UR賃貸団地でJCOMのインターネットおすすめプランは?

ほとんどのUR賃貸団地で対応可能なJCOM(ジェイコム)です。UR賃貸団地などの集合住宅に住んでいる方を対象におすすめのプランをわかりやすく説明致します。

◆UR賃貸団地で光回線が非対応ならJCOMもあり

UR賃貸団地の公式サイトで物件を見ると、ケーブルテレビ(JCOMなど)と光回線(VDSL方式)対応の物件が極めて多いです。逆に最速の光回線(光配線)対応物件は少ないです。

光回線対応なら光回線を選択した方が価格的にもサービス的にも無難ですが、ケーブルテレビのみ対応という場合はJCOMのインターネットや無線回線などを選択肢に入れる必要があります。

JCOMはインターネット、テレビ、電話、電気、ガスのサービスを提供しているので、これらを別々に契約するのは面倒という方にはおすすめできます。

できるだけ通信費などを節約したい方は別々に契約した方がベストですが、時間も手間もかかります。

◆UR賃貸団地でJCOMのインターネットおすすめプランは?

JCOMではインターネットや専門チャンネル(テレビ)だけでなく、電話やガス、電気のサービスも提供しており、これらをセットで契約するとお得な料金プランを設定しています。

ただし、電話もガスも電気もセットにしてしまい、後でお住まいのUR賃貸団地が光回線(光配線)対応になった時の事を考えるとあまりセットにするのはおすすめはしません。

そうすると、インターネットと専門チャンネルや動画見放題がセットのプランがいいかと思います(※インターネット単体だと割高)。

速度重視ならNET 320Mコース(月額6180円)

インターネット(最大320Mbps)と専門チャンネルが見れるコースです。月額6180円です。

期間限定で6180円というわけではなく、ずっと同じ料金です。

UR賃貸団地などの集合住宅で契約できるJCOMネットの最高速度です。

前述の通り、プロバイダー料金込みで、専門チャンネルも見れるので懐かしのテレビやドキュメンタリーなども楽しみたい方で別々の会社に申し込むのが面倒という方にはおすすめです。

NETパック 320Mコース

安さ重視ならNETパック 120Mコース(4680円)

こちらもネットだけで契約するより月額料金がお得になるサービスです。

これは回線速度は120Mbpsと先ほどのNET 320Mコースよりもさらに遅いですが、動画約10,000本見放題とセットになって、4680円(税抜き)となります。

ただ、光回線が1Gbpsあたりですから1/8の速度となることと、専門チャンネルではなく動画になります。

NETパック 120Mコース

主なJCOMプラン(西東京エリア)

auスマートバリュー対象を除く

回線速度 専門チャンネル 動画
(10000本)
料金
NET 120Mコース 120Mbps × × 5680円
NET 320Mコース 320Mbps × 6180円
NETパック 120Mコース 120Mbps × 4680円
NETパック 320Mコース 320Mbps × 5380円

NET 120Mコースがインターネットのみのサービスで、NETパック 120Mコースがインターネットと動画10000本見放題ですが、回線速度は同じなのにこちらの方が1000円安いという奇妙な料金設定になっています。

インターネットだけ使えればいいんだという方でも動画見放題とのセットのプランに入った方が月額料金が低いということになります。

最後にJCOMのインターネットのメリットとデメリットについて簡潔にご紹介します。

◆UR賃貸でJCOMのメリット

UR賃貸団地ならほとんど対応

プロバイダー契約不要

インターネット初期設定が無料

専門チャンネル視聴はアンテナ不要

UR賃貸団地ならほとんど対応

ケーブルテレビ(インターネット)はUR賃貸団地ではほとんどの物件で対応可能となっています。

光回線に申し込んだけど非対応で断られてしまった場合や無線回線だと受信が安定しない場合などはJCOMならばほぼ大丈夫です。

光回線に対応するまでのつなぎとして考えることもできます。

プロバイダー契約不要

通常は回線契約とプロバイダー(sonetなど)契約の2つが必要で、どこのプロバイダーにしようか迷うことも多いかと思いますが、JCOMインターネットの場合はプロバイダー契約不要です。

アンテナ不要

専門チャンネルだとBSのように専用アンテナが必要だと思われるかもしれませんが、ケーブルなのでアンテナは不要です。当然アンテナ設置工事も必要ありません。

インターネット初期設定が無料

機械ものに弱い高齢の方などはインターネットの初期設定が難しいと思いますので、無料でやってくれるサービスは心強いですね。

◆UR賃貸でJCOMのデメリット

光回線でない割りには高い

速度が遅い

抱き合わせプランが多い

光回線でない割りには高い

念のため確認しておきますが、JCOMのインターネットは光回線ではありません。ケーブル回線を利用したインターネットになります。

光回線でない割りには高いと言われています。

速度が遅い

JCOMの最高速度の320Mコースは最大通信速度320Mbps(下り)です。

ちなみに光回線(光配線方式)では1Gbpsあたりが主流なので約1/3になります。

確かに現在主流となっている光回線の光配線方式に比べれば見劣りしますが、UR賃貸団地では光回線の光配線方式は一部の高級物件や新築物件しか対応していません。

光回線でもVDSL方式やLAN方式になることが多いです。特にUR賃貸の場合はVDSL方式が目立ちますね。

で、VDSL方式になると100Mppsになるので、そうなるとJCOMの320Mコースの方が3倍速いということになります。

JCOMが遅いという評判はあくまで光回線における光配線方式との比較で言えることなのです。

ただ、今まで光回線の光配線方式でネットをやっていた方がUR賃貸団地に引っ越してケーブルネットを使うと遅く感じることは多いと思います。

動画やゲームをよくするというヘビーユーザーの方にはあまりおすすめできないJCOMですが、ネットサーフィンやメールなどがメインの方であればそれほど不満はないかと思います。

ちなみにJCOMでも1Gbpsコースを開始していますが、これは戸建限定のためUR賃貸団地では契約できません。集合住宅での最速は320Mコースとなります。そして320Mコースが人気ナンバーワンです。

抱き合わせプランが多い

JCOMは抱き合わせプランが多く、単体でインターネット契約すると割高です。一見安く見えるようなプランでもauスマートバリュー加入者が条件であったり、月額3500円とあってもそれは4か月限定であったりなど、インターネット回線契約特有の広告があり、よく確認しないと後でこんなハズじゃなかったとなります。                                             

10000本の動画見放題とセットにすると税抜きで5000円を切るプランがあります(後述)。これはauスマートバリュー加入者などの条件はありません。

光回線が非対応ならばJCOMなどを検討し、光回線が対応になり次第、再検討されると良いかと思います。

カテゴリー

Top