UR賃貸団地で固定電話を解約してもインターネット回線は利用できる?

2022年5月13日

最近は固定電話を契約しない世帯も増えてきました。若い世代を中心に電話はスマホで十分という方が増えてきたからです。

ではUR賃貸団地で固定回線を解約してもインターネット回線は利用できるのでしょうか?注意点なども含めてご説明致します。

この記事の対象の方

UR賃貸団地にお住まいで、最近固定電話の使用が少なく「もしかしたら電話はスマホだけで固定電話必要ない?」なんて考えてる方。

UR賃貸団地で固定電話を解約してもインターネット回線は利用できる?

結論-インターネットは利用できます

結論から先に言うと、固定電話を解約(休止)しても光回線やADSLは利用できます。

UR賃貸団地はADSLや光回線のVDSL方式利用者が多いと思うので、一見すると電話線を利用するこれらのサービスが利用ができなくなると勘違いしそうですが、固定電話の解約をした場合、電話が使えなくなるだけで電話線が撤去されるわけではありません。

電話加入権とは無関係なので解約(休止)してもインターネットをそのまま利用することができますのでご安心ください。不安であれば現在ご契約のインターネットサービスに問い合わせてみましょう。

ただし、ADSLはサービス終了が近づいてきていますので、終了前に光回線やケーブル回線、モバイル回線(無線回線)などに乗り換えることをおすすめします。

UR賃貸団地では光回線対応の工事を着々と進めていますので、いつのまにか光回線対応団地になっているのに知らずにADSLを利用し続ける方も多いんですよ。

【お急ぎの方】お住まいのUR賃貸で一番お得なネット回線はこちら!【2022年9月版】UR賃貸団地
光回線検索システム

固定回線を契約しなくてもインターネット回線に影響を与えることはないことがわかりました。

次に固定電話に入らないメリットとデメリットをまとめておきましょう。

固定電話に入らないメリット

通信費が節約できる

やはり最大のメリットは通信費節約です。

固定電話は使っても使わなくても基本料金がかかります。利用すればさらに通話料がかかります。スマホで電話かけ放題プランなどに入っているのでしたら固定回線の重要度は落ちます。

家族全員が電話の定額料金プランなどに入っていたり、ライン電話だけで十分というのであれば固定電話に入らない、あるいは解約してもいいかと思います。

固定経費を削減する意味も大きくなりますので固定電話の廃止は検討に値します。

ガイド

月額基本料金はドコモの場合、「homeでんわ ライト」が月額1,078円、「homeでんわ ベーシック」が2,178円となります。

振り込め詐欺防止

我が家もそうですが、実家の固定電話は昔から使っているので情報漏洩で変な電話がたまにかかってきます。

振り込め詐欺の電話も1回ありましたし、父親が昔勤めていた会社の社長が認知症になって嫌がらせの電話もありました。

地元警察からも留守電にしておいて下さいと指導されています。こうなると何のための固定電話なのかわからなくなってくるんです。

それならば一層のこと、固定電話をなくしてもいいのかと何回も思ったほどです。

固定電話に入らないデメリット

信頼されにくい

会社経営の方が名刺や公式サイトで携帯の電話番号を記載していては社会的信用を失います。番号を見れば固定電話の番号か携帯電話の番号かすぐにわかります。

そういった信頼が必要な方は固定電話は不可欠となります。他には信頼が必要なことがあることもあるかと思いますし、一人暮らしでもないのに固定電話がないと言うとよほどお金に困っているのではないかと勘繰られる可能性もあります。

一人暮らしとかでしたら固定電話はなくてもスマホだけあれば大丈夫かもしれませんが、家族持ちなら社会的体裁から考えるとやはり固定電話はあったほうがいいと思います。

なお、携帯回線を利用した新しい固定電話サービスについては後述します。

災害時に困る?

固定回線は災害に強いと言われていますが、停電時だと電源を必要とする電話が使えなくなるので意味がありません。昔の電話は電源を必要としていなかったものもありましたが、今の電話はほとんど電源が必要です。

災害時に強いのは公衆電話です。お住まいのUR賃貸団地のそばにある公衆電話の場所を把握しておくことが重要です。

携帯回線を利用した固定電話なら安くなる!

ちなみに2022年春から携帯回線を利用した固定電話サービスが始まりました。携帯回線を使うので工事が不要です。

ドコモの「homeでんわ 」、KDDIの「ホームプラス電話 」、ソフトバンクの「おうちの電話 」です。

送られてきた機器に電話をつなげてコンセントに差し込むだけです。工事不要で即日から使用できるので大変手軽です。

これらのサービスは今まで使っていた電話機をそのまま使えますし番号もそのままなので電話番号の変更を周知する手間もありません。もちろん従来の固定電話のように市外電話、市内電話、携帯電話、110番、119番なども利用できます。

さらに基本料金も固定電話より安くなりますので通信費を安くしつつも固定電話の契約は維持したいという方にいいかもしれません。

ガイド

各携帯会社のスマホをお使いの場合はセット割が適用され、さらに料金が割引されます。

わかりやすく説明している動画がありますのでご覧下さい。

メリットが大きそうに感じますがデメリットもあります。

環境によっては雑音が入る

通話品質は固定電話並みではありますが、環境によっては雑音が入ることもあるようです。やはり通話品質において無線が有線を上回ることはないと思った方がいいでしょう。

持ち運びはできない

契約した住所(自宅)でしか利用できない設定になっていますので、外に持っていって利用することはできません。

ADSLは利用できない

ADSL自体が間もなく終了してしまうサービスではありますが、このADSLが利用できなくなります。なので携帯回線を利用した固定電話を利用するなら光回線やケーブルテレビなどに乗りかえる必要が出てきます。

ガイド

以上、通話品質などに過度な期待を持たなければ携帯回線を利用した固定電話も節約できるので、固定回線を完全に廃止することに躊躇する方はご検討ください。

この記事を読んだ方にオススメ

この記事を読んだ方におすすめ