UR賃貸団地に引っ越したら電力会社乗り換えで電気代節約

UR賃貸団地に引っ越ししたら電力会社を変えて電気代を大幅に節約するチャンスです。

そもそも団地やマンション、アパートなどの集合住宅では電力会社を変えることができるのか、また、手続き方法(申し込み)についても詳しく説明致します。

◆引っ越しを機に安い電力会社に乗り換え

引っ越しは色々と手続きあるので非常に大変ですが、電力会社を変更して電気代を節約するチャンスでもあります。

一戸建てだとうとマンションだろうと団地だろうといつでも電力会社を乗り換えできることをご存知でしょうか?

2016年4月1日からすでに電力自由化が実施されているのです。

団地やマンションでも各戸自由に電力会社を選べのを知っている方はまだ少ないようですが、実は一戸建てと同じで自由に契約できるんです。

集合住宅にお住まいの方はインターネット回線と一緒に考えているようです。

インターネット回線は最低加入数のようなものが必要で、それに満たない場合は契約できないか待たないといけません。しかし、電力会社の場合は話は別。

他の住人が全世帯東京電力でも、自分だけ楽天でんきとかと契約することができるんです。

◆電力会社によって電気代は違う

例えば東京電力の場合、明細書を見るとわかるのですが基本料というのがかかるんです。で、例えば楽天でんきとかだとこの基本料がないんです。使った分だけ請求される仕組みなので安い。

楽天でんきの場合は、4人世帯だと初年度22,617円、2人世帯だと8,354円もお得になります。

夏冬はエアコン付けっぱなしというご家庭だともっとお得になるわけです。

特に近年は温暖化の影響で夏が大変暑く、一日中あるいは一晩中、されには夏中エアコンを稼働するご家庭もあるはず。

電気代もケチると熱中症になって命の危険もあるので、夏場は電気代をケチってはいけません。

電気を喰う家電はエアコンだけではありません。電気ポットや温水便座、そしてパソコンも電気をかなり喰います。

電力自由化になったので、少しでも安い電力会社を選ぶべきです。

◆電力会社のシミュレーションで電気代を比較する

今使っているところの電力会社の請求明細を用意して、それを元に新しい電力会社のシミュレーションで電気料金を計算します。

例えば楽天でんきの場合は、明細を見ながら以下の項目を入力するだけで電気代を簡単に比較することができます。

・電力会社

・プラン(従量電灯BかC)

・契約容量

・使用月

・電気使用量

楽天でんきの場合は個人情報の入力不要でシミュレーションできるので便利です。

◆電力会社の電気料金プランを一括比較

なお、お得な電気料金プランを一括比較すればさらに好条件が引き出せます。

比較から申込までWEBで完結。申込時に再入力の手間がないので1分で申込できます。

一番安い電力会社に乗り換えればいいだけです。

◆電力会社の乗り換えのタイミング

電力会社の乗り換えは超簡単です。解約時に引き留めとかもありません。

結論から言えばいつでも乗り換えできるのですが、引っ越し前と引っ越し後に分けてご説明します。

引っ越し前

引っ越し前の場合は、たいていは引っ越し当日までは電気を通すとは思いますので、その日を解約日ということで契約されている電力会社に連絡します。

で、引っ越し当日に新しい電力会社と契約すると形で事前(ウェブ可)に申し込みすればいいわけですね。

引っ越し後

引っ越し後に電力会社を変更する場合は、前の電力会社を解約する必要はありません(電話も必要なし)。新しく契約したい電力会社と契約(WEBで申し込み可)することで前の電力会社は自動的に解約となります。

同じ送配電線網を使うので工事の立ち合いとかも必要ありません。

電気代は日割りで計算されるので特に日付については深く考える必要もありません。

電話する必要もありませんのでインターネットで申し込めばOKです。

インターネット回線やスマホもそうですが、黙っていればダラダラと高い料金を支払わされます。いつの間にか安いサービスが出る時代ですので、そういったサービスに遅れずに乗るという姿勢が大切です。

電力会社の選び方はこちらに詳しくまとめておきましたのでご覧ください。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー

Top