無職で貯金なしでも賃貸住宅を借りられるのか?

無職で貯金なしでも賃貸住宅を借りられるのでしょうか?実はある制度を利用することで無職や低収入者でも部屋を借りることができるのです。

◆無職で貯金なしでも賃貸住宅を借りられるのか?

通常の民間(特に大手)のマンションやアパートなどの集合住宅の場合は無職だと審査に落ちるのが普通です。

言うまでもなく、家賃の滞納が予想されるからです。そういった意味では安定度の高い公務員は審査に通過する可能性が高いです。

しかし、無職でも大家さんと知人であればなんとかなったりもするのですが、誰しもがそのような環境にあるわけではありません。

無職や定収入の方でも事情があって一人暮らししたいが、以下のような悩みがあるので躊躇している方も多いハズ。

・健康上の理由で無職なので収入証明なんか出せない

・無職ではないが月3万円ほどのパートしかしてないので年収36万円しかない

・嘘をついてバレるのが嫌だ

そこで、おすすめなのがUR賃貸団地です。詳しく見ていきましょう。

◆UR賃貸団地ならお金があれば借りられる

誤解を恐れずに言えば、無職で貯金なしならUR賃貸団地の貯蓄基準を満たせば入居も不可能ではありません。

貯蓄なしなのに貯蓄基準を満たせばってどういうこと?って思った方もいると思うので詳しく説明します。

つまり、家賃の100倍のお金を親から一時的に借りて自分の通帳に記帳し、その金融機関から残高証明書(みずほ銀行の場合800円前後)を発行してもらいそれで申し込みができるのです。

100倍の家賃です。月額5万円としても500万円必要です。なかなか500万円を一時的に貸してもらうのは難しい人もいるかもしれません。

ただし、審査に通過してしまえば、そっくり返してしまえばいいのです。

もちろん、審査に通過しても月々の家賃は自分で払っていく必要はありますよ(^^)/。

もし、100倍の家賃はどうしても都合がつかないという場合は、もう一つの基準である一年分の家賃の前払いという方法もあります。具体的に言うと次の通りです。

(家賃+共益費)×12ヶ月+敷金

これならば貯蓄基準よりも緩いです。この資金を貯めるまで我慢するか、親から借りられるのであればそれから申し込む方が現実的です。

なお、これらの事は下記のリンク先で詳しく説明しておきましたのでご覧ください。

◆UR賃貸団地は駅から遠くて古いと安い

UR賃貸団地は古くて駅から遠ければ5万円ぐらいの家賃の物件が結構あります。私も5万円台の家賃の物件に住んでいました。ただし、5階建てでもエレベーターなしです。

私は幸運にも2階に住むことができましたが、なかなか空室が出ません。私がなぜ2階の物件を見つけることができたのかは下記をご覧ください。

家賃が安いほど、準備するお金も少なくて済みます。

◆UR賃貸団地は礼金、保証人、収入証明書なども不要

UR賃貸の貯蓄基準で審査を通過する際には金融機関から残高証明書を発行してもらうだけでOKです。証明書はこれだけ(住民票は別途必要)。

賃貸契約する際は色々と収入証明書や源泉徴収書みたいなものが必要になったりしますが、UR賃貸団地の場合は上記の制度を利用すればたいした証明書は必要ないのでホントに便利です。

また、礼金や保証人も不要なのも特筆ものです。ご存知でしょうが礼金は返ってはきません。取られっぱなしです。不動産業界の昔からの悪しき慣習がそのまま残っているのですが、今だに新築物件や高級物件では礼金が必要です。

また、保証人が不要というのも絶賛ものです。保証人はなかなか頼めるものではありません。印鑑をつけばいいというわけではないのです。

もし、家賃に滞納があれば保証人が支払わなくてはなりません。

この保証は連帯保証です。つまり、本来賃借人が家賃を滞納した場合、貸主は直接保証人に支払いを請求できてしまう強力な債権回収制度なのです。

この際、「賃借人にまず言ってくれ」という事は言えません。これは「検索の抗弁」というものなのですが、これができないのです。つまり債権者から請求されたら滞納した家賃を支払うハメになってしまうわけです。

話はそれましたが、無職や定収入者にとってUR賃貸団地はかなりハードルが低いです。綺麗に使えていれば敷金もかなり戻ってきますので(何十年も住んでなければですが)、かなりオススメです。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー

Top