玄関のチャイムに気づかない時のおすすめ便利グッズ

玄関のチャイムに気づかない時のおすすめ便利グッズ(センサー関係)の商品レビューをご紹介しています。

◆玄関のチャイムに気づかないと宅急便を受け取り損ねる

よくありがちな玄関のチャイムに気づかないで宅急便を受け取り損ねるケース。

人手不足の物流業界なので再配達依頼するのは気が引けます。一発で受け取ってあげたいですね。

そこで私が一人暮らしの時に使っていた便利グッズをご紹介致します。

◆チャイムの音を感知して知らせるモニター

リーベックス「サウンドモニター」

私が住んでいたアパートはドアホンがなかったのでこの手の商品はうってつけでした。

img_11822

このサウンドモニターは簡単に言うと、一定音量以上の声や音を感知すると、離れた場所でチャイムやメロディが鳴り、ブルーLEDがフラッシュして知らせてくれるものです。

img_11842

音量は調整することができます。また、受信機は別売りでACアダプターを利用することもでき、この場合は電池切れを気にする必要がありません(しかし送信機は電池のみ)。

16種類のチャイム、メロディ、サイレン音から選んで使用できます。

こんな時にサウンドモニターはおすすめ

●一人暮らしでお風呂やトイレに入っている時
●一人暮らしでヘッドフォンで音楽やテレビを見てる時
●掃除機をかけている時
●介護に。病室やベッドから声を出すだけで呼べる
●赤ちゃんの泣き声を感知して知らせる
●防犯に。倉庫や人の居ない部屋の監視に

リーベックスサウンドモニターの長所

お知らせ方法は3パターン。光、光+音、音。スイッチを切り替えるだけで夜は光だけって設定することもできる。

電池だけで動くので面倒な配線工事など一切不要

本体を1階、受信部を2階に置いても受信できた(別売りで中継器もあり)。

リーベックスサウンドモニターの短所

振動音や生活音も拾ってしまうことが多いので同居人がいる場合はあまり使えない

3段階の感度設定があるもののあまり機能している感じがしない

総合評価

総合すると一人暮らしで利用するには最適だと思いますが、家族などと同居している場合は生活音も拾ってしまうので厳しいです。

music_norinori_woman一人暮らしでヘッドフォンとかで音楽やテレビを見ている時に来客を知らせてほしい時は非常に便利です。

とにかくモニターを置く場所が普段は静かなでないとダメです。

電池は三か月に一回程度取り換えればいいでしょう。エネループも使えます。

価格的にもかなり手頃なので、条件さえ合えばいい買いものになります。

リーベックスサウンドモニターX870

◆赤外線で人を感知して知らせるモニター

先ほどは玄関チャイムのような音を感知して知らせてくれるモニターをご紹介しましたが、音ではなく赤外線を使って知らせてくれるタイプのセンターもあり、私はこちらも使っています。

リーベックス「ワイヤレス チャイム Xシリーズ」

同じリーベックス社の「ワイヤレス チャイム Xシリーズ」という製品です。

こちらは来客用というよりは泥棒対策として庭に設置しておりますが、誤作動もほとんどなく24時間休まず監視してくれる非常に頼りになるセキュリティグッズです。

庭や万年塀と建物の間の狭い空間に設置しています。

初めはガラスでできた踏むと音がでる石を置くつもりでしたが、狭い庭といっても一面に敷き詰めると数万円の費用になってしまいますが、これならば赤外線センサーで比較的広範囲に感知するので非常に低コストで済みます。

センサーに連動させて別売りのライトを光らせることもできますので留守でも泥棒に対する威嚇効果はあります。

マンションとかアパート団地のような集合住宅からベランダに仕掛けるといいですよ。高層階であろうとロープを使ってベランダから侵入してきますので。

リーベックス ワイヤレス チャイム Xシリーズ

◆複数設置しても受信機は一つでOK

リーベックス社のセンサーは受信機を一つで済ますことができます。送信側で16種類の音で分けることができるので受信機は一つでもいいのです。

音で区分けすることでどこに侵入者がきたかを自分で把握することができるということです。

実際の話、受信機まで送信機と同じ数があったら電池交換面倒ですし、お金の無駄って気もします。

ちなみに受信機はこんな感じで光って音も出します(光のみ|音のみ|光+音)。音量も調整可能です。

これだけ派手に光ればよっぽどの事がない限り気づかないということはありません。

ちなみに私は受信機は一つしか持っていません。受信機と送信機は別売もセット売りも両方してますので買いやすいですよ。

リーベックスの防犯グッズいくつも設置すればセコムとかマジでいらないかも!?

リーベックス(Revex)総合製品一覧

こちらの記事も読まれています

カテゴリー

Top