UR賃貸団地に引っ越したらWi-Fiホームルーターがおすすめ

UR賃貸団地に引っ越ししたら早速インターネットの手配!おすすめのWi-Fiホームルーターをご紹介!人気のWiMaXとソフトバンクエアーのどっちを選ぶべきかについても解説しています。

UR賃貸団地でおすすめのWi-Fiホームルーター

UR賃貸団地の多くは光回線のうち最も高速な光配線方式に対応していません。残念ながら古いUR賃貸団地に住んでしまうと光配線方式よりも遅いLAN方式やVDSL方式、ケーブルTVにしか契約できないのが現実なのです。

しかし、無線回線で対応エリアであれば工事不要でホームルーターを電源コンセントに差し込めばすぐにインターネット接続できるのがホームルーターの魅力であります。

もちろん、煩わしいLANケーブル配線も全く不要(電源ケーブルはありますが)。配線だらけの部屋ともオサラバ。無線回線でも固定回線顔負けの高速インターネットを楽しめる時代に突入してきているのです。

なお、会社や外出先にも持ち運ぶならWi-Fiモバイルルーターの方がおすすめ。詳しくは下の記事をご覧下さい。

では、おすすめ順にWi-Fiホームルーターをご紹介致します。

(1)WiMAX HOME 02

最新のコンパクトホームルーターWiMAX HOME 02。

端末 WiMAX HOME 02
対応エリア WiMAX 2+/au 4G LTE
最大速度 440Mbps
重量 約218g
契約期間 3年間
月額料金(税抜) ギガ放題プラン(おすすめ)
1-2か月目は3,609円
3か月目以降は4,263円
7GBプラン
3,609円

前モデルの「WiMAX HOME 01」と比較して、容積比40%ダウンしたコンパクトサイズのホームルーターで水平方向のWi-Fi電波のエリアも約25%アップ!

自動で最適な周波数を選択するバンドステアリング機能搭載により安定した通信を実現します。さらにスマートスピーカー(Alexa対応)と連携も可能です。

販売代理店GMOとくとくBB経由で申し込めば最大31500円のキャッシュバック。

詳細・お申し込みはGMOとくとくBBをご覧下さい。

(2)Speed Wi-Fi HOME L02

話題の高速ホームルーターWiMAX Speed Wi-Fi HOME L02。

端末 WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02
対応エリア WiMAX 2+/au 4G LTE
最大速度 1Gbps(WiMAX 2+,LTE)
558Mbps(WiMAX 2+)
重量 約436g
契約期間 3年間
月額料金(税抜) ギガ放題プラン(おすすめ)
1-2か月目は3,609円
3か月目以降は4,263円
7GBプラン
3,609円

最大速度1Gbpsオーバー。受信エリアも広いWiMAX 2+対応です。販売代理店GMOとくとくBB経由で申し込めば最大31500円のキャッシュバック。

詳細・お申し込みはGMOとくとくBBをご覧下さい。

(3)ソフトバンクエアー ターミナル4

ホームルーターではWiMAXと並んでポピュラーなのがソフトバンクエアーターミナル4

端末 SoftBank Air ターミナル4
対応エリア softbank4GLTE
最大速度 481Mbps(一部地域は962Mbps)
重量 635g
契約期間 2年間
月額料金(税抜) データ容量制限なし
1年目3800円
2年目以降4,480円

※機器レンタルの場合は別途490円必要。

データ容量制限なしですが、動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。実際に接続してみると遅いとの評判も少なくありません(ただし、環境によっても違うので実際に接続してみないとわからないところがあります)。

対応エリアはsoftbank回線のみ。やはり無線回線は高速で対応エリアも広い「WiMAX 2+」を選びたいところです。

ソフトバンク携帯をお持ちの方なら月額料金の割引を受けられるなどのキャンペーンがあります(初年度のみ)。携帯の方はずっと割引があります(1000円)。

詳細・お申し込みはソフトバンクエアーをご覧下さい。

WiMaXとソフトバンクエアーどっちを選ぶか?

WiMaxはソフトバンクエアーよりも安くて高速ですが、人気のギガ放題プランを選んだとしても3日で10GBの制限があります。高画質の動画やオンラインゲーム、株取引などを多く利用する方はこの制限に引っかかりやすいので、その場合は使い放題のソフトバンクエアーの方がおすすめです。

逆に動画やゲームなどはたまにしかせず、ネット閲覧がメインの方はWiMaX2+が高速で快適、しかも安いのでおすすめとなります。

ちなみにWiMaXギガ放題プランの速度制限は翌日の夜だけ1Mbps前後(月末までではない)となるので、通常の使い方ならそれほど気にする必要はありません。

Wi-Fiホームルーター設置イメージ

Wi-Fiホームルーターを導入した際のイメージがイマイチできないという方は下の図を参考にして下さい。

電源コンセントにつなぐので持ち運びには適していませんが、電波がモバイルバッテリーよりも強力なので他の部屋からでも電波を受信できます。

Top