カテゴリー:賃貸住宅選びのポイント

【部屋探し】DQNが多い賃貸かどうか見極める方法

安い賃貸物件は、どうしても住人の質が悪いのは確かです。語弊がありますが、私や私以外の人の経験でもそのようなことが言えます。 では、環境などでこのようなエリアかを見極める方法をお伝えします。 駐車場 シャコタンの車のような改造車とか、古…

詳細を見る

古いUR賃貸物件はブラック物件の可能性高し!

UR賃貸でも、築年数が古いものから新しいものまで色々。家賃もピンキリです。 ここで一応注意しておきたいのは、安いUR賃貸です。特に郊外で安い物件だと高齢者がメインの物件があります。実は私がいたところがそうなんですが、こうした高齢者が多い物…

詳細を見る

集合住宅の騒音問題に疲れたら郊外UR賃貸の最上階しかない

集合住宅での騒音問題はもはや付き物といってもいいかもしれません。私も集合住宅を3件ほど経験しましたが、全て騒音問題に悩みました。 特に最初に住んでところはひどく、隣人は夜でもステレオ全開でしたので前後左右の住人が迷惑していたはずです。…

詳細を見る

UR賃貸団地内での騒音対策について考えてみた

最近、UR賃貸がイケアなどとのコラボでリフォームし、入居者数を増やす戦略に出ています。外観は古くても中身が結構綺麗です。 私がいたところはイケアではありませんがリフォームされており、とても昭和40年代に建てられた団地の内装とは思えないもの…

詳細を見る

一人暮らしのための静かで快適な部屋の探し方

ガイド 賃貸物件において隣人を選ぶことはできませんが、部屋を選ぶことはできます。そこで一人暮らしの方を対象に少しでも静かに暮らせる部屋を私の経験上からご紹介いたします。 …

詳細を見る

UR賃貸ではエレベーターなし物件は若くても3階までが限度

古いURは5階建でもエレベーターなし 私はUR賃貸のエレベーターなし物件の5階建ての2階に住んでいました。しかし、実際階段を上がってみると若い人でも3階が限度かな、といった印象をもちます。 4階と5階は空室が非常に多いのもうなづけます。…

詳細を見る

古いUR賃貸団地の最上階の暑さ対策は?

古いUR賃貸団地の最上階の暑さ対策についてご紹介致します。本当は断熱材を壁に入れるのが暑さ対策には一番良いのですが、古い建物には入っていないことが多いため、断熱材以外の方法を解説します。 古いUR賃貸団地の最上階の暑さ対策は? 省エ…

詳細を見る

この記事を読んだ方におすすめ