UR賃貸団地でもADSL回線終了に!乗り換えはどうすればいい?

UR賃貸団地でもADSL回線終了に!安くてそこそこ速度も出たADSLでしたが、ついに終了することに!

UR賃貸団地住民はどうすればいい?おすすめの乗り換え先などをご紹介致します。

◆2024年3月末までにADSLサービスが終了

2000年代前半から急速に普及したADSLサービスですが、アナログ電話回線の廃止や設備の老朽化により廃止になります。

非常に優れたサービスでありましたが嫌でも乗り換えが必要になります。

◆主なADSLの対応状況

各社新規受付は全て終了しています。サービス提供終了につきましては各社によって異なるようです。

★フレッツADSL(NTT東日本・西日本共通)

新規受付終了:2016年6月30日(木)※終了済

サービス提供終了:2023年1月31日(火)

★YahooBB!ADSL

新規受付終了:2019年2月28日(木)※終了済

サービス提供終了:2024年3月末

※2020年3月以降に一部の地域から順次終了

★楽天ブロードバンドADSL

新規受付終了:2019年2月28日(木)※終了済

サービス提供終了:2023年(一部サービス終了対象外あり)

★ニフティADSL

新規受付終了:2019年2月28日(木)※終了済

サービス提供終了:2023年1月31日(火)

局舎から離れるほど速度が落ちるというデメリットもありましたが、料金も比較的安く、同じADSLサービス同士であれば通話料無料という大きなメリットもありました。

◆UR賃貸公式サイトでネット回線対応状況を確認

UR賃貸団地では公式サイトで回線可能状況を確認できます。

各物件のお部屋情報にインターネット回線の対応状況の欄が必ずあります。下のように書かれています。

エレベーター、エアコン、ドロップインコンロ、自動お湯張り機能、オートドアロック、モニター付インターホン、床暖房、温水洗浄便座、独立キッチン、防犯カメラ、浴室換気乾燥機、プレイロット、CATV、BS110CS、VDSL、住棟内LAN(LAN方式)、ADSL、光配線、アルコーブ、バス・トイレ別、洗面所独立、追い焚き、トイレコールバスコール、洗濯機置場(室内)、全居室収納、収納(物入)、クローゼット、玄関収納、バルコニー

上の例では光回線3種類が全部対応です(光配線、LAN、VDSL)。またCATV(ケーブル回線)も対応となっています。無線回線は受信さえできれば問題ないのでこの欄には書かれていません。

光回線か無線回線、ケーブルがADSLからの乗り換えの選択肢となるでしょう。

◆UR賃貸団地におけるADSL回線代替インターネット回線

ADSLの新規受付は全社終了してしまったので、乗り換えや新規の場合はインターネット回線の種類についてまずは知っておく必要があります。

光回線

光回線と言っても3種類あり、速度が異なることを知らない人も多いかと思います。

光配線方式、LAN方式、VDSL方式の3つです。この順に早くなります(一番速いのは光配線方式)。

ではUR賃貸団地のような集合住宅ではどのような回線の仕組みになるか以下でご説明します。

光配線方式(一番速い)

局舎→光ケーブル→住宅共用部→光ケーブル→各部屋

※2019年末現在、UR賃貸団地は新規物件や一部の高級物件しか対応していません。

最も速い回線になりますが、料金も高めです。

LAN方式(2番目に速い)

局舎→光ケーブル→住宅共用部→LANケーブル→各部屋

※光配線の次に早いですが、UR賃貸団地ではこれも対応が少ないです。

VDSL方式(URで一番多い)

局舎→光ケーブル→住宅共用部→電話回線→各部屋

UR賃貸団地では一番対応が多いです

これからの主流になる光回線の光配線方式がベストですが、LAN方式やVDSL方式でも環境によってはそこそこの速さが出るので不満がないこともあります。

実際のところ、開通させてみないとわからないというのが現状のようです。

NTTの場合

例:フレッツ光東日本フレッツ光西日本(マンションタイプがLAN方式とVDSL対応になります)

auの場合

auひかり(auひかりマンション都市機構がVDSL方式となります)

無線回線

無線なので受信できればネット可能。工事もないのですぐにネット接続ができるのが特徴。

近年は光回線並みのサービスも出始めてきました。

家族ありなら据え置き型(ホームルーター)、一人暮らしなら持ち運び型(モバイルルーター)がいいです。

お試しができるサービスが多いので興味がある方は受信状況や速度を試してみるといいでしょう。

例:据え置き型(SoftBank Air)、持ち運び型(UQ WiMaxFUJIWifi

ケーブルインターネット

J:COMなどが代表です。光回線などに比べて速度が出ないというデメリットが目立ちますが、ネット閲覧程度であれば十分でしょう。

また、スカパーなどのセット契約で割引があります。

UR賃貸では対応可能な物件が多いのがケーブルインターネットです。

UR賃貸団地におけるおすすめインターネット回線の詳細な比較はこちらで解説していますのでご覧ください。

カテゴリー

Top