ドアノブの鍵を無くしたら空き巣にやられる可能性大

Pocket

玄関のドアノブの鍵を無くしてしまった場合の対応策をご紹介しています。

鍵紛失なら鍵の救急サポートセンター

◆玄関のドアノブの鍵を無くしてしまったら

玄関のドアノブの鍵を無くしてしまった場合、家が無防備な状態となるといっても過言ではありません。

あなたが家の近くでポケットからハンカチを出す時に鍵を落としてしまい、それを後ろから歩いてきた人間が見ていたとしましょう。

その人間が悪い人間であれば、鍵が落ちたことをあなたに教えずにコッソリとその鍵を拾い、あなたの後ろを尾行して自宅をつきとめます。

そして、タイミングを見計らって拾った鍵を使って入室し、金品を盗みだすのです。

もし、盗んだ者が侵入した時にあなたが在宅だった場合、大変危険な状態となります。

最悪の場合、強盗殺人となることもあります。

また、あなたが若くて綺麗な女性だった場合、性的暴行を受けた上で金品を強奪されることもあり得ます。

では鍵を無くした時の対策をご紹介します。

◆服やカバンの中を探す

まずは内ポケットやカバンの中を徹底的に探しましょう。普段は入れないポケットに無造作に入れてしまって気づかないことも多いからです。

最近は内ポケットが非常の多いカバンがありますので落ち着いて探すことが重要です。

見に着けているもの中に鍵が見当たらなければ、心当たりがある場所を少し探してみましょう。集合住宅であれば自転車置き場や集合ポスト付近などです。

それと、走った記憶があるかどうかです。電車に乗り遅れそうになって階段を駆け上がったとかです。そのような場合に鍵がポケットから落ちる可能性があります。

すぐに鍵屋さんに依頼したくなるところではありますが、依頼した後にキャンセルすることもできますし、キャンセル料も無料なところがほとんどですが、やっぱり悪いので入念に調べてから依頼するようにしたいところです。

◆警察に遺失物届け出をする

それでもなければ落とし物の届け出がないか交番(警察)に聞いてみましょう。なければ遺失物の届け出をしておきます。

もし、その時に届け出がなくても後日届け出があれば連絡してくれます。

この際、鍵の特徴と落とした可能性があるだいたいの場所を伝えることが必要ですが、自分の鍵のメーカーを覚えている人はあまりいないと思うので、実家などに合鍵を預けている場合は連絡して、メールで写真を送ってもらいましょう。

◆鍵開け業者に依頼する

それでも鍵が見つからない場合は最後の手段として鍵屋さんに開けてもらうしかありません。

この際、できるだけ夜の12時までに電話するようにしてください。24時間受付の業者は少ないからです。なるべく早めに依頼した方が早く来てくれます。

連休最終日などは特に混雑するようなので、夜遅くまで待ちたくないなら早めに依頼しましょう。

鍵にもよりますが、玄関の鍵の場合は8000円ぐらいから開錠してもらいます。こちらの鍵屋さん でしたら出張料無料、キャンセル料無料です。

支払いも現金・クレジットカード・コンビニ・銀行振込OKで後払いも可能です。

◆入室したらチェーンをかける

最終的に鍵が見つからない状態で、業者に開錠してもらった場合ですが、誰かがあなたの鍵を拾っていることも考えられます。

拾った鍵を使って開錠されたら大変危険です。玄関のチェーンは必ずつけておきましょう。

◆防犯上は開錠よりも交換がおすすめ

前述のように落とした鍵を悪人に拾われたら大変危険な状態となります。お金はかかりますが、開錠よりも交換した方が安心といえます。特に女性の場合はです。

交換費用をケチることで空き巣に入られ、金品やクレジットカードや多額の被害にあっては元も子もありません。

特にクレジットカードを利用して限度額いっぱいに使われてしまうことも十分考えられます。

ということで開錠よりも交換の方が防犯上おすすめなのです。

なお、交換の場合は管理会社に事前に聞いた方がいいですね。規格とかあるのかもしれませんので。

鍵紛失なら鍵の救急サポートセンター

こちらの記事も読まれています
Pocket




ダニ退治に効果的な方法とは

防ダニシート比較レビュー
どんな家にもいると言われるダニ。夏場に増殖したら徹底的に駆除しよう。

カテゴリー

Top