UR賃貸団地で安い光回線ならSo-net光プラスがおすすめ!

2021年3月22日

UR賃貸団地で安く光回線を利用したいならSo-net光プラスがおすすめ!10年間の平均月額料金や申し込み、解約時の注意点なども詳しくご紹介致します。

So-net光プラスキャンペーン情報

1.V6プラス対応WiFiルーター永年無料中!
2.新規工事料無料中!
詳しくはSo-net光プラス

UR賃貸団地で安い光回線なら「So-net光プラス」がおすすめ!
  1. 2年間ずっと2,728円の格安光回線!
  2. auユーザーならひかり電話同時加入でスマホ割!
  3. V6プラス対応WiFiルーター永年無料中!
  4. 新規工事が無料!
  5. 無料訪問設定サポート1回分無料!
  6. セキュリティソフト「S-SAFE」も最大7台まで無料!
  7. NTTフレッツ光回線を利用するのでUR賃貸団地でも契約しやすい!
「So-net光プラス」が使えるか検索してみよう!

UR賃貸団地で安い光回線ならSo-net光プラスがおすすめ

とにかく「安い!」というのがSo-net光プラスの第一印象です(もちろん安いだけではありませんけど)。

まずはSo-net光プラスの特長を一覧表にしてみました。

So-net光プラスの特長

So-net光プラス
人気! au割引v6プラス 無料
【特典】
1.V6プラス対応WiFiルーター永年無料中!
2.新規工事料無料中!
詳しくはSo-net光プラス
【月額料金(税込み)】
1年目2,728円2年目2,728円3年目4,928円
2年間の平均月額:2,728円3年間の平均月額:3,461円
【契約期間】3年【解約違約金(不課税)】20,000円
【おすすめポイント】
プロバイダ契約者数国内第5位!プロバイダー料込みで2年間ずっと月額2728円!3年間使っても月額換算3461円!au携帯ユーザーならSo-net光電話と同時加入でスマホ代が最大1000円割引!格安スマホ派にもおすすめ!工事費も無料!高速Wifiルーターも無料レンタル!V6プラス対応なので速度も速め!回線はNTTのフレッツ光を利用するので安心!T:T。セキュリティソフト「S-SAFE」も最大7台まで無料で使えます。
【下り実測値平均】 271.81Mbps(光配線方式)
【利用回線】 NTT 【配線方式】 光配線VDSL
【プロバイダ】So-net【容量制限】無制限
【契約手数料】3,300円
【新規工事料】0円(48ヶ月以内の解約は工事費(1ヶ月550円)残金の支払いが必要)
【備考】 光電話550円/月(基本料)

So-net光プラスは3年でも月額平均3,146円!

プロバイダ込みで2年間ずっと2,728円です。これがセールストークのようですが、実は3年目からは4,928円となります。2年間で他社に変更できればいいのですが、残念ながら契約期間が3年間に設定されています。

となると、「やっぱりうまい話はないわな」と思う方もいることでしょう。

でも、3年間の契約満了時まで利用したとしても2,728円×24ヶ月+4,928円×12ヶ月=124,608円です。

これを36ヶ月で割ると月額約3,461円です。3年目から月額がアップしても3年間ならまだ安いのです。

So-net光プラスは安い!

今お使いのスマホと同じ会社に揃えるとスマホ代が割り引きされる光コラボが人気ですが、単純に月額料金を安くするのでしたら、インターネット回線はSo-net光プラスにして、スマホは一ヶ月1000円ぐらいの格安SIMにした方がよっぽど安上がりになります。

So-net光プラスはNTTのフレッツ光回線を利用

集合住宅の場合は戸建てと違ってインターネット回線選びではかなり制約があるんです(一定数以上の世帯の加入が必要とか)。

So-net光プラスはNTTのフレッツ光回線を利用したサービスです。で、NTTのフレッツ回線が通っているUR賃貸団地であればSo-net光プラスに加入できるはずです。

フレッツ光回線がすでに通っている団地であれば工事も不要ですし、品質もNTTのなので安心して利用できるというわけです。

NTT公式からフレッツ光を検討されているのでしたら、So-net光プラスの方が実質工事費無料で、WiFiルーターも無料、速度も変わらない(同じ回線を利用するから)わけですから絶対にお得です。

So-net光プラスは速い

So-net光プラスはNTTのフレッツ光回線を利用します。で、フレッツ光回線は光回線利用者の70%とも言われるほどシェアが高いので、場合によっては速度がそれほど出ないこともあるようです。

これはその環境にもよるので一概には言えません。ただ、UR賃貸団地では利用者の多いJCOMから乗り換えした人によればSo-net光プラスはかなり速く感じるとの評判もあります。

NTTの回線を利用するので安いのです。

auユーザーならスマホ代を割り引き!

So-net光プラスはauスマートバリューにも対応しているので、So-net光電話(月額550円)と同時加入でスマホ代が最大1000円割引されます。

ただでさえ月額料金を抑えた光回線なので家族全員がauユーザーならばSo-net光プラスを選ばない手はないです。

工事費実質無料!v6プラス対応ルーターもレンタル無料!

そして、工事費も実質無料(割り引きされる)な上、v6プラス対応ルーターもレンタル無料なのです。

もちろん、すでにフレッツ光回線が通っている団地であれば工事は不要なのでそれだけ開通も早くなります。

「工事費が必要かどうかわからない」こういった不安のある方には最初から工事費が実質無料というのは安心できますね。

ちなみにルーターとはWiFi接続ができる機器で、これがあると自宅でスマホやタブレットを常時WiFi接続できるため、パケット代を大幅に節約できるのです。

自宅ではWiFi接続、外ではWiFi接続できない場合、部分的にLTE接続するように心掛ければ通信費も激安にできます。

なので、格安SIMのスマホを使っている方には特に助かるわけですね。

色々なオプションを付ける必要もありません。インターネット回線選びではこの事は重要です。

So-net光プラスのランニングコスト

2年間2,728円で、3年目以降が4,928円で計算した場合、10年間のランニングコストは以下の通りです。

月額年額初年度からの
月額平均
1年目2728327362728
2年目2728327362728
3年目4928591363461
4年目4928591363828
5年目4928591364048
6年目4928591364194
7年目4928591364299
8年目4928591364378
9年目4928591364439
10年目4928591364488
ポイント
  1. So-net光プラスを契約した場合の月額は上記の通りですが、6年程使っても初年度からの月額平均が3,813円と、インターネット回線の世界では中ぐらいの方です。
  2. 3年ごとの更新なので3年で見直ししてもいいですし、その時にいいのがなければさらに3年契約してもいいのではないのでしょうか。
  3. auユーザーであればスマホの割引があるので6年以上契約してもお得感はそれほど下がりません。

So-net光プラスは途中解約しても安い!

So-net光プラスは36ヶ月の契約期間が設定されています。3年目以降は値上がりするので2年で解約すると違約金が必要になります。これが20000円します!

途中解約で違約金というと拒絶反応を示しそうですが、仮に2年で解約して違約金20000円払うと計算するとこうです。3年間使うのと比較します。

【2年間】
2,728円 × 24ヶ月 + 20,000 ÷ 24 ≒ 3,561円

【3年間】
2,728円 × 24ヶ月 + 4,928円 × 12ヶ月 ÷ 36 ≒ 3,461円

つまり2年で途中解約しても3年まで利用しても月額平均は100円ほどしか変わらないということです。最初の2年間が2,728円なので高く見えたりしますが、それでも安いです。

特に回線に問題がなく、2年で引っ越す予定もなければ3年使ってもいいということですね。いつ転勤や家庭の事情で引っ越すことになっても損することなく使える回線と言えるでしょう。

ということで、So-net光プラスは派手なキャッシュバックキャンペーンはありませんが、月額料金を安く抑えて光回線を利用できるので利用環境ならばおすすめしたいインターネット回線です。

詳細・お申込みはこちら!

So-net光プラスの方がauひかりのどっちがいい?

auスマートバリューの対象So-net光プラスとよく比較されるのがauひかり(GMOとくとくBB)ですが、月額ではSo-net光プラスが若干安いです。

So-net光プラスauひかり
(GMOとくとくBB)
月額料金
(3年平均)
3,461円4,180円
工事費実質無料実質無料
プロバイダSo-netGMOとくとくBB
キャッシュバック特典なし最大51,000円
利用回線NTTKDDI

以前はSo-net光プラスは月額2000円を割る爆安料金設定だったのですが、2020年10月より2,728円に上がってしまいましたので、auひかりとの差は肉薄しています(auひかりには高額キャシュバックがあるため)。

もし、お住まいのUR賃貸団地がKDDI回線対応であればこの程度の料金差であれば「auひかり」の方がおすすめです。「auひかり」はKDDI回線を独占できるのでNTTのフレッツ光回線より速いからです。

速さなら「auひかり」!

ただし、UR賃貸団地ではKDDI回線対応の団地がまだまだ少ない状況で、フレッツ光回線対応の物件が圧倒的に多いです。

NTTフレッツ光からSo-net光プラスへの乗り換え

現在、NTTのフレッツ光からSo-net光プラスに乗り換える場合ですが、前述の通り、So-net光プラスはフレッツ光回線を使用しますので乗り換える場合は工事不要となります。

この場合、「新規」ではなく「転用」という形になります。

転用の手順
  1. NTTで転用承認番号を申し込む( 東日本西日本
  2. So-net光プラスに申し込む(転用承認番号必要)
  3. NTTフレッツ光のプロバイダを解約する
  4. ※NTTフレッツ光のプロバイダがSo-netの場合は解約する必要はありません。

【最強】So-net光プラスにアマゾンプライムの組み合わせ

So-net光プラスを検討されている方は良質なインターネット回線とコストを低く抑えることを念頭に置いているのではないでしょうか。

新型コロナウイルスによる影響下で、巣篭り需要が増加する中、動画配信サービスは破竹の勢いで業績を伸ばしているようです。

アマゾンプライムなら月額たった500円で動画見放題、音楽聴き放題な上、お急ぎ便も無料とコスパ桁外れのサービスです。

So-net光プラスと組み合わせることで、格安の巣篭り環境が構築できます。


関連コンテンツ