光回線未対応のUR賃貸で家族2人以上ならWi-Fiホームルーターがおすすめ


光回線未対応のUR賃貸で家族2人以上におすすめのWi-Fiホームルーターをご紹介しています。エリア外でも電波が受信できれば工事不要ですぐにインターネット接続できます。人気のWiMAX2+とソフトバンクエアーのどっちを選ぶべきかについても解説しています。

UR賃貸団地でおすすめのWi-Fiホームルーター

UR賃貸団地の多くは光回線のうち最も高速な光配線方式に対応していません。残念ながら古いUR賃貸団地に住んでしまうと光配線方式よりも遅いLAN方式やVDSL方式、ケーブルTVにしか契約できないのが現実なのです。

こちらをご覧下さい。千葉県にある豊四季台団地のインターネット回線対応状況ですが、光回線はもちろんのことケーブルテレビで有名なJCOMにも対応していません。

光回線CATV
住棟内
LAN
FTTH(光配線)VDSL
NTTKDDINURONTTKDDIJCOM
×××××××

こういった団地では地元のケーブルテレビや受信さえできればインターネットができる無線回線に申し込むしかありません。

無線回線で対応エリアであれば工事不要でホームルーターを電源コンセントに差し込めばすぐにインターネット接続できるのがホームルーターの魅力であります。

もちろん、煩わしいLANケーブル配線も全く不要(電源ケーブルはありますが)。配線だらけの部屋ともオサラバ。無線回線でも固定回線顔負けの高速インターネットを楽しめる時代に突入してきているのです。

なお、会社や外出先にも持ち運ぶならWi-Fiモバイルルーターの方がおすすめ。詳しくは下の記事をご覧下さい。

とくとくBB WiMAX2+

固定回線よりも遅いと言われるモバイル回線ですが、回線速度とカバー率など総合で検討するとイチオシはWiMax2+回線。これをGMOとくとくBBというプロバイダから申し込むのがポイントです。

WiMax2+とは?

WiMax2+を一言で言えば、高速無線回線です。従来は無線回線は「遅い」「安定しない」などのイメージがあったのですが、モバイル回線にしては速度が速い回線です(下り最大440Mbps)。

現時点で2000万契約突破したことからもその人気ぶりがおわかりになるかと思います。

人工カバー率99%というのメリットの一つで、通常の住居エリアであればほぼカバーしています。

GMOとくとくBBとは?

「GMOとくとくBB」は1997年11月にサーバー事業を開始したので今年年で周年になります。しかも2019年オリコン顧客満足度ランキングプロバイダ広域企業において、『お客さま満足度No.1』を獲得しました。調査対象企業158社、実際の利用者23,907人を対象に満足度について調査を行っているため、公平性と信頼性の高い情報です。

WiMax2+のプロバイダだけでなく、フレッツ光やauひかりなどのプロバイダも運用しており、公式サイトより申し込むよりも月額料金が安い上、無料でWi-Fiルーターも提供するなどサービスが非常に良いとの評判です。

ではとくとくBB WiMAX2+のプランをご紹介致します。

とくとくBB WiMAX2+(ギガ放題プラン)

とくとくBB WiMAX2+(ギガ放題プラン)
月額1年目:4,154円2年目:4,263円3年目:4,263円
2年間の平均月額:4,208円 3年間の平均月額:4,226円
※端末発送月は月額3609円の日割り料金
※契約期間3年のため、それ以下だと解約手数料9,500円かかります。
利用回線最大速度(下り)
440Mbps
利用回線:モバイル回線
接続方式:*
プロバイダ*
特長月間データ容量の制限なし!動画やゲームをいっぱいやる方に特におすすめ!毎月、プランの変更も可能です!無線機器なので工事不要ですぐにネットに繋がります!auスマホ月額料金が最大1000円割り引き!GMOとくとくBBならルーター(携帯型・据え置き型)も無料なので公式サイトよりも圧倒的にお得!
備考
加入お申込みとくとくBB WiMAX2+(ギガ放題プラン)

とくとくBB WiMAX2+(7GBプラン)

とくとくBB WiMAX2+(7GBプラン)
月額1年目:3,609円2年目:3,609円3年目:3,609円
2年間の平均月額:3,609円 3年間の平均月額:3,609円
※端末発送月は月額3609円の日割り料金
※契約期間3年のため、それ以下だと解約手数料9,500円かかります。
利用回線最大速度(下り)
440Mbps
利用回線:モバイル回線
接続方式:*
プロバイダ*
特長月間データ容量7GBまで!ネット閲覧がメインならこれで十分!毎月、プランの変更も可能です!無線機器なので工事不要ですぐにネットに繋がります!auスマホ月額料金が最大1000円割り引き!GMOとくとくBBならルーター(携帯型・据え置き型)も無料なので公式サイトよりも圧倒的にお得!
備考
加入お申込みとくとくBB WiMAX2+(7GBプラン)
とくとくBB WiMAX2+のポイント

・ルーターが届いたその日にネット接続可

・工事一切不要でもちろん立ち合いも不要

・毎月プラン変更が可能なので使用量が少なければすぐ変更できる

・日本全国どこでも使える(人工カバー率99%)

・auのLTE回線が利用可能

・auユーザーやUQ mobileユーザーはさらに割引あり

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは据え置き型のWi-Fiルーターのみとなります。ですので、持ち出しはできません。据え置き専用ということになりますが、最大速度が下りで962MbpsとWiMax2+の2倍ほどあります。

ソフトバンクエアー
月額1年目:1,717円2年目:4,880円3年目:4,880円
2年間の平均月額:3,298円 3年間の平均月額:3,825円
※分割購入・5のつく日特典・SoftBank Airスタート割適用時
※契約期間2年のため、それ以下だと解約手数料9,500円かかります。
利用回線最大速度(下り)
962Mbps
利用回線:モバイル回線
接続方式:*
プロバイダ*
特長自宅にコンセントに差すだけで高速回線使い放題!データ容量制限無し!パソコン、スマホ、タブレットなど複数の機器も接続可能!無線機器なので工事不要ですぐにネットに繋がります!ソフトバンクの携帯・スマートフォンをご利用の方は毎月最大2,000円値引!他人を家に絶対入れたくない一人暮らしの女性に大人気!
備考
加入お申込みソフトバンクエアー
ソフトバンクエアーのポイント

・モバイル回線でも下り最大速度962Mbpsと固定回線並み!

・ソフトバンクの携帯をお使いなら毎月最大2,000円値引!

・2年目から月額料金が一気に上がりますが、1年目が安いので3年で引っ越すなら〇

とくとくBB WiMAX2+とソフトバンクエアーどっちを選ぶか?

とくとくBB WiMAX2+はソフトバンクエアーよりも安くて高速ですが、人気のギガ放題プランを選んだとしても3日で10GBの制限があります。高画質の動画やオンラインゲーム、株取引などを多く利用する方はこの制限に引っかかりやすいので、その場合は使い放題のソフトバンクエアーの方がおすすめです。

逆に動画やゲームなどはたまにしかせず、ネット閲覧がメインの方はWiMaX2+が高速で快適、しかも安いのでおすすめとなります。

ちなみにWiMaXギガ放題プランの速度制限は翌日の夜だけ1Mbps前後(月末までではない)となるので、通常の使い方ならそれほど気にする必要はありません。

Wi-Fiホームルーター設置イメージ

Wi-Fiホームルーターを導入した際のイメージがイマイチできないという方は下の図を参考にして下さい。

電源コンセントにつなぐので持ち運びには適していませんが、電波がモバイルバッテリーよりも強力なので他の部屋からでも電波を受信できます。


Top