフトバンクのスマホをお使いの方は「ソフトバンク光」がおすすめ。「ソフトバンク光」は実はNTTのフレッツ光回線を利用しています。プロバイダは「Yahoo!BB」のみ。下り最大速度が1Gbps。

しかも、「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」という他社違約金、撤去費用などを最大10万円までキャッシュバックするというキャンペーンを実施しているので非常に乗り換えやすいです。

問題はどこで申し込むかですが、公式サイト以外にも様々な代理店で申し込みできますが、一番特典が良いのがエヌズカンパニーです。

転用でもなんと15,000円のキャッシュバック。新規なら33,000円キャッシュバック、または28,000円キャッシュバック+ハイグレードWiFiルーターをプレゼント!しかもオプション不要で最短2ヶ月で現金振り込みも嬉しいポイント。

転用の場合は、キャッシュバックのお金で主流の「11ac」WiFiルーター買っておきましょう(現在お使いなら不要ですが)。もし、古い規格のWiFiルーターをお使いであれば「11ac」にすれば劇的に速度は上がると言われていますので是非ご確認下さい。

なお、ソフトバンクのスマホをご利用であれば「ソフトバンク光」ならスマホ代が毎月500円~1000円割引になりますので特におすすめします。

詳細・お申込みはこちら!

OCN光

OCN光キャンペーン情報

1.オプションなしでも現金32,000円か現金27,000円+Wi-Fiルータープレゼント!
詳しくはOCN光(ラプター)

OCN光のポイント
  1. ラプターなら「オプション加入不要」で現金32,000円か現金27,000円+Wi-Fiルータープレゼント!
  2. 2年自動更新で毎月1,000円割引!
  3. 格安SIM「OCNモバイルONE」と「OCN光」をセットで加入するとスマホ割あり!(1台につき200円で最大5契約まで)
  4. アジア唯一の「Tier1」のIPバックボーンを持つ安定した回線品質を実現!
  5. OCNはNTTのグループ会社なので安心感がある!
  6. NTTフレッツ光回線を利用するのでUR賃貸団地でも契約しやすい!

「OCN光は遅い」という評価も過去にありましたが、「iPv6」対応になったことによって速くなったとの評価も増えています。

公式サイトでも次世代高速通信IPoE方式による高速化を前面に押し出したアピールをしているぐらいです。ただし、時代はiPv6の時代になっているので、OCN光が他社プロバイダと並んだという解釈もできます。

それでもOCNはNTTグループでもあるので、回線の安定性、安心感、手厚いサポートにおいてアドバンテージがあります。

月額料金も初月から同じ料金なので安心して契約でき、気づいた頃にいつのまにか高い料金に変更されていたということもありません。

なお、申し込みは公式サイトだとキャッシュバックがありません。しかし、代理店「ラプター」で申し込んだ場合はオプション加入なしでも高額キャッシュバックを実施していますので同じサービスでもこちらから申し込んだ方が圧倒的にお得になります。2年自動更新にすれば月額料金が1000円割引されます。

安いと言われたSo-net光プラスが2020年秋に値上げされ(しかもキャッシュバック特典なし)、3年目から月額料金も上がることを考えると、「OCN光」をラプターから申し込んで高額キャッシュバックを受けた方が中長期的にお得になります。

詳細・お申込みはこちら!

ビッグローブ光

ビッグローブ光キャンペーン情報

1.最大現金30,000円か現金14,000円+Wi-Fiルータープレゼント!
詳しくはビッグローブ光(NNコミュニケーションズ)

ビッグローブ光のポイント
  1. au携帯ユーザーがビッグローブ光とビッグローブ電話にセットで申し込めば永年スマホ割引
  2. 現金30,000円か現金14,000円+Wi-Fiルータープレゼント(要光電話加入)!しかも最短2ヶ月で振込!
  3. 新規で3年プランなら初期工事費実質無料!
  4. NTTフレッツ光回線を利用するのでUR賃貸団地でも契約しやすい!

ビッグローブ光もiPv6対応になり、高速通信が可能になりました。同じフレッツ光回線でもプロバイダを変更することによって、通信速度が改善することも珍しくありません。

上でご紹介した実測値では他社に比べて若干平均値が劣りますが、ほとんど差がなしと言ってもいいでしょう。

OCN光と比較されがちなビッグローブ光ですが、こちらはauスマートバリュー対象なのでauスマホをお持ちであればひかり電話加入で割引対象になります。

どこから申し込むかですが、こちらもキャッシュバックが一番多い代理店を選ぶのが鉄則で、「NNコミュニケーションズ」がおすすめ。オプション加入なしだと思いっきりキャッシュバックが低くなるところもある中、こちらは満額出ます。

しかもひかり電話の同時申し込みで4000円上乗せしてくれるので、実質的にひかり電話約8か月分が無料になります。

3年契約ですと新規工事料も無料になりますのでその場合はキャッシュバックでもらったお金をまるまる使えることになります。

詳細・お申込みはこちら!

フレッツ光回線からフレッツ光回線への乗り換え手続きは?

現在NTTフレッツ光をご利用の場合で、他社のフレッツ光回線のサービス(上記3つの光回線など)に乗り換える場合は「新規」ではなく「転用」手続きとなり、工事は不要となります。

例として、フレッツ光公式からSo-net光プラスに乗り換えた場合は下記の流れとなります。

転用の手順
  1. NTTで転用承認番号を申し込む( 東日本西日本
  2. So-net光プラスに申し込む(転用承認番号必要)
  3. NTTフレッツ光のプロバイダを解約する(プロバイダが同じ場合は解約の必要なし)

高速モバイル回線「WiMAX2+」を利用してみる

高速モバイル回線「WiMAX2+」はすでにご存じでしょうか?

まだご利用したことがなければ一度「WiMAX2+」に変更(乗り換え)されてみてはいかがでしょうか。

「WiMAX2+」はUQコミュニケーションズが運営する高速モバイル回線で、通信速度を重視する方が好むサービスとなります。

データ容量無制限プランと7GBプランがあります(人気は無制限プラン)。一応速度制限はありますが、回線を独占するような無茶苦茶な使い方をしない限り制限を受けることはありません。また、仮に制限を受けたとしても切断されるわけではありません。

WiFiルーターはポケットWiFi(携帯型)と置くだけWiFi(据え置き型)があり、以下のような特長があります。

WX06
人気!
W06WiMAX
HOME 02
タイプポケットWiFiポケットWiFi置くだけWiFi
対応エリアWiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
最大速度440Mbps1.2Gbps
(1,200Mbps)
440Mbps
連続通信約14時間約9時間*
同時接続台数最大16台最大16台最大20台
クレードル
(充電台)
×*
重量約127g約125g約218g
電池パック
(別売) 交換
×*
電池容量3,200mAh3,000mAh*
製造NECファーウェイ
(HUAWEI)
NEC

一人暮らしなら機器を家でも外でも独占できるポケットWi-Fi(モバイルルーター)がおすすめ。家族持ちなら据置型の置くだけWiFi(ホームルーター)がおすすめです。

次にモバイル回線(WiMAX2+)のメリットについてポイントは以下の通りです。

モバイル回線(WiMAX2+)のメリット
  1. 下り最大1.2Gbpsの超高速通信(ただし条件あり)
  2. WiFiがつながりにくい場合はauの4GLTE回線(キャリア通信)も利用可能
  3. 工事必要なし(立会もなし)
  4. 機器が到着次第即日ネット開通可能(設定も簡単)
  5. 常時WiFi接続でスマホ代削減可能
  6. データ容量を気にしなくて済む無制限プランもあり
  7. 指定期日までに返品すればキャンセル料不要

工事が不要なので、UR賃貸団地のような集合住宅でも電波が届けば基本的に利用可能です。非常に手軽に申し込める回線と言えるでしょう。

解約違約金負担があるネット回線

他社からの乗り換え時に解約違約金を負担してくれるところもありますので、こうした特典を活用すれば乗り換えしやすくなります。

解約違約金負担があるネット回線
(2021年5月)
解約負担金
備考
ソフトバンク光
(エヌズカンパニー)

光回線
最大100,000円解約違約金
撤去工事費
アナログ電話復活工事費
モバイルブロードバンド割賦残債
ドコモ光
(GMOとくとくBB)

光回線
20,000円ドコモ光(2年定期契約プラン)の申込みの場合
※キャッシュバック特典との併用不可
モバレコエアー
置くだけWiFi
最大100,000円固定回線:最大10万円
モバイルルーター:最大42,000円

関連コンテンツ