【もう不幸は嫌だよ~!】家相が悪い家の対策方法を徹底解説!

2021年12月29日

家相が悪い家の対策方法を徹底解説!部屋のインテリアを変更するだけで運気アップ!凶方位に引っ越しの方も必見です。

家相の悪い家の対策

家相が悪いと会社が倒産、家族が病気や事故、ご近所トラブル、生活困窮、イジメなど様々な災難に見舞われます。

これが悪い家相(凶相)の例だ!

悪い家相の例を出したらキリがないのですが、代表的なものを少しご紹介致します。下記のような環境にお住まいならすぐに家相対策をしましょう!


暗い家

隣家と密接

三角形の土地

暗いトイレ(北側)

玄関が北側

行き止まりやT字突き当り

マンションの高層階

高速道路の近く

河川の近く

その他にも引っ越してきた時は南向きの陽の当たる家だったのに、その後にビルが建てられたり、鉄道が高架になってしまって部屋が真っ暗になってしまったケースもあります。

都内だと2022年に京王線が高架になるので陽当たりが悪くなる家が多数出そうですね。

家相が悪いとこんなトラブルが起こる!

家相が悪い家だとこんなトラブルが!
  1. 事故や病気
  2. 会社倒産、借金、経済的困窮
  3. 夫婦喧嘩(離婚)、家族喧嘩、親子喧嘩、近所トラブル
  4. 犯罪に巻き込まれる

悪い家相の玄関におすすめの風水開運グッズ

悪い家相の家だからと言って、簡単に新築したりリフォームしたりして間取りを変えることはできません。

また、家相を気にして家を新築したりするのは結構疲れます。気にしすぎるのも問題かもしれません。

業者だと「鬼門(北東)の玄関を避ければ良い」とだけアドバイスするところも多いようです。鬼門とは鬼が出入りする方角のことで、昔から忌むべき方角とされているのです。

家相が悪い家は玄関とトイレに風水を取り入れるのがおすすめです。とりあえず我が家でも使っている下の2つのアイテムを玄関とトイレに置いておけば安心です。

家相の悪い玄関は注意!運気は玄関から入ってくる

運気は玄関から入ってきますのでまずは玄関を対策しましょう。

ポイントは玄関にあれこれ物を置かないことです。下駄箱の上が棚になっている家が多いかと思いますが、そこにぬいぐるみや置物なんかをズラリ並べるのはNGです。

それと靴をいっぱい出しっぱなしなんかもよくありそうです。面倒ですが、下駄箱に入れてスッキリさせましょう。

綺麗にした上で、下のような玄関用ミニ風水鏡を置くとさらに運気が高まります。

テレビや雑誌などで紹介され、水晶院でも売れ筋上位の人気グッズとなっています。

トイレが暗いと金運が下がる

また古い家によくありがちですが、北のトイレは暗くなりがちなので運気が下がります。南に変更するわけにもいかないのでここも風水対策します。

特にトイレは金運に影響するので玄関と同じぐらい重要な場所になります。

水晶院「トイレ用ミニ風水画金運の泉」です。トイレの棚や壁に設置することで運気が下がりがちなトイレの風水を上げます。

トイレに棚があればそこに置くだけ。棚がなくてもヒモがあるので画鋲が何かに引っかけて飾ることもできます。

お金持ちはトイレを重視するそうです。風水対策すると同時に掃除も必要。

テレビでも紹介されたことで人気に火が付き、水晶院でも売れ筋で、よく売り切れるそうです。

お金持ちにはトイレに着目するそうです。もちろん、置くだけでなくトイレも綺麗に掃除することが重要だとか。

トイレが北側にある場合は金運が下がり気味になるので風水対策をしておくと良いそうです。

家相対策しても運気が上がらなければ引っ越し!

家相対策方法をご紹介してきましたが、それでも運気が上がらなければ引っ越しをおすすめします。

それは家よりも土地の方が運気に影響を与えるからです。

引っ越し先はあなたの吉方位などを参考に探すのも一つの方法です。

この記事を読んだ方にオススメ

この記事を読んだ方におすすめ