UR賃貸団地でエキサイト光に申し込みする際のおすすめの代理店と注意点は?

2021年8月4日

UR賃貸団地でエキサイト光に申し込みする際におすすめの代理店と注意点をわかりやすく解説しています。

エキサイト光キャンペーン情報

新規契約なら30ヶ月間月額割引(最大19,800円)キャンペーン実施中!(2021年6月30日~)
詳しくはエキサイト光

エキサイト光のおすすめポイント
  1. 最低利用期間なし・解約手数料なしなので引っ越しが多めの方も気軽!
  2. 月額料金ずっと定額で安いので安心!それでも容量無制限!
  3. NTTフレッツ光回線を利用するのでUR賃貸団地でも契約しやすい!
「エキサイト光」が使えるか検索してみよう!
【お急ぎの方】お住まいのUR賃貸で一番お得なネット回線はこちら!

UR賃貸団地でエキサイト光に申し込みする際のおすすめ代理店と注意点は?

まずはエキサイト光の詳細を確認してみましょう

エキサイト光のスペック

エキサイト光
新規契約なら30ヶ月間月額割引(最大19,800円)キャンペーン実施中!(2021年6月30日~)
詳しくはエキサイト光
【月額料金(税込み)】
1年目3,696円2年目3,696円3年目3,696円
3年間の平均月額:3,696円5年間の平均月額:3,696円
【契約期間】0年【解約違約金】0円
【おすすめポイント】
キャッシュバックやスマホ割はありませんが、契約期間縛りなし、解約手数料なしでしかもずっと定額料金なのが強み!いつ引っ越すかわからない方や格安スマホをお使いの方に特におすすめです。NTTフレッツ光回線を利用するので品質も安心です。
【下り実測値平均】 179.9Mbps
【利用回線】 NTT 【配線方式】 光配線VDSL
【プロバイダ】BB.excite【容量制限】無制限
【契約手数料】1,100円
【新規工事料】16,500円
【備考】 光電話550円/月(基本料)

エキサイト光は公式サイトだけでしかお申込みできませんので迷うことがありません。

最低利用期間なし・解約手数料なし

光回線には2年から3年の最低利用期間が多い中、「エキサイト光」は縛りがありません。つまりいつでも解約できます。しかも解約手数料もかかりません。これがエキサイト光の最大の強みです。

その代わり、キャッシュバック特典やスマホ割もありません。

なので、いつ引っ越しするかわからない方(運悪く騒音トラブルで転々と引っ越している方や転勤族の方)や格安スマホを使っているのでスマホ割はいらないという方に特におすすめです。

非常に気軽に申し込める光コラボと言えるでしょう。

縛りがないのでとっても気軽!契約更新前に出る予定の方には嬉しい制度!

ずっと同じ月額料金

UR賃貸団地の場合は月額3,696円になります。改訂がない限りずっとこの料金になるので非常にわかりやすいですね。

他社には、3年契約のうち2年間は安くて3年目から料金が跳ね上がるものや、一か月だけ格安料金でその額を誇大広告しているところもあるので、非常にシンプルでわかりやすい料金体系と言えます。

ネットはあまりしないという方であれば従量制光回線の「BB.excite光 Fit」というのもあります。無制限ではなく使った分だけ支払う方式で、月額2,640円~という低価格です。こちらも最低利用期間なし、解約手数料なしなので短期引越し派のライトユーザーにおすすめです。Wi-Fiルーターもプレゼント中ですよ!

550円でエキサイト光電話

月額550円でエキサイトひかり電話に加入できます。3分8.8円です。ただし、オプション加入してもキャッシュバック特典などはありません。

現在お住まいの団地でフレッツ光のひかり電話に加入されている方は引き続きBB.excite光電話としてお使いいただけます。

エキサイト光の口コミ

正直申しあげるとエキサイト光に関する口コミは他の光コラボに比べると少ないです。なので、少ない口コミをご紹介しても確度は高くありません。

速いという方もいれば、遅いという方もいますし、対応が良いという方もいれば悪いという方もいるといったのが現状です。

基本的にプロバイダは光回線に与える影響はそれほど大きいと言えるわけではありませんが、住んでいる環境によっては速度が落ちることもあります。

光回線の場合(特にVDSL方式)は実際に繋げてみないとわからない部分が多いです。

縛りなし・解約料なしにこだわりがなければ、同じフレッツ光回線を利用する現在絶好調の「So-net光プラス」の方が3年間なら平均月額料金も安く、評価も悪くないのでおすすめです。

エキサイト光申し込み時の注意点

エキサイト光の注意点をまとめました。

エキサイト光の注意点
  1. フレッツ光回線対応の団地でないと利用不可能
  2. FTTH(光配線方式)非対応であればVDSL方式となる
  3. キャシュバック特典なし
  4. WiFiルーター特典なし
  5. スマホ割なし
  6. IPv6非対応なので速度が遅くなる時がある

現時点ではIPv6非対応なので通信速度に課題があります。

ちなみに他の光回線との実測値の比較がこちらになります。

主な光回線平均実測値(NTT回線)
下り平均実測値
(Mbps)
ソフトバンク光
297.41
So-net光プラス
288.03
ドコモ光
286.65
OCN光
251.34
ビッグローブ光
234.25
エキサイト光
179.9

やはりv6非対応ということ通信速度に課題がありますが、月額料金も安く、最低契約期間なし、違約金なしなので非常に気軽に利用できる光回線です。

インターネットはネット閲覧とメールとYoutubeをたまにというライトユーザーの方なら不満はないかと思います。

今はIPv6対応が主流となってきているのでいつ対応になっても不思議ではありません。その時は大化けするかもしれません。

詳細・お申込みはこちら!

フレッツ光回線の光コラボは他にもあります

フレッツ光回線対応の光コラボはエキサイト光以外ならドコモ光ソフトバンク光So-net光プラスなどが人気があります。

ドコモ携帯ユーザーならドコモ光を、ソフトバンク携帯ユーザーならソフトバンク光、au携帯ユーザーならSo-net光プラスがそれぞれ携帯料金割引適用になります(条件あり)。