UR賃貸団地の鍵紛失防止グッズ

Pocket

玄関の鍵や自動車やバイク、自転車の鍵を紛失してしまうと大変です。

特にUR賃貸団地の場合、管理事務所に合鍵などありませんので絶対に鍵を紛失しないようにしたいものです。

そこで大変便利な落とし物防止グッズをご紹介します。

◆先進的な落とし物防止グッズ「Tile」

TileはスマホとBluetoothで接続し、鍵、財布、パスケース、自転車などTileをつけた物の場所を「音」を鳴らしてお知らせします 。

紛失した場合(一定の距離を離れる)、Bluetooth接続が切断れ、その場所(落とした場所や忘れた場所)を特定できます。

同じシステムのユーザーが落とした近くを通った時にTileの電波を拾ってくれればやはり特定することができます。

スポンサーリンク

◆Tileを使って探す方法

Tileを使って無くしたものを探す方法は3つです。

音で見つける

スマホから操作することで音を鳴らすことができます。近くであればすぐに見つけることができるでしょう。

Tileは45mまで、Tile proなら90mまで探知できます。

逆にTileから操作することでスマホを鳴らすこともできます。

Bluetoothが切断されることで場所を特定する

スマホとTileが45m以上(proは90m)離れるとBluetooth接続が切れて、落とした場所を特定することができます。

専用アプリを常時起動する必要があるため、スマホのバッテリーの減りは早くなります。

※接続が切れてもお知らせする機能はありません。

コミュニティで探す

Tileを持っている人があなたが落としたTile付の鍵のそばを通ると、通知してくれるサービスがあります。

Bluetooth機能をオフにした状態で落としてしまった場合に見つけるチャンスがあるということです。

ただし、レビューではそれほどこの機能には期待しない方がいいとのこと。最後の手段です。

◆感想

先進的なシステムで画期的だと思います。

ただし、スマホを持っていない方や機械にまるっきり弱い方は使えません。

そうでなければ、よく物をなくす方は非常に価値があるでしょう。

電池も交換可能になったことで使い勝手もアップしました(電池寿命は約1年)。

買うなら90mまで探知できるproがおすすめです。

◆ネームホルダー

Tileのような先進的なものではなく、もっとシンプルなものをお求めの場合は、ネームホルダー(ストラップ)に鍵を入れて首からぶら下げてシャツのポケットに入れておくのがいいでしょう。

胸ポケットがあるシャツが必要です。なくても首からぶら下がるので大丈夫なのですが、念のため胸ポケットに入れるようにしておくとさらに安全です。

ネームホルダーは透明なので鍵をそのまま入れてしまうと見えてしまうので、何かに包んで入れておけばいいでしょう。

ネームホルダーでなくてもキーケースに入れてストラップで首からぶら下げてもOKです。

こちらの記事も読まれています
Pocket

こちらの記事も読まれています



ダニ退治に効果的な方法とは

防ダニシート比較レビュー
どんな家にもいると言われるダニ。夏場に増殖したら徹底的に駆除しよう。

カテゴリー