UR賃貸団地で「フレッツ光」は公式から申し込みしてはいけない!

2021年10月14日

UR賃貸団地の場合、フレッツ光回線対応の団地が多いのですが、フレッツ光公式から申し込みすると特典がないので損します。同じフレッツ光回線を利用するプロバイダ他にありますのでどこから申し込むのが一番お得なのかをわかりやすく解説しています。

【お急ぎの方】お住まいのUR賃貸で一番お得なネット回線はこちら!

UR賃貸団地で「フレッツ光」は公式から申し込みしてはいけない!

UR賃貸団地でインターネットをするためフレッツ光を検討されているのでしょうか?

「URはフレッツ光なら利用できる」という事をどこかでお聞きになったのでしょうか?

UR賃貸団地は確かにフレッツ光回線に対応している団地は多いです。

しかし、「フレッツ光公式」から申し込むのはやめた方がいいですよ。

フレッツ光公式から申し込みしてはいけない理由

とにかくいいことまるで無し!というのがフレッツ光公式です。

フレッツ光公式は得なし!
  1. スマホ割がない(ドコモ携帯の割引なし)
  2. キャッシュバックがない
  3. 契約戸数が少ないと月額料金が一気に高くなる
  4. プロバイダ契約が別途必要
  5. 工事無料キャンペーンなし
  6. WiFiルーター無料レンタルなし

フレッツ光公式は「NTT」と「プロバイダ」の2つの契約が必要です。これからして複雑です。

キャッシュバックキャンペーンがないのも痛いところ。他社では大規模なキャッシュバックキャンペーンを随時実施していて、これによって月額を大きく下げたりすることができます。

良いのはプロバイダの選択肢が少し多いだけです(YahooBB!、OCN、ビッグローブ、@TCOM)。公式から申し込めばなんかいいことあると思いがちですが、何にもないです。

公式から申し込んだ人だけ通信速度を速くするなんてこともできません。フレッツ光回線は他の業者も使うのですが同じ品質です。

それと、公式サイトではフレッツ光マンションタイプ(VDSL)の月額料金が2400円と一見激安に見えますが、別途プロバイダ料金や工事費がかかる上、スマホ割やキャシュバック、WiFiルーター無料レンタルサービスなどが一切ありません。

公式サイトから
申し込んで損した!

しかも、同一住宅での契約見込み数が少ない場合は月額料金が跳ね上がります。実際に契約すると「話が違う!」なんてことになりかねません。

そもそもフレッツ光公式サイトのページは非常にわかりにくいです。こういうわかりずらい光回線のサイトはたまにありますが高齢の方や急いでいる方は特に間違えやすくなります。

光回線は公式サイトよりもプロバイダなどの代理店から申し込む方が特典がドッサリもらえるので、公式サイトからしか申し込めない場合は別として、基本的に代理店から申し込むのが定石とされています。

ドコモ光ならこんなにお得

もし、ドコモの携帯をお使いの場合はフレッツ光公式よりドコモ光というサービスを「GMOとくとくBB」という代理店から申し込むと特典がドッサリもらえるのでお得ですよ。

ドコモ光はフレッツ光の回線使用料とプロバイダ料を1本化したもので、ドコモの携帯が毎月割引になる唯一の光回線です。

ドコモ光(GMOとくとくBB)ならこんなにお得!
  1. ドコモ携帯代を毎月割引
  2. 最大20,000円キャッシュバックあり(オプション加入なしでも5,500円)
  3. 新規工事料無料
  4. v6プラス対応で動画もサクサク
  5. 下り速度330.05Mbpsをマーク
  6. v6プラス対応高性能WiFiルーター無料レンタル

ドコモ携帯をお使いであればドコモ光が唯一のスマホ割があるのでこれ一択となります。

ドコモ光の詳細につきましては下の記事にて詳しく解説しています。

フレッツ光回線を利用する使うサービスは他にもある!

光回線は回線(線路)とプロバイダ(電車)が必要ですが、フレッツ光回線(線路)を利用するサービスは主要なものでもこれだけあります。

フレッツ光回線を使うサービス
  1. フレッツ光公式
  2. ドコモ光
  3. ソフトバンク光
  4. So-net光プラス
  5. ビッグローブ光
  6. エキサイト光

フレッツ光公式やドコモ光がフレッツ光回線を利用するのは当たり前ですが、それ以外はNTTがプロバイダに卸売りすることで利用できるようになっているのでかなり多いです。

なので、光回線の7割がフレッツ光回線を利用していると言われています。

これだけあって、しかも契約できる代理店が複数あったりしますでの、一番お得な窓口を探すのも大変なわけです。

NTTのフレッツ光回線を利用するサービスはこちらで特集していますのでご覧下さい。