ソフトバンクのギガモンスター20G使いきれないので格安SIMに乗り換えた

◆ソフトバンクのギガモンスター使いきれない

ソフトバンクのギガモンスター。20GBもあるけど家では基本的にwifiで間に合っているせいか全然減らない(外でも動画やゲームはあまりやらない)。

外で時間つぶしにやるゲームはポケモンGOとツムツムぐらい。あまりにも余るのでwifiオフで使うことも。

私にとってこんな20GBもの大容量なんて不要だったんですが、ソフトバンクでiPhone8買った時にこのプランしか選択できなかったし、その後少ない容量のプランに変更しようにもできない!!!

2年縛りとかナントカ割とか大手キャリアの複雑怪奇なシステムにはもうウンザリ。年齢もそれなりになってきたしね。

格安SIMの存在は知っていたけどマニア向けそうで敬遠してましたが、毎月機種代込みでも1万円近く払うのにいい加減頭にきたので乗り換えを決意した。

◆格安SIMへの乗り換えは超簡単だった

で、頭にきた勢いで格安SIM乗り換えに挑戦してみた。

まずは、機種代金が残っていたので翌月に一括払いする旨、電話で速攻で依頼。

そしてSIMロック解除。解除してなくもソフトバンク回線使っている格安SIM業者ならそのまま使えるんですが、格安SIMに乗り換えてもまた他社に乗り換えることもあるかと思って解除した(オススメ)。ネットでできます。こちらは無料(ただしSIMロック解除には一定の条件あり)。

ちなみにSIMロック解除って何?って方に簡単に説明すると、大手キャリアで買った携帯には他のキャリア(ここではドコモやau)で使えないようにするめにロックをかけている。それがSIMロック。

このロックが問題になって2015年にSIMロック解除を原則義務化されたわけ。SIMロック解除された携帯を「SIMフリー」って言います。

SIMフリーにしておくと、格安SIMを選ぶ際の選択肢が広がるし(ドコモやau、ソフトバンクなどの回線を使えるから)、携帯を売る時にも査定が上がるんですよ。メリットばっかりでデメリットはないんです。

重要なのは契約中にSIMロック解除しておくこと。MNP(乗り換え)すると前のキャリアの契約は解除することになるのですが、これが一定期間経過してしまうとSIMロック解除できなくなってしまうんです。

そうなると私の場合はソフトバンクの回線を使っている格安SIM業者しか選べなくなるわけですね。

次にMNP発行手続き。これは今まで使っていた電話番号を次の通信業者でも使う手続きのこと。これもネットで簡単に申請できる。手数料3000円ぐらい。

問題は2年縛りの途中で解約することになるので違約金が必要ということ。違約金は1万円ぐらいかかったけど、格安SIMにすると月額が2000円前後で済むので元はすぐに取れるので全く気にする必要なし。

ちなみに前は通話基本料1700円とギガモンスター6000円と、ウェブ使用料300円で合計8000円かかっていた。これに機種代金の分割払いとナントカ割りとかで月々の支払が1万円前後だった。

後は格安SIM買ってMNP切り替えすれば完了。

付属の説明書を落ち着いてやれば全然難しくないです。これだけであの面倒くさい料金体系から解放されると思うとホント嬉しい。

格安SIMはb-mobileにしました。詳しい手続きについてはこちらをご覧ください。

◆データ容量余るのなら乗り換えしてスマホ代劇的に節約

今お使いのスマホ代が月額10000円近くお支払いであれば、簡単な手続きで半分以下にすることも可能。

外で動画やゲームをガンガンやらない人であれば1000円台にもできます。私は月額1680円になりました。

格安SIMに乗り換えることで月6000円以上は節約になりました。年間だと72000円にもなります。

7年近くソフトバンク利用してたので、もっと早く乗り換えれば良かったと後悔。初めから格安SIM使っていれば250ccバイクぐらい買えたかも。

◆大手キャリアのキャンペーンに騙されないこと

スマホの契約になると、機種代金実質無料とか、ナントカ割りとかで消費者の頭の中をゴチャゴチャにさせて、得してるんだか損してるんだかわからないような料金プランにはウンザリ。

キャンペーンとか割引とか要らないので、シンプルな料金体系の通信会社の方がわかりやすいし、そういった基準で判断すべきだと思います。

格安SIMにすることで2年の長期縛りから解放され、よっぽど短期で乗り換えるのでなければ解約金を取られることもない。速度やサービスに不満ならまたMNPすれば良い。

私のようにたいして使わないにもかかわらず高い通信料をダラダラ払っている方は格安SIMに乗り換えてしまうことも検討されてみてはいかがでしょうか。

消費税もついに10%アップ。消費者も無駄な出費を抑えるよう努力しないといけませんね。

カテゴリー

Top