UR賃貸団地でも「ポケットWiFi」は使える?おすすめはどれ?

2021年5月30日

UR賃貸団地でも「ポケットWiFi」は使える?光回線のVDSLとどっちがいい?おすすめの申し込み先や速いモバイルルーターをご紹介!

UR賃貸団地でも「ポケットWiFi」は使える?

UR賃貸団地でも電波が受信できれば(携帯が使えれば)「ポケットWiFi」は利用できます。

UR賃貸団地で多い5階建ての棟はもちろんのこと、55階のタワーマンションでも携帯が使えれば利用できますのでまず大丈夫です。

「ポケットWiFi」は工事が不要の無線回線です。持ち歩きできる携帯型で家でも外でもWiFi接続できるのがポイントです。家に光回線を引けない一人暮らしの方に特におすすめです。

「ポケットWiFi」なら高速回線のWiMAX 2+一択です。

「WiMAX 2+」なら「GMOとくとくBB」がおすすめ!
  1. WiMAXは累計契約数2,000万件!
  2. おすすめの端末はSpeed Wi-Fi NEXT WX06(携帯型)で下り最大440Mbps!WiMAX HOME 02(据置型)も下り最大440Mbps!
  3. 最大現金31,000円キャッシュバックキャンペーン中!(GMOとくとくBB)
  4. 端末機種代0円!(GMOとくとくBB)
  5. 2020年オリコン顧客満足度ランキング『2年連続お客さま満足度No.1』(GMOとくとくBB)
  6. 20日以内ならキャンセルOK・解約違約金も無料なので初めてでも安心!(GMOとくとくBB)

「WiMAX」は月額料金・キャンペーンで選ぶのがお得!

「WiMAX」のサービス自体はUQコミュニケーションズが運営しており、自ら「WiMAX2+」というサービスを提供しています。他社からでも「WiMAX」の申し込みができますが、どこで申し込んでも回線の質は全く同じです。差が付くのは月額料金とキャンペーンだけとなりますので、これらの条件が良い良いところから申し込むのがおすすめとなります。

WiMAXはどこで申し込んでも回線の質は全く同じなので月額料金やキャンペーンで選ぶのがコツ!

お申込みは「UQ WiMAX」よりも「GMOとくとくBB」から申し込む方が高額キャッシュバックや機種代も0円なのでおすすめです。

GMOとくとくBBは1997年11月創業で、2019年・2020年オリコン顧客満足度ランキングプロバイダ広域企業において、『お客さま満足度No.1』を獲得した、実績・人気ともにナンバーワンのプロバイダです。

申し込んだけど自宅の電波状況が悪かったり、思ったほど通信速度が速くなかった時などは20日以内であれば無料キャンセル可能です。

モバイル回線を使ったことがない方は光回線以上に通信速度や安定性に不安を感じるもの。でもキャンセルOKで解約違約金もかからなければ「お試し」と同じようなものです(ただし、返送料や事務手数料などはかかります)。

ではWiMAX2+のおすすめプランを次項でご紹介していきます。

とくとくBB WiMAX 2+(ギガ放題プラン)

モバイル回線というと容量制限があると思いがちですが容量無制限プランもあります。ゲームや動画がメインの方は容量無制限の「ギガ放題プラン」がおすすめです。

とくとくBB WiMAX 2+(ギガ放題プラン)
au割引高特典 無料
最大現金31,000円キャッシュバック中!
詳しくはとくとくBB WiMAX 2+
【月額料金(税込み)】
1年目3,540円2年目3,678円3年目4,688円
2年間の平均月額:3,608円3年間の平均月額:3,968円
【契約期間】3年【解約違約金】最大19,000円
【おすすめポイント】
月間データ容量の制限なし!動画やゲームをいっぱいやる方に特におすすめ!毎月、プランの変更も可能です!無線機器なので工事不要ですぐにネットに繋がります!auスマホ月額料金が最大1000円割り引き!GMOとくとくBBならルーター(携帯型・据え置き型)も無料なので公式サイトよりも圧倒的にお得!
【下り実測値平均】 37.51Mbps(Speed Wi-Fi NEXTWX06)
【利用回線】 MOBILE 【配線方式】 *
【プロバイダ】*【容量制限】無制限
【契約手数料】3,300円【新規工事料】0円(不要)
【備考】

とくとくBB WiMAX 2+(7GBプラン)

ネット閲覧やメールがメインという方は容量無制限プランは必要ないかと思います。そんな時は7GBの容量制限で月額料金が安くなる「7GBプラン」がおすすめです。

とくとくBB WiMAX 2+(7GBプラン)
au割引高特典 無料
最大現金31,000円キャッシュバック中!
詳しくはとくとくBB WiMAX 2+
【月額料金(税込み)】
1年目2,941円2年目2,959円3年目3,969円
2年間の平均月額:2,949円3年間の平均月額:3,289円
【契約期間】3年【解約違約金】最大19,000円
【おすすめポイント】
月間データ容量7GBまで!ネット閲覧がメインならこれで十分!毎月、プランの変更も可能です!無線機器なので工事不要ですぐにネットに繋がります!auスマホ月額料金が最大1000円割り引き!GMOとくとくBBならルーター(携帯型・据え置き型)も無料なので公式サイトよりも圧倒的にお得!
【下り実測値平均】 37.51Mbps(Speed Wi-Fi NEXTWX06)
【利用回線】 MOBILE 【配線方式】 *
【プロバイダ】*【容量制限】7GB
【契約手数料】3,300円【新規工事料】0円(不要)
【備考】

端末の選び方(比較)

「GMOとくとくBB」では現在3種類の端末を用意しています。携帯型(ポケットWiFi)の端末選びが悩む方が多いので、簡単な比較表と注意点をまとめました。

WX06
人気!
W06WiMAX
HOME 02
タイプポケットWiFiポケットWiFi置くだけWiFi
対応エリアWiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
最大速度440Mbps1.2Gbps
(1,200Mbps)
440Mbps
連続通信約14時間約9時間*
同時接続台数最大16台最大16台最大20台
クレードル
(充電台)
×*
重量約127g約125g約218g
電池パック
(別売) 交換
×*
電池容量3,200mAh3,000mAh*
製造NECファーウェイ
(HUAWEI)
NEC
端末選びのポイント
  1. 速度は「W06」が一番速いですが、これはUSB接続とハイスピードエリアモードの設定が必要な上、1.2Gbpsの対応エリアは東京都・埼玉県・愛知県・大阪府の一部エリアのみとなっています。
  2. 「WX06」はバッテリーの持ちが長い上、クレードル(充電台)も付属、電池パック(別売り)も交換可能なので一番人気です。

「とくとくBB WiMAX 2+」の通信制限について

「ギガ放題プラン」の場合、月間のデータ通信量に上限はありませんが、LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)で月間7GB以上利用されますと、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信も制限の対象となります。

「7GBプラン」の場合、月間のデータ通信量が7GBを超えると当月末までの「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を送受信最大128kbpsに制限されます(7GBを超えても接続は遮断されません)。

また、料金プランに関わらずネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が10GB以上となった場合、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を翌日にかけて制限されます。

「とくとくBB WiMAX 2+」の通信制限
速度制限がかかる
利用データ量
直近3日間で10GB以上
(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)
制限時間3日間で10GBを超えた日の翌日
18時頃~翌2時頃
制限後の
最大通信速度
概ね1Mbps
(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)
通信制限のポイント
  1. 通信制限というとマイナスのイメージを持たれる方もいるかと思いますが、特定のユーザーだけがゲームや高画質動画をヘビーに使うことで他のユーザーに迷惑をかけることを防止する意味で必要な措置あると思います。
  2. 制限を受けたとしても、翌日の夜6時から深夜2時までの約8時間ほどですし、1Mbpsという速度は標準画質のYoutube動画なら問題なく見れるレベルです。メールやLINEなどメッセージは快適に使えます。
  3. 通信制限を受けるとインターネットにつながらなくなるという措置ではありませんのでご安心下さい。
詳細・お申込みはこちら!

UR賃貸団地で光回線のVDSLとポケットWiFiどっちがいい?

結論から言えば光回線のVDSL方式が利用できるのであればそちらを利用したほうが無難です。光回線はほとんどがデータ容量無制限ですし、有線ですので通信の品質や安定性、機密性においてもモバイル回線より優れているからです。

しかし光回線が利用できないのであればモバイル回線も選択肢に入ります。

今はモバイル回線でもデータ容量無制限プランはありますし、理論値の最大が100MbpsのVDSLよりも速い440Mbpsの「WiMAX2+」という高速モバイル回線があるからです。

実際の通信速度は機器到着後に繋げてみないとわからないというのが光回線の場合と同じです。

では固定回線(光回線)と無線回線(モバイル回線)の簡単な違いを表にしましたのでご覧下さい。

固定回線無線回線
光回線ポケットWiFi置くだけWiFi
月額料金
速度
速度制限
安定性
最大接続台数
使える場所
(屋内)

(屋内・屋外)

(屋内)
工事
不要な場合有り

不要

不要
容量制限
(無制限)

(無制限有)

(無制限有)
ガイド

WiMAX2+(GMOとくとくBB)なら20日以内キャンセル料無料なのでお気軽にポケットWiFiが試せます。

一人暮らしなら断然おすすめの「ポケットWiFi」

UR賃貸団地に引っ越して一人暮らしを始めようという方はインターネット手続きも必要かと思いますが。実はUR賃貸団地は古い物件が多く、そういった物件では最新の光回線(光配線方式)に対応していません。

そこで旧式の配線方式にするぐらいなら、高速の無線回線の方が工事も不要なので受信さえできれば非常に簡単に導入できます。特にコロナウイルスにより、在宅ワーク、オンライン授業の増加によりニーズが高まっているのがモバイル回線と言えるでしょう。

そこでおすすめなのが「ポケットWiFi」です。「モバイルWiFiルーター」とか「モバイルルーター」と呼ばれることもあります。

この「ポケットWiFi」をノートパソコンやスマホ、タブレットなどと一緒に持つと室内外でインターネットを利用できます。

光回線のような工事費は不要で、機器が届いたら簡単な設定をするだけですぐにインターネットに接続できます。

なお、スマホを「ポケットWiFi」を使ってWiFi接続すると通信料をぐっと抑えることができます。つまりスマホの安いプランに入ることができるわけです。

そして、一人暮らしであれば「ポケットWiFi」を独占できるので、外でWiFiスポットを必死に探す必要もありません。さらに固定回線のように面倒で煩わしいケーブル配線は不要なのも嬉しい点です。

時代と共に固定回線を脅かすような高速回線も登場してきていますので電波が安定しているエリアであれば検討に値します。

「ポケットWiFi」はこんな方にオススメ
  1. 他人(男性)を絶対に部屋に入れたくない一人暮らしの女性
  2. 工事不要(立ち合いも)ですぐにインターネットの環境を築きたい方
  3. 家でも外でも安くインターネットがしたい方
  4. 引っ越しが多く、その都度インターネット回線手続きをするのが面倒な方

特にストーカー被害経験などがある一人暮らしの女性は他人(男性)を絶対に部屋に入れたくないと思いますので、工事不要(当然立ち合いもなし)、ルーターが到着したら電源コンセントに入れて簡単な設定をするだけでインターネットができる手軽さの「ポケットWiFi」はオススメとなります。

また、引っ越しが多い方はその度にインターネット回線選ぶをするのは手続きを含めてかなり面倒です。その点、「ポケットWiFi」ならば引っ越し先に持っていくだけなので非常に楽(持っていくだけなら光回線のように解約違約金も必要ありません)。まさに一人暮らしに方にうってつけの機器なのです。

自宅だけで使うなら「置くだけWiFi」がおすすめ

なお、家の中だけでインターネットをするなら「ポケットWiFi」より「置くだけWiFi」の方がスペックが高く電波の受信も良いのでゲームや動画など安定性を求める方はこちらがおすすめです。詳しくは下の記事をご覧下さい。

なお、こうした無線回線は光回線に比べ速度が遅いと言われます。高画質動画やゲームなど大容量の通信を行う方は光回線をおすすめします。

インターネットはほとんどしない方はデザリングがおすすめ

パソコンでのインターネットはたまにしかやらないけど、万が一のためにできるようにはしておきたいデザリングがおすすめです。

つまり、スマホをWiFiルーター代わりに使うことで、パソコンでインターネットができるようになります(家でも外でも使えます)。光回線や無線回線に申し込む必要がなくなるわけです。

スマホのほかに光回線や無線回線などを複数契約するとどうしても通信費がかさむのも事実です。デザリングだとスマホ一つだけの契約で済むので大幅な節約にはなります。

ただし、スマホの契約で大容量のプランに入っておかないとすぐに容量制限に引っ掛かって速度制限を受けてしまいますので注意が必要です。

少容量プランに加入の場合は、デザリングする度に容量制限内かをチェックしておく必要があるかと思います。

各社デザリング月額料金と手続きは以下の通りです。

各社デザリング月額料金と手続き
手続き月額料金
ドコモ不要無料
au必要無料
(一部有料プランあり)
ソフトバンク必要500円
楽天モバイル不要無料
mineo不要無料
LINEモバイル不要無料

デザリングだとすぐにすぐに容量いっぱいになって速度制限を受けてしまうという方はスマホの大容量のプランに変更するか、前述の「ポケットWiFi」を別途検討された方がいいかと思います。

注目!月額2980円~のポケットWiFi「FUJIWifi」